カウンターテーブルの製作ガイド

昨日作ったカウンターテーブルの見取り図、材料一覧などを載せて
おきたいとおもいます。

パイプとジョイントは、いずれも矢崎化工株式会社のイレクターという製品です。
パイプの径のサイズは28mmです。


まずは、完成品の見取り図から。


size白板前のカウンターパイプ骨組み


続いて、パイプの切断計画図です。
もっとも無駄が出ないように考えています。


size白板前のテーブル 材料カット計画


最後に、使用したジョイントやその寸法です。
これをはっきりと決めておき、この寸法を考えたうえで、仕上がりの
寸法から切断すべき寸法を割り出します。


size白板前のテーブル ジョイント



これをもとに、それぞれご希望のサイズを決めて設計なさったらと
おもいます。


切断、組み立ては、それこそあっという間に終わります。
あっけないほど。

強度も十分で、実は、脚の最下部にさらにもう一本の横枠を
入れる予定でしたが、それがないままで仮り組したところ、
不要であることがわかりました。


便利のいいものは、はやく作ったほうがいいですね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

ホワイトボード前に置くカウンターの製作

双眼実態顕微鏡の箱が中途半端な大きさで、既製の棚に収まりきらず、
部屋の片隅の床の上に放置という状況が続いていました。

倉庫にしまい込むと使う時に不便だし、出しておいたらおいたで、
子どもたちがつまずいたり、ほこりをかぶったり、扱いに困って
いました。


そこで、ホワイトボードの手前にカウンターテーブルを作り、その下に
隠して置けばいいのではないかと考えました。

ちょうど、写真撮影に便利な四角い箱(ウマといいます)もそこに
隠せるし、また、その日の実験に使う道具や資料をテーブルの上に
置けます。


昨日、設計をしました。

今日、朝9時の開店を待ってホームセンターに行き、材料を調達。
午後は来客のあと、夕方から作りはじめ、先ほどやっと完成しました。


sizeretouchIMG_5401.jpg


木材で作ろうと最初は思ったのですが、便利のいい材料をホームセンターで
みつけ、急きょ予定を変更しました。

2台のカウンターテーブル程度であれば、半日あればできることが
わかりました。


意外にリーズナブルで、何よりも自由に設計できますので、お勧めです。

机や椅子、テーブルなどを時間をかけずに作ろうと考えている方には、
参考になるかもしれませんね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

棚作り

流し台の正面には窓があり、光が差し込んでいました。

明るさを犠牲にしたくなかったので、流し台の前の棚はほんの
小さなものを自作して置いていました。


ところが、最近、洗い物が多いことに気付きました。

特に、中学生たちが科学研究に使うシャーレ、スライドグラス、
ビーカーなど、実験の後は山のように残っています。

そこで、これらを洗って、ザルに入れ、それを置く棚が必要に
なってきたのです。


今日、ホームセンターの閉店ギリギリに滑り込み、あまり考えずに
90cm×90cmのカットベニヤを買ってきました。

1280円でした。

これを三枚おろしにし、足をつけて棚を2つ作り載せてみました。


sizeretouchIMG_5210.jpg


とりあえず、組んでみただけの写真です。

道具も散らかったままで今日は終了。

明日、細かい調整と塗装をして完成です。

これで、少々洗い物が出ても、ここに並べて干せることになりそうです。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


はく検電器の自作

静電気を捕らえる装置を「はく検電器」といいます。

静電気を帯びた塩ビパイプなどを近づけると、アルミはくがすーっと
開いて教えてくれます。

市販のものはお値段がけっこう高いので、自分で作って教材として利用しています。

こどもたちも欲しそうなので、いっしょに作って持ち帰ってもらいました。



sizeretouchIMG_4701.jpg


sizeretouchIMG_4702.jpg



理屈は、こうです。


箔検電器



なぜかしら楽しい教具で、飽きませんね。


ドングリ笛

マテバシイの実を取ってきて、ドングリ笛をつくろうとしています。


自然の中に材料をみつけ、それで遊ぶことを現代人は忘れようと
していますので、せめて一つ二つは次世代に残そうと、、、。


sizeretouchIMG_3849.jpg



sizeretouchIMG_3854.jpg


これを、1月に予定されているサイエンスフェアで、配ろうとおもいます。


ただ問題は、ものすごく大きな音が出ること。

もらった子はうれしくて、直ぐにでも吹こうとするでしょう。

フェアの会場では迷惑になります。

家に帰って吹いても、家族が迷惑しますし、道路に出て吹いても、
車がびっくりして止まったりして、これもまた問題がありますね。


公園や校庭で吹いてくれればいいのですが、わざわざそこに
出かけてまで吹くような子は、いないかもしれませんねえ。

なかなか遊びづらい世の中ですねえ。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR