トリウミアカイソモドキが脱皮した

昨日、トリウミアカイソモドキの写真を撮り、ブログにアップして
おきました。

その個体は生かしたまま飼育しています。

今日昼前にその飼育ケースを見てみると、いっけん2匹になったように
見えましたが、そこはそれ、少しばかりいろいろなカニを飼育した経験が
ありますからだまされません。

「あれっ、脱皮している。」

と気付きました。


sizeretouchDSC_2916.jpg


上の方が脱皮殻です。


外骨格をもつ生きものたちは、成長の過程で殻を脱がないと大きく
なれません。


その理屈から考えると脱皮後は脱ぎ捨てた殻よりも本体は大きくなっている
はずですが、この写真のように本体と殻の大きさはほぼ同じくらいです。

これは、脱皮殻がすこし緩んで大きくみえるからで、やはりそれなりに
本体の方は大きくなっています。


sizelettertrimretouchDSC_2946.jpg


この脱皮で気付いたことがいくつかありました。

1 脱皮の前後で背甲の模様はほとんど変わりませんでした。
  昨日の写真と比較してみてください。

2 欠損していた右側の第1歩脚が見事に回復していた。
  とはいえ、左脚と比べるとやや細めです。

3 背甲の右下にあった傷は、やや浅くなったとはいえ、完治は
 していなかった。

4 腹面の左側にあった傷も、完治せず。

5 なぜか右側の第4歩脚が欠損していた。これは、脱皮した後での
  事故か、自切によるとおもわれます。


ともあれ、脱皮といえばカニにとっては大仕事。

お疲れさまでしたとねぎらいたいとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

広島県初記録?トリウミアカイソモドキ

今週の火曜日、つまり6月20日です。

広島市を流れる河川のうち、本川とよばれる河川の河口域に
出かけました。

以前、オサガニをここで見たことがあるので、生態写真を撮影したいと
おもったからです。

あいにくオサガニはみつけることができませんでした。


その代わり、トリウミアカイソモドキが1個体だけ見つかりました。

これ、仙台市から南九州にかけて生息しているはずですが、
たぶん広島県では初記録?。


わたしは山口県境の小瀬川の河口で何回か見たことがありますが、
微妙に山口県側です。

あれこれ文献に当たってみるのですが、トリウミアカイソモドキが広島県に
生息するという文献にまだ出会えていませんので、初記録?としておきます。


専門家やマニアの方に尋ねても明確な生息情報は得られませんでした。


ちょっと古いとはいえ、もっとも信頼性のあるとおもわれる稲葉明彦先生の
「瀬戸内海の生物相 Ⅱ」にも、見当たりません。

まあそれもそのはずで、種の記載が1974年で、生物相が出たのが1988年ですから
まだ認知されていなかったのしょう。


レッドデータブックをひもといてみると、

絶滅危惧Ⅰ類に指定しているのが宮崎県です。

絶滅危惧Ⅱ類に指定しているのが岡山県、兵庫県、大阪府です。

さらに福岡県と長崎県は情報不足として、また徳島県は準絶滅危惧と
して挙げています。

広島県では何の指定もありませんが、周辺の府県では、かなり保護の
重要度の高いレベルにランキングされていることがわかります。

日本ベントス(底生生物)学会では、準絶滅危惧に指定されています。


とりいそぎ、写真だけを載せておきたいとおもいます。
撮影のデータは、2017年6月20日、場所は広島市の本川河口の
感潮域です。

甲幅のサイズは 6.1mm です。


sizeretouchDSC_2878.jpg


sizeretouchDSC_2864.jpg


sizeretouchDSC_2867.jpg


アナジャコの巣の中で共生している種とのことで、そういえばアナジャコの
巣穴がいたるところにありました。

アナジャコは市内の感潮域下部にたくさんいますので、じっくり探せば
今後見つかることとおもいます。

ただ、個体数はなんとなく少ないような気がします。
あくまでもわたしの経験上のニュアンスですので、間違っている
かもしれません。

まだ元気に生きていますので、飼育してみたいとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ホウネンエビとカブトエビの放映

各地の田んぼでカブトガニやホウネンエビが出てきている
はずです。

そのタイミングに合わせて、前撮りした動画が今日放映され
たようです。

広島ホームテレビのJステーションの中の「地球派宣言」。

わたしはまだ見ていませんが。



田んぼの持ち主の方も意外にご存じないようで、オタマジャクシや
エビと間違えていらっしゃるようです。

こうして、テレビの力を借りて、地元の方が地元の自然や生きものに
気付いていただき、興味をもってくださり、愛着をもって守り育てて
下さることに貢献できるはずですから、ささやかながら協力して
います。

今日放映された3分半ほどの映像にも、わたしのこれまでの
ブログで紹介した写真も使われたようです。


いやだ、いやだというのに、わたしも映っていたようです。


放映


渡辺アナウンサーとのからみの場面です。
このショットは、事前の打ち合わせのやりとりの動画から採らせて
いただきました。

厳密には著作権にひっかかるとおもいますが、まあ、わたしも
何点か写真や動画を提供しましたので、許してもらえるとおもいます。


ある保護者から、

「娘と一緒に見ました。娘が笑っていました。」

そうでしょうね。
いつもと違う雰囲気を感じたのでしょうかねえ。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ホウネンエビの幼生の動画

昨日、ホウネンエビの幼生の動画を撮り、編集したのですが、
なぜか保存作業が途中で止まってしまい、当然のことながら
ブログにアップできませんでした。

今朝、再挑戦。
動画を変え、音も変え、あれこれ試した結果、やはり同様でした。

そこで、結局パソコンを変えてもう一度最初からやり直しました。

なんとか保存でき、悪戦苦闘のすえ、ようやくお見せ出来るまでに
なりました。


この1分のために、いったい何時間費やしたことか。



[広告] VPS




いまもわたしのシャーレの中で、すくすくと育っています。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ホウネンエビのふ化

今年生まれたホウネンエビを飼育していたところ、けっこう大きくなって
たくさんの卵を産みました。

これが10日ほど前の話。

この容器に水を張ったまま置いていたところ、なんとふ化し始めました。
いま幼生がそれこそウジャウジャと泳ぎ回っています。

動画をアップしようとしていますが、保存が途中で止まってしまい、
今日は無理のようです。

何度も挑戦していますが難しく、あす、再度挑戦してみます。

あしからず。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR