ナイスショット 水の塊を撮った

水がカップから飛差す瞬間を撮影しようと、高校生と中学生が
ペアで挑戦しました。

何カットか撮っているうちに、実におもしろい水の塊が撮れました。


台車の上に水を満たしたカップを置き、その台車を手で押して転がし、
急停車させます。
ちゃんと台にはコロを付けています。

シャッターを押してほんの一瞬時間をずらして台を押さないと、
いい瞬間が撮れません。

二人がかりでやるわけですから、なかなかタイミングが合いませんが、
1回1回結果が見えますから、慣れてくるんでしょうねえ。

しばらくすると、

「おおっ、スゲー。」

という声が出ました。

たしかにいいタイミングで撮れています。
立派ですね。


sizeretouchDSC_0009.jpg


これを撮るためには、まず、仕上がりのイメージを描く必要があります。
これは、お手本がありますので、それを見たようです。

その後、そのイメージに近づけるために、まずカメラの撮影条件の設定、
それにストロボをどこに置くか、発光量をどの程度にするか、バックはどう
するのかなどなど、これまでの体験と、発想力、論理的な思考力を
総動員します。


さらには、カップを載せた台車を、どの程度の力で押してどのタイミングで
急停車させるかといった、スポーツ感覚の感性も必要です。


写真チームもだいぶ慣れてきましたので、ずいぶんと要領がよくなりました。

今後、どんなカットが撮れるか、楽しみですね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

ドングリ笛作りボランティア

第2回広島ジュニアサイエンスフェアが、来年1月6日(土)に
開催される予定です。

実験体験コーナーや、模範的な科学研究の発表があります。

もちろん無料です。

せっかくおいでになった方に、いろいろお土産も考えています。

その一つがドングリ笛。

今日、中学生、高校生が7人ほど集まってくれて、ボランティアで
130個も作ってくれました。


sizeretouchIMG_4087.jpg


マテバシイの実の底に穴をあけ、そこから中身を抜いていきます。

千枚通しや、はりがねで作った耳かきのような道具でどんどん掻き出しますが、
力が入りすぎると壁を破ってしまいます。


sizeretouchIMG_4088.jpg


若い人たちですから、段々と要領がよくなり、スピードアップしました。
さすがですね。


最後に記念撮影です。


sizeretouchDSC_5408.jpg

この後、塗装してビニル袋に詰め、当日やって来た子どもらにプレゼントです。


お疲れ様でした。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


センダングサの1種

土手に群生していたセンダングサを1本持ち帰り、種子のかたまりの
部分をまずは双眼実体顕微鏡でみてみました。

どういうしくみで服にくっつくのか知りたかったのです。


種子の全体像は昨日の写真のとおりです。


sizeretouchDSC_5370.jpg


これが種子の先端部分です。

微細なトゲが生えているのは想像していたとおりでした。

オナモミのようなかぎ針の形かなあと思っていたのですが、なんと
釣り針のように、「もどし」がついていました。

それも、びっしりついています。



その先端部分をさらに拡大してみましょう。
これは、顕微鏡にカメラを取り付けて撮りました。


sizeretouchNew-Out99999_99998_20171021084805ecc.jpg



この鋭さにはびっくりですねえ。

くっついてやるぞという執念さえ感じます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

センダングサの1種

広島は、三角州の上に形成された街です。

したがっていたるところに土手や河原があります。

残念ながら、そこを駆け巡る子どもの姿は見られませんねえ。

昔の子どもらは、カニや虫や雑草に慣れ親しんでいたのですが。

遊び疲れてふと足元を見ると、おびただしい数のひっつき虫がズボンの
すそについています。

これを一つ一つ外さないと家に入れてもらえませんでしたね。

今頃の子は、そんな経験もないのでしょうね。


昨日、土手を歩いていると、センダングサの一種がタネを
たくさんつけていました。

かつてズボンにつきまくったにっくきやつですが、よく見るとけっこう美しい
形です。

sizeretouchDSC_5349.jpg


どういうしくみでズボンにくっついたか調べようと、持ち帰りました。



オンライン投票にしたら?

衆院選が終盤に入りました。

やれ踏み絵だ、裏切りだとか、信念を曲げるだの再結集するだとか、
選挙妨害だ、いや権利だなどと、わけのわからない状況が整理されないまま
投票に突入のようですね。


さて、投票率のことが選挙のたびに話題になります。

もうぼつぼつオンライン投票に踏み出してもいいのではないでしょうか。


投票率は確実に上がりますし、経費も大幅な節減になります。
若い人の投票が進むことによって政治に対する関心も上がります。
これが大きいですね。


年配の方にとっては敷居が高いとおもいますが、最初の数回は
紙の投票との二本立てが必要でしょう。

場合によっては、投票所にボタンを用意しておけばいいでしょう。
高齢者もだんだんと慣れてくるはず。


おそらく、個人の特定をどうするかということと、セキュリティの問題、
そして最も難題は、ハッカーによる改ざんでしょう。

これらのことで踏み込めないのだとおもいます。


しかし、情報化が進んだいまの日本の状況では、これはクリアできるはず。

現に、ブラジルやエストニアではすでにオンライン投票は行われています。
イタリアでも大丈夫だっといいます。

アメリカでは、投票、郵便、電子機器とまだ1本化できていないようです。



選挙も、時代に応じてスマートなシステムにしてほしいとおもいますね。

日本がこれを率先して行うことで、日本の技術を世界に示してほしいですね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

科学研究で広島市教育長賞が3点も

夏休みの科学研究、いろいろ思い出がある方もいらっしゃることでしょう。


校内推薦を経た作品は、市に集められ、「広島市科学賞」の審査に
かけられます。

小学校の場合、各学年でもっとも優秀な作品が「教育長賞」で、
その次が「優秀賞」、「優良賞」、「佳良賞」と続きます。

教育長賞は、各学年で1点だけです。


今年の5年生の部では、Sさんがこの「教育長賞」に内定しました。
今日、うれしそうに担任の先生からのメモそのものを、わざわざ
持ってきて見せてくれました。

研究の内容はナメクジの研究で、これについてはまた後日、記事にしたいと
おもいます。

おめでとうございます。


そうこうするうちに、つい先ほど、偶然同じ小学校に所属する6年生のI君の
お母さんからメールが入っており、やはり「教育長賞」に内定したとのこと。

おめでとうございます。


I君は、昨年5年生の時、6年生のおねえちゃんと共同で行った水中の
微生物の研究で「教育長賞」をもらっていますので、2年連続ということに
なります。

今年の研究内容は、やはり水中の微生物が対象で、特にセン毛虫の行動に
絞ってまとめました。これについても、またいずれ記事にしましょう。


そういえば、このI君のお姉ちゃんは、今年中学校に入り、微生物からちょっと
大きいミジンコたちに興味が移り、その繁殖などを追究し、やはり「教育長賞」が
内定しています。
この知らせはもう2週間くらい前に聞き、なんと、表彰式の時に口頭発表を
するように依頼されたとのこと。

研究内容は、ミジンコを個別に飼育して生活史を明らかにしようとした研究です。

つまり、このI君の姉弟は、2年連続教育長賞受賞です。


お姉ちゃんが取り組んだミジンコの世界は、こんな感じです。

タマミジンコの親子ですが、びっくりするほどの繁殖力を実際に数字で
示したのです。


sizeretouchDSC_2257_201710182204469cc.jpg


おめでとうございました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR