アミノ酸の結晶

天然にアミノ酸が20種類あることは、多くの方はご存知でしょう。
家庭科で習いますね。

いますぐにすべて言えといわれても、15,6種はつらつらと言えますが、
そこから先は、かなりあやしいですね。

ともあれ、この20種類のアミノ酸が遺伝子の情報に従って配列を決められ
隣同士で手をつないで(ペプチド結合)大きな分子となったのがタンパク質。

牛の肉を食べても、そのタンパク質はいったん消化系でアミノ酸にまで
分解され、それらがヒトの各細胞に運ばれてヒトの遺伝情報によって組み直され
ますので、あなたが牛になることはありません。

その20種のアミノ酸を、すべて結晶化させ、偏光顕微鏡で見てみたいと
科学写真チームの高校生たちが言い出しました。

彼らは、これまで、ビタミンCとか味の素とか、おばあちゃんの風邪薬などを
撮ってきた実績があります。

ビタミンCはアスコルビン酸ですし、味の素の主成分はグルタミン酸ソーダだし、
ひょっとしたらきれいな結晶が見られるかも知れない。

というわけで、まったく結晶学の知識もないのに、賛同してしまいました。


昨日試しに、もっとも分子量の小さいグリシンを水に溶き、スライドグラスに
置いて乾かし、今日、偏光顕微鏡で見ました。


おお、虹色が出た出た。


sizeretouchDSC_4754.jpg


sizeretouchDSC_4730.jpg


sizeretouchDSC_4748.jpg


今後、おそらく20種のうちの数種類がきれいな結晶が出るのではないかと
期待しており、その写真を紹介することになるとおもいます。

ただし、専門的な知識は皆無ですので、解説はできません。


このアミノ酸は虹色が出たけど、これはダメだったという程度になると
おもわれます。

難しいことは考えずに鑑賞していただくということで、お許しください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


スポンサーサイト

アオマツムシのメス

今を盛りと、街路樹でリーン、リーンと大きな声で鳴いている
アオマツムシ。

実際には羽根を立ててこすり合わせ、音をたてているだけですので、
鳴いているわけではありませんが、まあ日本人としては鳴く虫として
扱っても問題ないとおもいます。

メスは鳴きません。

オスがメスを呼ぶためのメイティングコールですね。


そもそも、保護色で葉っぱの間にいるときにはほとんど見つけることは
不可能です。

ただ、オスは懸命に鳴いていますので、探しやすいのは事実。

とはいえ、このオスが鳴いているところをカメラに収めようとおもっても、
なかなか困難です。

1人で懐中電灯でみつけ、そこを照らしたままカメラのファインダーを
のぞくのはまず不可能。

しかも、街路樹に生息していますので、人通りが多く、正直恥ずかしい。


ということで、鳴いているところを撮影することはあきらめて、
このきれいな虫をせめて姿だけはとどめようと決めました。

先日、オスをアップしておきました。

今日は、メスです。


これです。


sizeretouchDSC_4720.jpg

オスは背中に茶色い模様がありましたが、メスはほとんど無地です。
長い触角を繕っているところですね。



下の写真では、産卵管がかろうじて見えるとおもいます。


sizeretouchDSC_4709.jpg


いまも、リーリーと大きな声で鳴いているはずです。

海中電灯をもって、ちょっと散歩してみて下さい。

その緑色の美しさに、圧倒されるとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

集合写真

サイエンスフェアに発表者として参加する子どもたちは、
一世一代といえば大げさですが、一生懸命に研究を仕上げ、
発表の指導を受けて準備をすませ、緊張しながら当日を
迎えます。

これは、オーラル発表でもポスター発表でも同じです。
これらについては、また別途お話しする機会が何度もあると
おもいますので今日は割愛しますが、口頭発表をする子らには
特に敬意を表してポートレートを冊子に掲載することにしています。


サイエンスフェアで科学実験の体験コーナーやサイエンスショーに
登場してくれる子らも、ずいぶん早くから準備を進め、
分担を決めたり材料を調えたり、けっこう大変なのです。
この子らのポートレートも載せる予定です。

それをボランティアでやってくれるメンバーが集まってくれたのは
昨日の記事に書いたとおりです。


全員のポートレートを個別に撮ったあと、集合写真も撮りました。

この集合写真がなかなかかわいかったので、ブログに載せてもいいかと
ラインで尋ねたのです。


計算違いでしたね。

「いいですよ。」という返事が全員から来るだろうと予想してました。


ところが女の子たちの返信は、想像もつかないものでした。


「○○(自分の名前)、かみはねてるぅ」

わたしのフォロー
「寝起きには見えないからだいじょうぶ」

次に
「○○(自分の名前)、だいじょうぶじゃない」
別の子が
「わたし、目が死んでる」

わたしのフォロー
「ぜんぜんだいじょうぶ。」

別の子から、写真を送ってもらったお礼らしきスタンプがありました。
「ありがとうございました。」とそえて。

さらに、

「みんな大丈夫!、わかな色々死んでるw」

「おなじく。自分のかおに絶望。」

「いくも大丈夫!」

「じー(スタンプ)」

また別の子が自分のことを
「顔死んでるね」

さらに別の子が
「みんな何を言ってんだ ○○(自分)の顔が一番インパクトを与えてるよ」

それを見た子が冗談に
「え、これ○○の通常運転じゃろ?笑」


そこで、このやりとりの間に、写真をレタッチし、再度ラインに挙げました。
「○○さんの髪、なおしました。
○○さんの目を大きくしました。
○○さんのお口を小さくしました。
他に何か?」

一人から「OK」のスタンプをいただきました。
さらに、「ありがとうございます」が一人。

そのうち、

「私の目を大きくして、顎をシャープにしてくださったら、本当に
うれしいです!」

とか

「私の目もおおきくしてもらいたいですねww」

「同じくです」


で、結局、誰ひとりとしてその集合写真を載せていいという
返事はありませんでした。

やむなく、昨日は、別の写真を載せた次第です。


しかし、よくよく考えたら、絶対に載せないでほしいという強烈な返信は
ありませんでした。

そこで、折衷として、少しモザイクをかけて載せておきたいとおもいます。
本当は小細工しない生の写真を載せたいところですが、、、。

高校生たちの生き生きした表情は、わたしは魅力的だとおもいますが
いかがでしょう。


sizeblogretouchlayerDSC_4689.jpg


昨日と同じような写真になりましたね。
あしからず。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

高校生のお手伝い

来年の1月初旬、ジュニアサイエンスフェアを予定しています。

質の高い小・中学生の科学研究をオーラルとポスターで発表して
もらい、これから頑張ろうとしている小・中学生に頑張っていただこうと
いう企画です。

単なる発表会だけだと、人が集まりません。
広島市内の学校は、科学研究は強制ではありませんから、
まあ、クラスで提出するお子さんは、ゼロから数人とか。

中学生ではもっと少なくなりますが、学校によっては2年生は強制という
ところもわずかにあるようです。


したがって、科学研究は喫緊のことではなく、とくに冬場では、
ほとんど興味をそそりません。

そこで、サイエンスショーや実験・体験コーナーを設けて、
できるだけ沢山の科学好きの少年・少女に集まってもらおうと
計画しています。

そのお手伝いを呼びかけたところ、高校1年生の女子が10名、
昨日集まってくれました。

集合写真も撮ったのですが、ここに載せてもいいかどうか聞き
わすれたので、とりあえず、フィルターをかけてぼかして載せて
おきたいとおもいます。

sizetrimDSC_4695.jpg


去年は、やはり高校1年生の7名が見事にサイエンスショーを
成功させましたので、今年も期待していいとおもいます。

1月6日の午後、広島市青少年センターを予定しています。

いまから、予定を空けておいて下さいね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

観察会終了

広島干潟生物研究会主催の干潟観察会を今年は
5回行いました。

その第5回目を今日無事終了しました。
場所は、白島九軒町の白潮公園です。


台風18号が四国に上陸した影響で、前日の夕方の強い風にはびびりましたが、
今朝は曇り空、開催時刻の昼過ぎには晴れ間も見えました。


下の写真は、チゴガニを観察しているところです。

夏には、あんなに鮮やかなコバルトブルーの胸をひけらかし、その前で
体ごとまっ白なハサミを上下に動かしてメスを招いていたオスたちも、
この時期になると地味な色に戻っていました。

夏に観察会においでになった方は、その違いがよくわかったことでしょう。


sizeretouchIMG_3809.jpg


下の写真は、アシのブッシュに入り、ヤブこぎしているところです。

ここにはアカテガニがわんさかいますので、みんな大興奮。


sizeretouchIMG_3811.jpg


おまけに夜行性のハマガニが3匹も見つかりました。

この巨大さには、みんなびっくりでした。


ヤブ蚊が多少気になりましたが、気候もよく、カニたちの
楽園で過ごした体験は、こどもたちにいい思い出になった
ことでしょう。

また来年もお待ちしています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

インスタント食品のパックの切り口

インスタントの味噌汁を買うと、1回分ごとに味噌と具が
それぞれ小さなパックに入れられています。

味噌のパックの方は、2~3ミリの切り込みが入っていて、どこを
裂いたらいいか手触りでもわかります。

ところが、具のパックの方は、そんな目につくような入っておらず、
ただ、「どこからでも開けられます」と書かれているだけです。

たしかにそちらの辺をつまんで裂くと、きれいに開封できるのです。


手でこすってみてもギザギザがあるわけでもなし、ましてや
切り口など見当たりません。

ルーペで見ると、ごく小さな傷が無数に入っていました。


size600trimretouchIMG_3801.jpg


拡大してみましょう。


sizeretouchDSC_4521.jpg


さらに拡大するとこんな感じ。


sizeretouchDSC_4534.jpg


これって、けっこうすごい技術だとおもいませんか。

薄い膜に、傷が入れてあるわけですが、入れすぎると中に
空気が入り、せっかく乾燥させて入れてある具材が湿ってしまいます。

切れ込みが浅すぎるとうまく指先で切れませんしね。


素直に感動してしまいました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR