FC2ブログ

ワイングラスから飛び跳ねる水 その2

2月22日の記事の続きです。


まず、ワイングラスに入れた水に、赤い食用色素をほんの少し加え、ワインの
ように見せかけました。

さらに、バックに忍ばせたストロボの発光部に、赤茶色のフィルターをかぶせました。


sizeretouchDSC_3984_20200225233600f5e.jpg



2月22日の記事とはまったく趣の異なる画像となりました。


いずれの写真も、このままでは作品として使えません。


この左の空白の部分に文字を入れ、たとえば写真展の開催を知らせる
ポスターなどとして使うことになります。


さあ、どんな文字を入れましょうかね。

いまから楽しみです。




 
スポンサーサイト



ワイングラスから飛び跳ねる水

中学生といっしょに撮った写真です。


ワイングラスに水を入れ、ちょっとした細工をしてタイミングよくシャッターを
押すと、こんな不思議な画像を撮ることができます。



sizeretouchDSC_3996_20200223072731ab1.jpg



なかなかおもしろいですね。


いろいろな種類のワイングラスであれこれ試したのですが、このグラスが
最高です。



後日、別の画像をお届けしましょう。



科学写真チームの作品 もう一枚

昨日の続きです。


グラスも、背景も違いますが、手法は同じです

要するに、グラスに水を落とし、跳ね返った瞬間をストロボ光で
写し止めるというやりかた。

どのグラスだとどういうふうに跳ね返るのか、どの程度の強さで水を
落とすとどの高さまで上がるのかなどなど、予想して、実行してまた
やりなおして、、、と続きます。

二度と同じ画像は撮れないので、まさに一期一会。



sizeretouchDSC_0676.jpg



今日の画像は、「ピース!」ですね。



幸せになれるといいのですが、なかなかねえ。



  

科学写真チームの作品

科学写真チームの写真を載せておきたいとおもいます。

水をグラスに勢いよく注ぎ、あふれ出たところを撮った写真です。


なかなか面白い画像がいくつか撮れました。

そのうちの1枚です。



sizeretouchDSC_0838.jpg
 


1人がディレクターで、タイミングを計ったり、グラスの位置を決めたりします。

別の1人が、水を勢いよく注ぐ担当です。

さらに別の1人がシャッターを押します。


「せーの」ではダメでした。

「いち、にーの、さん。」

が一番良かったですね。


撮影の後になればなるほどいい作品が撮れたのは、やはり、タイミングを
次第に学習してきたからに違いありません。


「おーー。」という声がおおくなりました。


楽しいひと時でした。


 

どのようにして撮ったかわかりますか?

朝晩は、めっきり過ごしやすくなってきました。

先だってのうだるような猛暑はどこに行ったんでしょうね。

子どもたちは宿題に明け暮れているのでしょうか。
それともまだまだ遊び足りないと駆け回っているのでしょうか。

今日はだらだらと雨でした。
昼間は蒸し暑かったですね。
当然気分が乗ってきません。

こんな時は、以前撮った涼しげな写真を撮りだして、いじったり
するのもまた一興。


sizeretouchDSC_0233.jpg

これなどいかがでしょう。

どのようにして撮ったかおわかりでしょうか。

水仕事に親しんでいらっしゃる方は、この写真が天地逆だということに
すぐにお気づきでしょうね。

そうです。
水の中にレモンをほうり込んだだけです。

周囲に置いたように見えるピーマンやパプリカは、たんに水面に
浮いているだけです。


撮影は、一眼デジタルカメラの入門機です。
これはコンパクトデジタルカメラでもだいじょうぶ。

ただ、外付けのストロボを2台使っているところが
ミソと言えばミソでしょうか。

1台はカメラにケーブルでつなぎ、もう1台はリモート設定にして
1台目の光によって光ります。

お試しあれ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR