FC2ブログ

夏の思い出

夏が終わりそうになっています。

台風が来るたびに少しずつしのぎやすい気候になってくる今日この頃です。


こんな時期には、夏の行事を思い出します。

一番は、宮古島キャンプ。

32名の団体でバスを貸し切り、宮古島をほぼ一周し、めぼしい干潟、ビーチを
散策し、シュノーケリングに水中ボート、シーカヤックと満喫しました。


プライベートでは、気ままに大山まで脚を伸ばしました。,

もちろん登山ではなく、散策程度です。



sizeretouchP8130329.jpg


これは桝水高原です。



sizeretouchP8130325.jpg


上は、大山寺集落で、立派な鳥取県立大山自然歴史館が建っていました。



sizeretouchP8130314.jpg


これがその内部のほんの一部です。


実は、わたしはその昔、昆虫少年でした。

山陰に住む昆虫少年、とりわけ蝶を主眼にしている者たちは、例外なく、
三瓶山の火口に下りて、室の内の池周辺でミドリシジミ類を狙います。

中学から高校にかけて、何度通ったことか。


そしてこれまた例外なく、大山の横手道にも必ず出かけます。

これは大山寺集落から上の写真にある桝水高原に抜ける広葉樹の山道です。

後者はやや遠かったため、三瓶ほどは通っていませんが、それでも三瓶の
半分くらいは出かけましたね。
小遣いはすべて交通費に消えました。


あのミドリシジミの仲間のなんとも言えない光沢に惹かれていたのです。


ミドリシジミ類は、蝶を集めている人々はゼフィルスと呼んでいました。

上の博物館のパネルにあるように、なんと大山には、日本にいるゼフィルスの25種類
のうちの22種類もいるのです。

それもほとんどが横手道に。


昆虫中年や昆虫老年がもつ5メートルに及ぶ長い竿のをうらやましく見ながら、
傍らで昆虫少年たちは3メートルほどの竿の先に網を付け、高木の葉先に
チマチマ飛ぶ憧れのゼフィルスを追いかけたのでした。

ほとんどが中年、老年に先を越されましたね。

たまたま彼らの網をかいくぐって目の前に止まったゼフィルスを網に入れた時の
感動は、いまもよみがえります。


昆虫採集に明け暮れした中・高校時代のことをおもうと、少し涙ぐんで
しまいました。


いい時代だったなあって。


スポンサーサイト



ラジコン草刈り機

しょうもない記事です。

たまたま干潟観察のための下見をしていた時に、戦車のようなものがわたしに
迫ってきたのです。


なんじゃ?


よく見ると、戦車の後ろには地下足袋はいたおじさんがいて、ラジコン操縦桿を
操作しながら戦車の後を追っていました。


sizeretouchP9110001.jpg


おお、これは自動操縦の草刈り機ではないかと気付きました。



sizeretouchP9110005.jpg


それにしても、なんでわざわざラジコンにしないといけないのだろうか。

運転席に載って操縦すればいいんじゃないの?


よく見ると運転席はありません。


そして、土手の斜面のすごい傾きを思い出しました。

おそらく人が乗って操縦するタイプだと、土手の斜面を刈るときに
運転者は落ちてしまうでしょう。


なるほど、そういうことか。

納得しながら眺めていました。


ちょっと操縦させてもらえないかなあとふとおもったのですが、操縦者のあまりの
真剣な表情に尻込みしてしまいました。

こんな作業、きっと楽しいに違いないとおもいながら、、、、。

新しいコンパクトデジカメ導入記念日

少々水に濡れても使いたい。

また、浅い水中に降ろして浅い海の生き物たちを撮りたい。

さらに言えば、水中で動画も撮りたい。

欲を言えば、水中で接写ができないか。

というわけで、半年くらい研究しました。


結論からいいましょう。

OLYMPUS Tough-5 にたどり着きました。


正直、Wi-Fi も GPS もいらないのですが、その機能がついて
ないのはないので、ベストではないのですが、ベターということで
決定です。

画素数ももう少し高かったらなあという気持ちも少しあります。


sizetrimretouchIMG_5433_20180518225418e59.jpg



今後、半水中の画像や動画をお見せすることがあるとおもいますが、
すべて、この オリンパス タフ 5 による作品だとおもいます。

少し慣れるのに時間がかかるとおもいますので、あまり期待しないで
おまちください。


スマホ生活

タブレットとガラケーを手放し、スマホに替えたことはすでに一昨日の
記事でお伝えしたとおりです。

それまでのタブレットは性能がよくなく、また大きいので持ち歩きに不便で、
基本的には持ち歩かず、職場の机に置きっぱなしの習慣でした。


ラインは少し前から始めてはいましたが、パソコンにダウンロードして
やり取りしていました。


パソコンのトップページでは、ラインのアイコンに着信数の表示は
出ません。

たまたまパソコンを打っているときに、着信があれば、少しの時間
表示させることはありましたが、基本的には、ラインのページを開いてみて、
はじめて着信が何通あるってことがわかるという状況でした。

ですから、まあ簡単にいえば、ラインをメールとほぼ同じように使っていた
わけです。


スマホをもってびっくりしたのは、ラインの着信が瞬時に来て、赤い数字で
何通来ているか教えてくれますよね。


それ以外にも、メールでは、

〇○さま、お世話になります。
さて、、、、、

と書きますが、ラインではいきなり要件に突入ですよね。


これって、ほぼ会話に近い感じで、これまでの発想を変えないと
いけないような気がしています。


メールが出たとき、手紙や葉書の将来を危惧したのですが、
いまは、メールの将来を危惧するような時代になったのですね。

安・直・短がますます進んでいくのでしょうねえ。

便利になるのはいいのですが、何か大事なものをなくすような心配も
ありますねえ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

さよならガラケー、ようこそスマホ

まったく個人的な日記です。

長年使い続けていたガラケーを手放すことにしました。

タブレットも細々と使っていたのですが、どうも性能が低くてサクサク感が
なく、また、持ち歩きの習慣が身についておらず、なにかと連絡が
遅れることもあり、これも合わせて手放します。


両者を手放す代わりに、ついに人並みにスマホをもつことに
なりました。


わたしなりにいろいろ研究し、IT関連の師匠に相談し、また
ショップや販売店に出かけてあれこれ情報を仕入れました。

今日、ようやく写真中央のタブレットと右の携帯を解約し、左のスマホを
入手して携帯電話番号を移しましたので、その記念の書き込みです。


sizeretouchIMG_5419.jpg


契約の解除や設定、アプリの設定変更などに汗だくになっています。


使い慣れないので、返信遅れ、誤字脱字等がしばらくは続きそうです。
関係の皆様には、どうぞご寛容に。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR