干潟あそび

有明海キャンプの余韻が続いています。

芦刈の三角川河口の干潟では、干潟あそびができるように
なっています。

ちゃんと泥落としようのプールも完備されており、これがまた
暖かくていい気持ち。

手前の大人たちも、楽しそうですね。

sizeretouchR0011257.jpg

ここは料金も安く、干潟用の足袋も、大きなガタスキーも貸してくれますので
もちろんシャワーもあります。

お勧めです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

有明キャンプ 同行のお父様から

有明海キャンプに同行なさったお父様からメールをいただきました。

了解を得ましたので、そのまま掲載させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日は、キャンプと打ち上げではお世話になりました。

今回は、父(注;ご本人のこと)と、娘、長男での、いつも頼りになる
母(注;ご本人の奥様のこと)未参加の初の旅でした。

案の定、行き届かないところがあって、あとからいろんなものがポロポロ
零れ落ちて失敗の連続でしたが、何とか無事に旅を終えられて安心しました。
他の、おにいちゃんや、おねえちゃんをみて、色々と足りないところが
見られたので、そういう意味でも良かったです。

娘は、中学生のおねえちゃんたちと色々と話をして、心にいろんなお土産を
いただいたようです。

sizeretouchIMG_5933.jpg
(写真は雲仙地獄の木陰で中三のリーダーと会話する姉と弟)


また、二日目の室長任命で、自分は寝れるのに、寝れない子がいたので、
その面倒を眠たい目をこすりながらみたと聞き、その成長振りにびっくりして
おります。

長男は、相変わらず自由人でしたが、最少年参加というのもあって、
お兄ちゃんの中で、自分の立ち位置を模索しているのが面白かったです。
(お姉ちゃんがやっているトランプがやりたくて、トランプか かるた を とーさん が
持ってないかと私に交渉してきて、ホテルのフロントに一緒にトランプを借りに
行ったりと、自分がやりたいことを色々と考えていることも分かりました)

また、もともと、はにかみやで、知らない人にはあまり質問ができない子だったのが、
この一年で、ものすごく質問がしっかりできるようになってびっくりしました。
(ちょっと質問しすぎ感はありましたが)

帰ってきてからも、夜の11時過ぎまで、興奮して母に報告していて、話題がつき無くて
本当に子供たちは旅を楽しんだのだと思いました。

こういう、成長の機会を、目の前で見ることができたのが、非常に良い経験だったと
思います。
また、いずれは、親がついていかないで、自分で何とかさせる旅も、本当に必要だと
痛感した旅でもありました。

また、干潟観察会、次回の旅でも、成長を垣間見られればと思います。
今後ともよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういった旅行は、家族旅行とは異なり、子どもらの行動を少し離れた
位置から見ることができ、その成長ぶりが他の子と比較することでよく見えます。
そういう点でお勧めです。

他の保護者のかたも、ぜひ来年はご参加くださいませ。

有明海キャンプ 留守番保護者から

しつこいようですが、有明海キャンプの反響がいまも続いていますので
ご紹介します。

まず、昨夜はキャンプに同行した成人の一部が集まり、
わいわいと懐かしみました。
みなさん、よく他の子どもたちのことを覚えていらっしゃいました。
しかもいい面をたくさんに。
同行されなかった親御さんに聞かせたい話がいっぱい出ました。

また今日は、同行なさった保護者のお一人がDVDをわざわざ届けて
くださいました。
わたしのカメラが不調だったので、たいへんありがたいプレゼントです。


さらには、同じく同行なさった別の方からは、メールで旅日記と写真を
送っていただいています。
これは広島干潟生物研究会のブログに連載しますので、ご覧ください。


さてさて、今日は小4の男の子を単独で送り出したお母さまから
メールをいただきましたので、それを掲載します。

広島駅で別れるときに不安そうな表情なお母さんでしたが、いまは
一回り大きくたくましくなって帰ってきた息子に、安堵のことでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。
有明海合宿から、ほぼ一週間が経ちました。
この度は、蒼が大変お世話になり、ありがとうございました。
とても楽しかったようで、
見たもの聞いたもの感じたこと、何かにつけ話しをしてくれます。

チラシを見た彼がどうしても有明海に行きたいと粘り、
実際家族と離れて一人で旅に出て、
いろいろなものを見ていろんな人に出逢って、無事、元気に帰ってきたこと、
一連の経験が彼にとってとても貴重な財産になってゆくと思います。

よく見てくださり、ほんとうにありがとうございました。

彼がフレッシュマートえはらの店員さんに聞いて買ってきてくれた
お土産「マガニ漬け」、とっても美味しいです。珍味ですね!
化石のお土産も、友達が喜んでくれるのでとても嬉しいようです。

そうそう、帽子をどこかに忘れてきたようでしたが、
記憶を辿って有明海水産振興センターさんに電話で聞いて見たところ、
ありました!
早速送ってくださり、感謝感謝です。
彼が、お礼のハガキを書いていました^ ^

また次回の干潟観察会に参加する!と彼が言っています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

化石をどっさりリュックにつめ、お土産の菓子や珍味をこれまた
たっぷり買い込み、いつも集合時間ギリギリまで買い物していた
様子を思い出しました。

自分の意思を貫いて出発した以上、家族への気遣いを第一に
考えたのでしょうね。

それでいて、新しい友達も作り、体験も思う存分味わっていました。

左で横たわっているのが、その子です。

sizeCIMG7614.jpg
(撮影 H.T.)

何物にも代えがたい、いい経験をしたとおもいますね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」
ポチッとおねがいします。励みになります。

有明海キャンプ 同行保護者の声

同行なさった女性の保護者(kさん)から、感想をいただきました。

そのまま掲載させていただきます。


この度は、素晴らしいキャンプに連れて行っていただいて、本当に
ありがとうございました。
帰広して2日経ちますが、まだ旅の余韻に浸っています。そのくらい貴重で何物
にも代えがたい経験でした。地球や生き物の歴史を直に観察し、自然の力強さに
触れ、人間の行為が自然に与える影響の大きさを実感し、また甚大な被害から立
ち直る人の強さや深く力強い優しさも肌で感じさせていただきました。
知識として子どもがこれから習うことも、その場で五感を駆使して感じることで、
しっかりと根付いて枝葉を広げて行ってくれるように思います。
また、子どもたちの成長と団結力にも感動しました。自分たちだけで行動し頑張っ
た3日間は、大きな糧になると思います。本当にありがとうございました。

お子さんといっしょに撮ったイルカの写真が添えてありました。

sizeretouch_20150801_151530.jpg

親子のイルカ、いい写真ですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

有明海キャンプ スナップ写真

保護者から転送していただいたスナップ写真を載せておこうと
おもいます。

これは初日の晩、御所浦島の交流センターでの夕食です。

このバーベキューは最高でしたね。

sizehamamotoIMG_1444.jpg

これに、さらにイカや野菜が加わりました。

タレなどまったくつけずにみんなおかわり。

さらには、タイの刺身も特別サービス。

目の前で大きな切り身をバーナーであぶり、すぐさま氷水に入れて
絞めて、その後切って出された刺身は、もうこれは絶品でしたね。


手間暇をかけて炭をおこし、微妙な火加減を維持し、おいしい食材を
そろえて提供する。
朝もわたしたちが起きる前に来て、朝食の準備にとりかかり、
手作りの漬け物を添える。
冷たい麦茶をおねがいしていたところ、氷を砕いてひとつひとつの
水筒にぎゅうぎゅうつめこんでくださっていました。
猛暑の日射しの中で、どれだけおいしかったことか。

こういうおもてなしの心が、いなかの方々には普通に身についている
のかもしれません。
高度な文明のさなかにいる現代人が忘れてしまっている心を
みせていただきました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR