水槽のふた作り

イモリを仮に入れている水槽には、ガラス板でふたをしています。

ふたをしなかったら、イモリってガラスのかべをよじ登って逃げるのです。

ほぼぴったり覆っていますので、この時期、もう中は蒸れ蒸れです。


早く元の野外に返すか、とりあえず蒸れないように工夫するか迫られてました。


夕方になって、網のふたを作ることに決定。

ホームセンターはたぶん閉まっている時間ですので、材料は端材しか
ありません。

この端材があと1cm長ければ全体を覆う形のものができたのですが、
寸足らずではどうしようもありません。


結局、こんなのになりました。

参考にしていただき、改良していただけたらとおもい、載せておきます。


ふたを置いたところです。


size600retouchIMG_2748.jpg


左に少しスライドしたらピッタリ合います。

sizeretouchIMG_2749.jpg



照明装置も置けます。


size640retouchIMG_2752.jpg


わたしども素人は、見てくれよりも、安く、早く、機能的に作るのが
コンセプト。

これで、イモリたちの熱中症は救えましたし、脱走も防げることに
なりました。

めでたし、めでたし。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

88歳MM氏のライフハック

もうこういった内容の記事を何度か紹介しています。

MM氏、ますますその意欲は旺盛のようです。

昨日、ミジンコの培養ホルダーを塗装しているとき、ピンポーンと
インタフォンが鳴りました。

MM氏でした。

「こんなの作ったよ。」

とのことで、写真をお持ちになりました。



MM氏がシダ植物の権威であることはすでにお伝えしていますが、
その胞子の形を調べて初めて正確な分類、同定ができるとのお話。

それならということで、顕微鏡の画像をそのままパソコンで見ることが
可能な簡便な装置を以前紹介したところ、それを購入なり、それ以降
利用なさっていました。

深度合成写真にする方法もお伝えしたので、シダ類が胞子をつける
梅雨のころが待ち遠しいとのことでした。

ところが、この装置を双眼実体顕微鏡につけると不具合が生じていました。

顕微鏡と違って軸が偏っていますので、深度合成をするためにピントを
ずらした写真を何枚か撮っているうちに、しだいに写る範囲がずれて
くるのです。

MM氏のご自宅を訪問し、実際にためしてみても結局いいことには
ならず、課題を保留にしたまま放置していました。


お答えを出さないままにしていたのに、

「こんなの作ったよ。」と、逆に提案を受けたのです。

わざわざその装置を写した写真をおもちになりました。
これです。



sizeretouchIMG_2525.jpg


これ、手作りです。

つまり、ベローズに直接カメラを取り付けたというわけで、この発想には
たまげました。
これで、双眼実体顕微鏡の拡大率をカバー出来ますし、もちろん垂直に
上下しますから、軸はずれません。


写りも上出来とのことで、ぜひまねをしてみたいと思います。


それにしても、飽くなき探究心と、実行力には参りました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

数取り器の修理

カウンターとか数取り器とかいわれる道具をご存知でしょうか。

長距離バスで休憩地を出発する際に、乗客がちゃんと席に戻っているか
どうかを調べるのに、運転手さんがカチャカチャやる小道具です。

じつは、この数取り器は科学研究には非常によく用いられる小道具で、
三つ四つ置いています。

先日は小学生が双眼実体顕微鏡の下で、ゾウリムシを数えていましたし、
昨日は中学生がひび割れの数をこれを使って数えていました。

わたしも、旅行に親子を引率する際には必ず持っていき、一人一人の顔をこの
数取り器をもった手で差しながらでカチャカチャと点呼していました。

名前を呼んで点呼をするよりも、はるかに早く、正確です。


この数取り器が壊れました。
ボタンを押さえてももどってこなくなり、当然表示窓の数が進みません。

分解してみると、支えの棒が折れていました。

sizetrimretouchIMG_2460.jpg


これなら瞬間接着剤で修繕できそうです。

この手の修理によく使うハイスピードエポです。

不要な紙の上にA液とB液を等量出し、つまようじでかき混ぜて用います。


sizetrimretouchIMG_2461.jpg


固まらせるのに、一晩置きました。


これが修理が完成した数取り器です。


sizetrimretouchIMG_2465.jpg



壊れたらまず調べてみましょう。

多くの場合は修理が可能です。とりわけこのような単純な装置は
その可能性が高く、少しの器具があればこと足ります。

何でもかんでも捨てて新しく買うという風潮は、戒めたいものです。


と、偉そうに書いたのですが、電子機器となると、故障の原因すら
特定出来ず、お手上げです。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

自転車のかご、大正解!

何日か前に自転車の股の間にカゴを取り付けたお話を記事にしました。

買い物が多いとき、カゴが二つあったら便利だろうと考えてのことです。


今日、たまたまA4の書類1000枚を運ぶ仕事がありました。

ホームセンターで売っているA4の束は500枚ですので、それを二つ分です。

これを自転車の前カゴに入れたらどうなるかだいたい予想がつくとおもいます。
そう、あまりの重さにハンドルがふらつき、事故につながりかねないのです。

スクーターでも同様ですね。


歩いて持ち運ぼうともおもったのですが、試しに股の間に作ったカゴに
入れてみました。

「おお、なんということだ! 普段より安定して運転できるではないか。」


かくして、安全に、楽ちんに、運ぶことができました。


sizetrimretouchIMG_1451.jpg


これって、もうちょっと流行ってもいいとおもいましたね。

自転車の部品メーカーの方は、どうぞご検討ください。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

小細工、自転車にカゴを付ける

工作というほどのことではありません。

自転車にカゴがもうひとつ欲しかったので、買ってきたものを
ちょいと取り付けたというだけの、いわば小細工です。

工夫したのは、カゴを取り付ける位置。

ハンドルとサドルの間にしました。

すこしがに股になりますが、ここのデッドスペースを利用します。

したがって、細長いカゴとなります。


まず、カゴと、それを取り付けるためのU字の金具を買ってきました。
さびないようにステンレス製のものにしました。1個400円ほど。

金具とカゴの接触部を保護するため、ゴムを当てます。

左はナットを回すための自前のナットドライバーです。

size400trimretouchIMG_1403.jpg



こんな感じで取り付けました。
内側にナットの部分が少し飛び出しましたので、これは底に何か置く予定です。

size500retouchIMG_1404.jpg



上から見ると、こんな感じ。
中心が少し左にずれていますが、これはU字金具の幅とカゴのすき間が
うまく一致しないので、やむなくカゴを少しずらしました。

size400trimretouchIMG_1408.jpg


これが取り付けを完了したところです。

size500retouchIMG_1409.jpg


これに内張をすれば完成です。

問題は、カゴが鉄製であること。
塗料が剥げたところからさびが出ます。

濡れたら素速く拭き、傷が入ったらこまめに塗装するしかありませんね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR