川の岸辺の草刈り後

昨日の続きです。

草ボウボウだった川の岸辺が、すっきりと草刈りが行われていました。

いやー、びっくり。

sizeretouchIMG_1250.jpg


大きなナマズや小魚にとっては、隠れる水辺の草陰がなくなり、たいへんに
困っているとおもいます。

わたしなどは、楽に川辺に近づけますので、大歓迎。

ちょいと水面まで降りてみました。


完全に丸刈りになっていたと思いきや、エノキがすでに芽吹いていて
小さな木立になっています。


size600retouchIMG_1251.jpg

おそらく草刈りは一月くらい前に行われたのでしょう。

クワも伸びています。


size600retouchIMG_1252.jpg


草本類はほぼ丸坊主になっているのですが、木本類はさすがに根が
しっかり張り、草刈り機では切り取れない株が地上部に残っているわけで、
そこからしたたかに芽吹いていました。

いやー、生命力ってすごいですね。

草本類も当然根は残っていますし、いつのまにか種もたくさん散布されて
いるはず。

しばらくすると芽吹いてくるとおもいます。

植物と人とのいたちごっこですね。

コンクリートで護岸を固めてしまうことをおもえば、なんと平和なことか。

それゆえに、ここにはメダカもハヤも30cm級のナマズも悠々と泳ぎ、
アカテガニもクロベンケイガニもモクズガニもいます。

ギンヤンマが何匹も行き来し、最後にはカワセミも目の前を横切って
行きました。

しばしの安らぎをもらいました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

カープ優勝、おめでとう

いやー、長い道のりでしたね。
まずは、おめでとうございます。

久しぶりにラジオの中継に熱中してしまいました。
監督や選手のコメントもなかなかよかったですね。


と、やや冷ややかに書いているのは、アナウンサーの一言。

「さあ、楽しいビールかけが待っています。」


あのビールかけがどうしても好きになれないのです。

水をかけたり、球場の砂をかけあうのならいいのですが、
ビールと言えばいやしくもりっぱな飲料であり、製品になるまで多くの方の
苦労があり、神経を使った商品です。

これを、たとえ歓喜の表現としてとはいえ、シャワーのように
垂れ流すとは、、、、。

小さい頃から、
「食べ物を粗末にするでない!」という教育をうけたわたしとしては
どうも受け入れられません。

マスコミも、さもうれしげに報道するも、いかがなものか、、、。


子どもたちに、どう説明するのでしょうかね。

中学校や高校の運動会で優勝した生徒たちがコーラを掛け合いして喜びを
表したら、先生や保護者はきっと怒鳴りまくるとおもいますね。

食べ物や飲み物を大事にしなくていいのだという象徴的な
事象が、この優勝のビールかけですね。

まあ、わたしがここでそれを言ったところで、永遠に変わらないとは
おもいますが、、、。

これ、外国からその習慣が来たのだとおもいます。
アメリカの野球選手がビールかけをするのかどうかよくわかりませんが、
カーレーサーが表彰式で1本のシャンペンを抜いて行うシャンペンファイトが
起源でしょうか。

それくらないなら、まあ笑って見逃せるのですが、さすがに日本のは
やりすぎ。
おそらく排水の基準を考えると、環境にも負荷をかけるのではないでしょうか。


独自の喜びの表現を、プロ野球の方々は研究して欲しいとおもいます。


この記事を書いているとき、ラジオでアナウンサーが今日のビールは
3000本とか言っています。

これ、川にそのまま流すと生物たちに影響を与えます。
浄化センターに流れていっても、浄化を頑張っている活性汚泥中の
微生物たちに大きなダメージを与えるはず。


今年のうちの小学生の科学研究で、ゾウリムシはニコチンには強いのですが
アルコールにはきわめて弱いことが明らかになりました。

気が重いです。

ビールかけに水を差しちゃいましたね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

書類づくり

今日、カープの優勝かと期待をこめて阪神ー巨人戦に注目して
いたのですが、巨人が勝ってしまいました。

なかなかおもうようにはいきませんね。


さて、今日は、書類作りに明け暮れました。
あるイベントを年明けに予定しており、その後援名義依頼の
書類作りです。

宛先が12件あり、それぞれ書式が決まっていて、コピペができません。

けっこうな事務作業ですが、まあこれもボランティアでやっていますので、
自分のペースで、自分で気に入ったように作業できます。

したがって、気は楽で、しかも子どもたちに役立つに違いないという
強いおもいがずっと継続していますので、ルンルンって感じ。


詳細は、きちんと後援がとれて、要項が固まった段階で公表したいと
おもいます。

作業途中のようすです。


size600trimretouchDSC_8572.jpg



円卓は、こんな時にきわめて便利ですね。

あと書類を二つ三つ作ったら発送できそうです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

偶然が重なった子の話、ふたたび

数日前の記事の続きです。


大恐竜展で7万人目に入場したN君。

うちに出入りする小2の元気のいい子で、化石大好き人間。

こともあろうに、この子が偶然7万人目の入場者に当たりました。

左の方が産経新聞の写真。
本人は緊張感が漂っていますが、お母さんはうれしそう。

右の読売新聞の写真では、緊張がほぐれて、もらった記念品を手に
万歳など演出しています。
中央に立つ男性の方がうれしそう。
この方は、主催者側のプレゼンターではなく、テレビ報道のディレクター
さんで、なおかつ、偶然にもN君家族のお知り合いの方。

どうりでうれしそう。


size400trimretouch年齢ぼかしIMG_1232


N君、このとき緊張感いっぱいでも、あとでじわじわとうれしさが湧いてきたと
おもいますね。


N君のことをどう書いているかが気になりました。


産経の方ではかなり立ち入って取材しているようです。

「スピノサウルスが一番好き」ということを引き出し、
また、夏休みの自由研究で、アンモナイトの化石を調べ、
A4用紙で110枚ものレポートを作成したことにも具体的に
触れています。

7万人目でなくても、この子になら記念品をあげるにふさわしいと
思わせるような書きっぷりですね。

実は、記事を比較して見るとおもしろいことに気づきます。

右の読売と左の産経を比較してみると、

前文が読売の8行に対し、産経は6行。
また、7万人目に関する文章は、12行に対し、18行。
最後のシメの文章は、10行に対し、0行。

つまり、読売の方は、7万人目をきっかけにして大恐竜展そのものを
中心に記事を書こうとしているのに対し、産経は7万人に
達したことを中心にしています。

スタンスが違うので、N君の扱いが違ったのですね。


タイトルにもそれが現れていて、産経には副題に個人名も
大きく書かれていますが、読売ではそれに当たる部分に、
大恐竜展のロゴが載っています。

さらに言えば、写真にもそれが現れていて、本人のシルエットが
紙面全体に占める割合を比べたら、とんでもない差があります。
エンブレムを写真に収めるのか、それは犠牲にして本人の表情や
記念品がよくわかるような写真にするか、選択を迫られますね。


別にどっちがどっちということはないのですが、本人や家族に
とっては、「産経新聞、ありがとう」ってことでしょうね。

ともあれ、おめでとうございました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

えっ、こんなに偶然が偶然を呼ぶなんて

ちょっと長くなるかも知れません。
偶然が重なったお話です。


【序章】

昨日の、キャンプの打ち上げの時のお話。

長老のやっすーさんは、干潟研のブログにキャンプのようすを日記風に
まとめていただいていました。

題して「南土佐日記」。
参加者からは大好評で、いい写真もたくさん載せていただいています。

昨日の打ち上げの会では、たくさんお撮りになっていた写真をすべて
プリントにして、お持ちいただきました。
みんな懐かしさがこみ上げてきました。

昨年の有明キャンプにも参加いただいたやっすーさんは、御所浦での
化石掘りの体験が印象に残っていらっしゃったと見えて、いま広島県立
美術館で開かれている大恐竜展にも行ってこられたとか。
パンフレットもご持参でした。


20160828恐竜展
大恐竜展のチラシ


【第1章】

その話を受けて、わたしがつぎのような話を出しました。

うちに出入りしている小学校2年生の子が、化石大好きで、
山口県、岡山県を中心に化石の産地に家族で出掛け、特にアンモナイトを
たくさん集め、科学研究に仕上げていますよ。

ついに先日福井県の博物館にまで出掛け、あれこれ発掘してきました。
それらを全部写真に収め、100ページを越えるレポートを完成
させました。
その中には新種とおもわれるものまで含まれています。
専門家と連携を取りながら研究しているんです。

なんていう話です。


【第2章】

その時は、すごい子がいるねえってなノリでした。

段々と私も乗ってきて、その子の研究の内容まで立ち入って
話していました。
とくに、専門家からもらった資料をもとに、アンモナイトの検索表を自ら作り
それをもとにして自分の集めたアンモナイトを同定していく過程は、
まさに専門家と同じ研究のプロセスです。

こんな子が去年の御所浦でのキャンプや今開催中の恐竜展に
行けば、いっそう興味が深まっただろうねえという話でおわりました。


【第3章】

その子のお母さんに、今日たまたま電話したのです。
以下、話の内容を要約します。

1 恐竜展には実はおととい行ってきた。

2 なんと息子が7万人目の入場者ということでプレゼントをもらった。

3 これはマスコミにも報道され、広島テレビにも出て、昨日の讀賣新聞と
産経新聞にも載った。

4 たまたま広島テレビの取材をしてくれた人は、知り合いの人だった。
 お互い、びっくりした。

5 その後売店でガチャガチャをしたところ、同行していた息子の友人が
スピノサウルスの歯の化石が大当たり。幸運を分けてもらったと大喜びして
いた。

6 その後挑戦した息子も、そのガチャガチャで、同じく大当たりのスピノ
サウルスの歯の化石が出てきて、大喜び。
幸運は広がるんだと、そろって喜んでいます。


という、おもしろいお話でした。

いやー、化石を掘り当てるのも大いなる偶然ですが、その後つぎつぎと
偶然が重なるのを聞くと、ふしぎな因縁を感じますねえ。


明日あたり、事故にあわないように気をつけて下さいよとお伝えしたら、
そうそう、それが心配で、とのことでした。

当の本人は、相変わらず絶好調だそうです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR