ロープワーク 5

いろいろ事情があって、今日の新年会は午前11:00から。

つまり、真っ昼間からお酒を飲みました。
こんなことは、一年に一回あるかないかです。

招いていただいたご夫妻は、本当に人のいい、明るくさわやかな
お二人です。
ちなみに、新婚さんです。

奥様がお料理の先生ですから、おいしいものがたくさんでました。

その料理の名称は、すっかり忘れてしまいました。すみません。
カメラさえあればなんとかここで紹介できるのですが、不覚にも
持って行くのを忘れ、いま考えたら携帯で撮ってくれば良かったのに
それにも現場では気付かず、後の祭りです。

また再々やりましょうということでしたので、いつか写真と解説入りで
ご紹介したいとおもいます。
今度こそ、カメラと手帳を持って臨みます。


さて、バレンタインが近づいてきています。

「昔はたくさんもらったていた。」
といっても誰も信じてくれないのですが、まあムキになることも
ないですね。

昔から、手作りのチョコを作る方がけっこういらっしゃいます。

それを箱に入れて、その後、やはりリボンをかけたらかわいいですね。

今日は、簡単バージョンをご紹介しましょう。

「十字かけ」と「ななめかけ」です。

ひもで練習し、おしゃれなリボンで仕上げて下さい。


十字かけ

ななめかけ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

ロープワーク 4

今日も寒い日でした。

雪下ろしでの事故が相次ぎ、またスリップ事故も各地で起こっている
ようです。

十分に気をつけていただきたいものです。


一昨日は、窓の下に急に救急車が止まりびっくり。
あのピーポー、ピーポーという音が近づいてきて、最も近づいたところで
ぴたりと音がやむと、ほんとうにどっきりします。

詳細はけっきょくわかりませんでしたが、その後パトカーが来て、
けっこう時間をかけて記録をとっていました。
大したことになっていなければいいのですが。

このところ、世の中も、プライベートでも明るい話がなく、
少し沈んでいます。

明日、新年会に呼んでいただいたのが、せめてもの救いです。


さて、ロープワークの続きです。

今日は、棒などに巻き付ける結びです。

ひと結び、ふた結び

ひと結びは、単独で用いられることはほとんどありませんが、
ものに巻き付けるいろいろな結びの基礎となります。

ふた結びは、ひと結びを2回繰り返したもので、強度がいっきに増します。


下は、巻き結びといいます。
これは、きわめて実用的で、簡単なわりにはしっかり結べます。
一見すぐにゆるんでほどけそうですが、みかけと実際は大違いです。

巻き結び


下は、張り綱結びです。
自在結びともいいます。
というのは、結び目がスライドして、長さの調節ができるからです。

テントを張るときに、普通は調節金具があるのですが、この結びを知っていれば、
金具がなくても、緩めたり締めたりできるのです。

洗濯物をロープに干したことはありませんか。
濡れて重くなった洗濯物を干すと、ロープがゆるみがちになりますが、一方の端に
この結びをしておけば、キュッとたるみ締めて、一直線に張ったロープに気持ちよく
干すことができます。

張り綱結び

こういった先人の知恵を受け継いで、実用できるように身につけたいものです。


今日、小学生が制服のままでやってきました。
おしゃれな制服で、女の子もネクタイをしています。

結びの話をしたら、ちょっと怪訝そうな顔をするのです。

聞けば、そのネクタイは、自分で結ぶのではなく、
結びがあらかじめ作ってあり、その先にゴムの輪があり、
それを首にくくるだけとのこと。

同じような例は、靴にもいえます。
靴のひもを結べない子がたくさんいるのです。
なんのことはない、最近の運動靴はほとんどマジックテープなのです。

簡便さを追求して、器用さを失わせる発明です。
手先がうまく使えない子がどんどん知らない間に増えています。

「手ごたえ」もわからず、「手加減」できない子に育つ可能性を警告しておきたいと
おもいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ロープワーク 3

寒い日が続きます。

今日は広島県では高校入試の「選抜Ⅰ」が行われたはずです。
ただでさえ寒くて大変なのに、風邪に罹っている受験生にとっては
ほんとうに苦行でしたね。お疲れ様でした。

大学では、秋入学が検討されているようですが、もし時期を変えるのなら、
入試の時期もいっしょに変え、真冬の試験をなくしてほしいものです。

ですから、大学だけでなく、高校も中学校も小学校も変えないと。

十分検討してほしいとおもいます。


さてさて、身辺にいろいろなことがあって、ロープワークの記事が
二回だけで途切れ、そのままになっていました。

今日は三回目です。

本結び、蝶結びの次に大事なのは、もやい結びでしょうか。

これは、舟を係留するときにつかう結びで、舟を「もやう」という
ところから名が付いています。

実に簡単に結べ、しかもいったん作った輪っかは、広がったり縮んだり
しません。

ほどくのも比較的容易です。


もやい結び


万一の場合、自分の身体にロープを巻いたままもやい結びをすれば、
そのまま救助してもらえます。


もやい結び2

ぜひ覚えていただきたい結びです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ロープワーク 2

都道府県対抗男子駅伝大会がおこなわれました。

平和大通をスタートし、新己斐橋をわたり、なりゆき左折して宮島街道に
さしかかったあたりで遭遇しました。

なんのことはない、スタートしてまだ間がなく、ほとんど差が出ていませんので、
あっというまにランナーたちの一団は通り過ぎ去ってしまいました。

やはり折り返し点あたりとゴールが見どころでしょうかね。

さて、その後、川に出かけ、コメツキガニを観察しましたが、
この話はまたのちほど。

今日は、昨日の本結びの解き方がわからないという声がありましたので、
動画を入れておきます。

本結びと、その解き方です。

どうぞご覧になって、するりと解いてみて下さい。
ほとんど人は、本結びがこんなに簡単に解けることをしりませんから、
びっくりしますよ。

縦結びでは、こうはいきません。


[広告 ] VPS



優れた結びは、簡単にはほどけない。
しかし解こうとするときには実に簡単に解けるのです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ロープワーク 1

古い話ですが、小学校のころ、わたしはボーイスカウトに入っていました。

ボーイスカウトといっても、近所の子どもたちに聞くと、ほとんど知りません。
カーキ色の制服、独特のハット、ご存じでしょうか。

しょっちゅう会合があり、室内での研修だけでなく、キャンプやハイク、
奉仕活動など、熱心に活動していました。
当時、わたしのすんでいたまちで最初の団であったことから、指導者も保護者も
もちろん団員も張り切っていたのだとおもいます。

今でもいろいろ自分で小細工をしたり、野山を駆け回ったりする習性が
わたしに残っているのは、昆虫採集とこのボーイスカウト活動の影響だとおもいます。

その活動を通して身につけたのがロープワークです。
これは、その後の人生でずいぶんと役に立ちました。

たとえば古新聞や段ボールを資源ゴミで出すとき発揮されます。
あるいは、洗濯物をロープで干す場面では、わたしの張ったロープは
洗濯物をかけてもたるみませんし、付属の金具がなくてもテントをビシッと張れます。

こういった技術は、特に小さいときに身につけると一生忘れません。
日常生活で役に立つという実用面だけでなく、手先を使うことによって
脳が活性化します。

また、結びの理論と経験を会得していれば、不完全な結びで安全性が損なわれたり、
いたずらに固く結びすぎてほどくのに困ったりということもありません。

ですから、すべての子どもたち(大人にもですが)にロープの扱いと、基本的な
結びを身につけて欲しいなあとおもっていますので、数回にわたって、
そのエキスを読者のみなさまにお伝えしようとおもいます。

おおげさにいえば、人類の知恵、文化でもある結びに、家族みんなで親しみ、
活用してほしいとおもうのです。


まずは、ロープの扱いかた。

ロープには、いろいろな材料でできたものがあります。
綿やナイロン、ポリプロピレンのものまであります。
水に強いか弱いか、熱に強いか弱いかなど、用途に応じて、
それぞれの特性をよく知って使い分ける必要があります。

また、適した太さを選ぶのも大事ですね。


では、まず本結びから。

この結びは、基本の基本ですが、多くの方が縦結びになってしまいます。
ただしく本結びができると、手品のようにあっという間にほどくことができます。

結び目を中心にしてどちらか片側に並んだ2本をもって股裂きのように
両方に強く引き、結び目をスライドすれば簡単にほどけるのです。


本結び

本結びが身についたら、こんどは蝶結びです。
これは、靴ひもをしょっちゅう結ぶ機会のあるかたは上手ですね。

ただし、これも蝶の羽が左右にきれいに開かず、縦になってしまう方が
けっこういます。

蝶結び

蝶結びがうまくできるようになったら、こんどはエプロンのひもを
後で結んでみましょう。

靴ひもがうまく結べても、背中でエプロンのひもが正しく結べない人が
大人でもけっこういます。
その証拠は、レストランに行き、ウエイトレスのお嬢さん方の後ろに回れば
よくわかります。

エプロンのひもを背中で結ぶ練習は、脳の中で三次元の映像をイメージする
最高の訓練になります。


正しい結びは簡単にでき、強く、美しく、解くのも楽です。
正しくないのはその逆ですね。

スケートの演技中に靴ひもがほどけた日本人選手がいたそうですが、
たんに減点されただけならまだしも、怪我や事故につながりかねません。


ちょっと時間をとって、子どもたちに少しずつ教えてやってください。
一生使える大きな財産を授けることになるでしょう。

老人のかたにとっては、ボケの防止に大いに役立つはずです。
わたしもそのためにせっせとひもと戯れています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR