高校生の光のペンジュラム

今日は、高校生たちがやってきて、光の振り子の写真を撮りました。

準備をしながら、一人が話し始めました。


「函館に行ってきました。」

「ええっ。函館山からの夜景見たの?」

「見ました。友だちがみんなスマホで撮ったのですが、全然だめでした。
画素数は僕のもっている一眼レフカメラよりいいらしいんですが、
光がにじんでしまって、作品にはなりません。」


「函館に行くのがわかってたら、当然一眼レフ持って行ったんだよね。」

「それが、乗換や移動が多いので、荷物をなるべく減らそうとおもい、
カメラは置いていきました。」

「ええっーー、それは残念。」


「函館で、つくづくカメラを持って行かなかったことを悔やみました。
友だちには、僕が黄金山から撮った夜景の写真をネットで
見せて一眼レフの効果を示したのですが、持って行かなかったのが
いまでも悔しくて、、、、。」


てな話をしながら、天井からつり下げたミニミニ懐中電灯を
揺らして、その軌跡を撮っていました。


感性の豊かな子ですので、、長時間露光のあと、モニター画面に出る
作品の映像に、いちいち、「オー、すげえー。」と声を挙げていました。

そのうちの1枚をもらいましたので、載せておきます。


sizeretouchDSC_2501.jpg


懐中電灯の電池が消耗してきて、いまいち切れが良くないのですが、
この手の写真をたくさん取っていました。


作品を見たらなんのことはないのですが、それでもこれを撮るためには、
シャッタースピード、絞り、そしてISO感度を考えなければなりません。

画面全域でピントの合った写真にするためには、カメラを水平に置かねば
なりませんから、ミニ水準器が必要です。

フレーム内でうまく光のラインを収めなければなりませんから、揺らし方を
工夫しなければなりません。

また、人と違った作品にするために、露光中にいったんレンズにフタをして
カメラを移動させ、ふたたびフタを取り去って露光させるなど、あれこれ
知恵を絞る必要があります。


真剣に作品の出来を想定しつつ、いろいろなアイデアを駆使して
進めていくのは、頭脳を使ったスポーツといってもいいかもしれませんね。

ただ、雑談をする余裕があるのがいいですね。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

光のペンジュラム

ペンジュラムというのは、振り子のことです。

今日は、科学写真チームの中学生、高校生が挑戦しました。


振り子の先端に100均で買ってきたミニ懐中電灯をつけ、天井からつり下げます。

回転をかけながら振ると、楕円の軌道を描いて振り続けます。

これをまっ暗な部屋で下から写真に撮ります。


もちろんシャッターは開きっぱなしにして、20秒とか30秒とか露光します。

と、こんな写真が撮れます。


sizeretouchDSC_3263.jpg


sizeretouchDSC_3264.jpg


sizeretouchDSC_3265.jpg




長時間露光(カメラの表示では bulb )ができるカメラならなんでも
OK。

どうぞお試しあれ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります

水・光・瞬間の不思議 写真展開催 その2

昨日の続きです。

広島市五日市公民館で、広島干潟生物研究会の「広島デルタの
生きものたち」の写真展が終わるやいなや、引き続いて
「水・光・瞬間の不思議」写真展が開催されています。


昨日、一部の写真をお見せしましたが、今日も少し載せて
おきます。

残りは、まあ現場で見ていただくとありがたいですね。

すべてA4サイズの小さな写真ですが、60点ありますので、
そこそこすべてをじっくりと見ていただくとけっこう時間も
かかります。

どうぞ、ご来場下さい。
廊下に貼りっぱなしですので、もちろん無料です。


これは、水のシリーズです。

中央の青っぽい画像は、広島市水道局の水道便利帳の表紙を
飾りました。


sizeretouchIMG_3242.jpg


広島夢花火大会は、ほとんど技巧を凝らさずに撮ったもの。
逆に隣のHDRやソラリゼーションは、撮った画像をあれこれ
いじっています。


sizeretouchIMG_3246.jpg


これは、昨日も紹介しましたが、偏光フィルターで被写体を挟んで撮ったもの。
光が屈折した場合に限ってその屈折率に従っていろいろな色が出てきます。


sizetrimretouchIMG_3247.jpg


左上は、スライドグラスにセロテープを貼りまくったもの。
画像の上側は生で撮り、下はそれを偏光撮影したものです。

左下は、なんとたまごパック。

右上はコーヒードリッパー、右下は使い捨ての注射器です。


これらは、このブログの記事では写真が小さすぎてほとんど目を引きませんが、
ぜひ現場でご覧いただきたいとおもいます。

ちなみに、すべて入門機一眼レフカメラで撮ったものです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります

水・光・瞬間の不思議 写真展開催 1

6月29日の記事で予告させていただいたように、7月に入って
広島市の五日市公民館で、「水・光・瞬間の写真」展が開催されて
います。
夏休みの子どもたちに見てもらおうと言うことで、8月いっぱい
展示される予定です。


これらの写真は、科学実験教室ラボ・オルカの写真チームのメンバーが撮った
もので、水滴どうしのぶつかり合う瞬間とか、水が水道の蛇口から落ちる瞬間、
あるいは平和大通のイルミネーションを特殊撮影したものとか、夜景を長時間
露光したものなど、あまりこれまでにはない写真展であると自負しています。


これが入り口付近から見たところです。


sizeretouchIMG_3255.jpg



水のコーナーですね。

sizeretouchIMG_3254.jpg


これは、顕微鏡で見た岩石や薬品の結晶を偏光撮影したもの。

偏光顕微鏡があればすぐに撮れますが、そんな高価なモノはないので、
なんとかハンズで140円の偏光シートを買ってきて顕微鏡に装着し、
それを駆使して撮りました。

sizeretouchIMG_3249.jpg



平和大通のイルミネーションも、露光中にズーミングしたりピントを
ずらしたりして、ボケや動きを表現しています。

神戸の夜景も見えますが、「11 夜景」の右下は太田川放水路に架かる庚午橋。
その横のへんな模様は路上で信号待ちをする車の列をカメラをぶらして撮った
もの。

sizeretouchIMG_3245.jpg



いったいどうやって撮ったんだろうといったものがたくさんありますので、
どうぞ、頭の体操におでかけください。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります

科学写真チーム頑張る

科学写真を撮っている中・高校生グループがいます。

CDに水滴を落とし、照明をちょいと工夫して撮影するという
技法で、次のような写真をたくさんモノにしました。

露出が適正であれば、シャッターを押した瞬間にモニター画面に
捉えた画像は、いちいち「オオッ!」とか、「スゲー!」とか声が
漏れます。

互いに感動しあいながら、あっという間に時間が過ぎました。


sizeretouchDSC_2983.jpg


sizeretouchDSC_2984.jpg


sizeretouchDSC_2997.jpg

今年度のサイエンスフェアで、彼らの写真がたくさん展示される
はずです。

どうぞ、お楽しみに。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR