FC2ブログ

グラスから飛び出す水

写真チームが相変わらず水との格闘です。


グラスから飛び出す水をストロボの瞬間光で捉えようとしていますが、
なかなか思うように美しい形にならず、苦労しています。


とりあえず今日の作品の中で、もっとも「サマ」になる絵を選び、せめて
色合いだけでもパソコンの画面上であれこれ変えて見ようと遊びました。



sizeretouchDSC_0081.jpg


sizepurpleretouchDSC_0081.jpg


sizeblueretouchDSC_0081.jpg



1枚目がオリジナルの色合いです。

ワイングラスの水の中に緑色の食用色素を加えたものです。


2枚目、3枚目は1枚目の写真をもとに、色相を変えてみました。


こうして、あえこれ操作すると、予想もしない色合いが作り出せます。


イメージに合った作品をつくることが可能ですが、やっぱりオリジナルが
一番いいのかなあとおもいますね。



 
スポンサーサイト



写真チームの試し撮り

中・高校生が、水にこだわって写真を撮っています。

先日、試し撮りをしました。

まだまだ作品には程遠いのですが、いちおう、狙いはわかりますので、
載せておきたいとおもいます。


sizeretouchDSC_3778.jpg


これは、水を注いだグラスを落下させて撮ります。

いずれ撮り方の詳細はお知らせしますが、なかなかタイミングが難しく、
何枚も撮っても思い通りの作品にはなりません。


気長にいいカットが撮れるのをまつしかありません。


ジュニア県美展で中学生が大賞を受賞

夕方の6時前に、県庁の文化芸術課から電話がありました。


「中学生の生徒さんがジュニア県美展の写真の部に応募されていた
作品が、厳正な審査の結果「大賞」に選ばれました。」

という知らせでした。

いやー、びっくりしました。

いい作品とは思っていましたが、大賞とは。



12月3日までに顔写真と、400字の文書を提出してほしいという依頼も
ありました。

文書は、どんな思いで撮ったかなど、自由とのこと。


すぐにお母さんに連絡し、本人に書いてもらいました。

少し手直しして、ここに掲載しておきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 中学校に入学するときに、両親から一眼レフカメラを買ってもらい本格的に
撮影を始めました。いつもは教室に通って顕微鏡写真や風船が割れる瞬間の
写真などの科学的なおもしろい写真を撮っています。
 受賞の対象となった作品は、水滴が水面に落ちて跳ね返る瞬間を捉えた
ものです。
 黒く塗ったトレーに水を張り、60cmほどの高さからスポイトで水滴を落と
します。ストロボは水滴とバックに向けます。ストロボの発光量を調整して
閃光時間を25,000分の1にしていますので、水滴をぴたりと止めて写すことが
できました。タイミングもピント合わせも難しく、また途中でバックに色セロ
ファンやクシャクシャにしたアルミ箔を置いたり、試行錯誤の連続でした。
 最高の瞬間が撮れた時は、とてもうれしかったです。
 この写真は仲間や先生の助けがなければ撮れませんでした。これからも
いろいろなアイディアを考えて、たくさんの作品を撮れるように頑張りたいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんな作品です。


sizetrimretouchS__34734088.jpg


おめでとうございました。

今後の活躍を期待しています。

 

水面に浮かぶ油滴

ぼつぼつ写真展のことも本気で考えなくてはならなくなりました。

科学写真チームは毎回熱心に展示の準備に頑張っています。

今回は、写真展の当日、スマホで科学写真を撮ってもらおうとあれこれ
工夫するのですが、実はこのスマホはほとんどの方がオートフォーカスで
お撮りですので、ピントをマニュアルにして撮る方法をご存じありません。

オートフォーカスでもなんとかうまく撮れる工夫を考えてはいるのですが
ついついバックの明るい画像に自動でピントが合ってしまうのです。


今回用意した、油滴の撮影セットもスマホでは利用できないことがわかりました。


sizeretouchDSC_1905.jpg


じゃすふぁ当日までに、なんとかスマホで簡単に撮れる面白写真の
撮影セットを彼らは考えてくれるでしょう。


どうぞお楽しみに。



科学写真チームも頑張る

科学写真といえば大げさですが、中・高校生が日常のふとした瞬間を切り取って
表現し続けています。


sizereDSC_6445.jpg



sizereDSC_6496.jpg



sizereDSC_6485.jpg




水を張ったお皿に水滴を落とした瞬間の画像です。

ストロボをかつようして一瞬をとらえています。

おそらく数万分の一の単位。


これ以外にも、さまざまな表情を見せてくれます。

撮っていて時間の経つのを忘れるほどです。


| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR