テレビ取材

科学研究を継続している子どもたちを取り上げたいと、昨夜テレビ
取材のお話が舞い込みました。

明日に控えたじゃすふぁの宣伝をマスコミの方にも流しておいたのが
目に止まったようです。


とりわけ、今年の研究のレベルが高く、すでに立派なポスターを完成させて
いたため、それが明日配る「じゃすふぁガイド」の掲載されていて、その内容を
ご覧になったようです。


2年間研究を継続している小4女子のタマキビの研究については、
できれば現地で観察の様子を撮りたいとのことで、急遽、朝から
川に出かけて撮影です。


sizeretouchIMG_4450.jpg


お母さんによると、だいぶ緊張していたとのことでしたが、どうしてどうして、
研究の内容がよくわかっているため、ちゃんと受け答えしていました。



続いて、ダンゴムシ類の行動を研究した中2女子二人と男子一人の取材です。
あらたまって聞かれると、なかなか言葉が出てきませんが、
このチームも上手に対応していました。

明日、ポスターセッションもありますから、いい練習になりました。


sizetrimretouchIMG_4460.jpg


最後は、ミジンコの研究をした中1女子です。

ばたばたしてて、写真を撮るのを忘れました。ごめんなさい。

いいわけですが、今日は明日のじゃすふぁのためのゲネプロが
13時に控えており、その準備に追われていたのです。

受け答えは落ち着いており、彼女もよくわかるように説明していましたね。


番組のタイトルは、広島ホームテレビのJ-ステーションで、月曜日の
地球派宣言のコーナーです。

放映時間は、1月8日の18:50ごろから出るとおもわれます。どうぞご覧ください。

こどもたちが一生懸命それぞれの生きものたちについての研究の
内容を説明してくれます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

中学生のテレビ出演

今日の夕方、中学生3名がテレビに出たはずです。

あいにく見ることができませんでしたが、事前にチェック用の
動画を見ていますので、およそ雰囲気はわかります。


動画キャプチャー画像


アナ「こんにちはー。何してるんですかー。」

中学生「こんにちは。カニを探しているのです。」

てな感じでスタートでしょうかね。



教室に戻って、顕微鏡にカメラを接続して撮影しています。

ちゃんと吸水毛のプレパラートをこの日のために準備していましたので、
カメラのモニターの部分がテレビで映し出されても大丈夫です。


キャプチャー


なかなか凛々しいですね。


さあ、反響はどうでしょうか。

明日、学校に行って友達からからかわれるのではないでしょうかね。

お疲れ様でした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

中2のカニチームが明日テレビに出演

広島ホームテレビに、Jステーションという番組があり、その中に、月曜日には
「地球派宣言」のコーナーがあります。
わずか4分ほどのコーナーです。

わたしも今年だけで、干潟のカニの紹介や、田んぼの生きものたちの紹介で
2回ほど出ましたが、事前にだれにも言っていませんので、偶然見た人が
「出てたねえ。」と言う程度の反響です。

ただ、今回は、私は出演しませんので、堂々と広報したいとおもいます。


明日、11月6日(月)の夕方4時45分からのJステーションの中のどこかで、
中学2年生の3人が登場します。


ホームテレビ告知


彼らは、昨年暮れから今年にかけて、干潟のカニの奇妙な行動に
興味をもち、その意味を解明しました。

番組は4分ほどしかなく、たぶん内容が伝わらないとおもいますので、
簡単に紹介しておきます。


干潟の特定の種類のカニが、夏になると腰を落として地面に付ける動作を
時々見せるのを発見したことから研究が始まります。


そのカニを手にとってみると、地面に触れる部分に小さな突起がありました。
これを虫めがねで見ると、筆の穂先のような毛の束でした。

この毛の束のことは、市販のカニの啓発書にはまったく書かれておらず、
またあれこれとカニの解剖図にもあたったのですが、見当たりません。

したがって名称がないわけです。


この毛の束に色水を付けると目の下から急に水が吹きだしたのです。

つまり、毛の束と、体内のエラ室がつながっていることを発見しました。


市内に生息している20種以上のカニを次々とチェックしたところ、
4種類にこの毛の束があることがわかりました。
これを「吸水毛」と仮に名付けました。

また、この吸水毛を顕微鏡で見ると、種ごとに微妙に形態が異なっている
ことも発見しました。

これを、10月7,8日に東京大学柏キャンパスで開かれた「日本甲殻類学会」で
ポスター発表したところ、奨励賞をいただいたというわけです。


この毛については、実は学会の会場にお見えになっていた鹿児島大学の鈴木教授が
すでに発表されていて、最初の発見ではないことがわかりましたが、先生から
よく見つけたねえと、たいそう誉めていただきました。


また、カクベンケイガニだけが他の仲間とまったく異なる毛の形をしていることに
鈴木先生もはじめてご覧になったようでびっくりされました。

おまけに、仮に付けた「吸水毛」という名称については、「適切な名称である」と、
お墨付きをいただきました。

カニの形態については、鈴木先生は日本の権威ですので、その方が
認めて下さったと言うことは、今後この名称が学会で定着することに
なるかもしれません。


この研究は、広島県科学賞でもいい賞をいただくことに内定しているようです。


また、財団法人 水産無脊椎動物研究所の機関誌「うみうし通信」にも
執筆依頼が来て、ようやく執筆を終えたところです。



昨日、ホームテレビの撮影クルーがそのカクベンケイガニを撮影に
おいでになりました。

水面からかなり離れた高い所の岩の割れ目に生息しています。
その撮影に、わたしもおつきあいしました。


sizeretouchIMG_4149.jpg


ピンクのアノラックが似合っているのは、渡辺美佳アナウンサーです。


カニの撮影の後、教室で撮影クルーと中学生たちが合流。

インタビューが始まりましたが、緊張はかくしきれませんでしたね。

その後、ふたたび現場に戻り、中学生たちがカニを探す風景を撮影して
おわりでした。


さあ、明日、中学生たちがどんな顔をして出るか、わたしも楽しみです。
明日の夕方4時45分以降です。

広島ホームテレビです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

らっしくのゲラ

広島に「らしっく」という情報誌があります。

表紙には、「まちづくり・生涯学習情報誌」とあります。

発行者は、公益財団法人広島市文化財団 まちづくり市民交流プラザと
なっています。

ここの記者が二週間ほど前においでになり、広島干潟生物研究会の
活動について、インタビューを受けたことは、すでに10月17日の記事に
挙げています。


取材直後にゲラが送られてきて、直しを入れさせていただき、
昨日、校正刷りのようなほぼ完成バージョンが送られてきました。



ゲラ



まだ発行されていませんし、著作権のこともありますので、見出しくらいしか
見えない程度に小さく載せておきます。


ささやかに活動しているのですが、どこでお聞きになったかわかりませんが、
こうして広報していただくと、ありがたいですね。

都心といえども、よく見れば豊かな自然はそこかしこにあるんだってこと、
気付いてもらえたらとおもって、活動しています。


今年の観察会は終わってしまいましたが、集大成として1月6日に予定されている
サイエンスフェア(広島市青少年センター)で、干潟で観察したことを小学生や
中学生が発表することになっています。

ぜひお越し下さい。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

「らしっく」記者の取材

広島に「らしっく」という情報誌があります。


表紙には、「まちづくり・生涯学習情報誌」とあります。

発行者は、公益財団法人広島市文化財団 まちづくり市民交流プラザと
なっています。


一昨年まで、正直、その存在をまったく知りませんでした。すみません。


一昨年の暮れに、その市民交流プラザで干潟生物研究会の研究発表会を
開催することになり、その打合せで何度か通う内に、その情報誌に気付きました。

これが、最新号の表紙です。

興味をお持ちの方は、ホームページにすべて公開されていますので、
そちらをご覧ください。



らしっく表紙



で、その記者から何日か前に電話があり、「広島干潟生物研究会」を
記事として取り上げたいとのこと。

事務局としては、広報してもらえるのは大歓迎で、是非おいで下さいと
お返事していたら、昨日取材においでになりました。


記者さんは竹原市出身で、どうやら幼少の頃、山や川や海岸に出かけ、
大いに大自然を満喫なさった経験がおありのようで、必然的に、子どもの頃の
自然体験がいかに大事かってことで、大いに盛り上がりました。

帰り際に、「楽しい取材でした。」との一言を残してお帰りになりました。


11月下旬に発行予定の、49号をご覧くださいね。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR