小5男子のペイント

科学研究のポスター作りに次々とやってきます。

小学生でも、発表はパワーポイントで行い、合わせてポスター
セッション用のポスターもつくってもらっています。

一見過酷なようにおもえますが、内容が頭に入っている場合は
けっこう楽しい作業です。

頭に入っていない場合は、まったく手が進みませんので、保護者の
出番です。

今日は、小5女子と小4男子のきょうだいの共同研究のポスター作りを
手伝いました。

といっても、ほとんどできたものを持ってきましたので、まあ手直し程度
ですね。

最後に絵を入れたいとのことで、家に帰って手で描くといいます。

以前、パソコンに入っているお絵かきソフトの「paint」を指導したことが
ありましたので、
「paint」で描くよう促しました。

池や川の水を浄化するために、ウールマットを浮かべ、それに植物を
移植し、それら水面にたくさん浮かべるという作戦をきょうだいで
考えつきました。それを絵にしてポスターに入れたいというのです。

最初は見よう見まねでしたが、コツをつかんだ小4の男子は、
あっというまに描き上げました。

これです。

浄化装置


なんと覚えが早いことか。

最初にツールの使い方を教え、箱の描き方、草の描き方などを
少しだけいっしょに進め、あとはこの子がどんどん付け足して
一気に完成させました。

いやー、恐れ入りました。
若いうちにこの手のソフトは使わせて使い方を身につけさせて
しまったらいいですね。

しみじみと感じました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

小学生の「ペイント」初作品

小学生のグループに、今日はじめてパソコンのドロー系ソフトである
「ペイント」を紹介しました。

以前このブログでも取り上げたことのある子とは別のグループです。


それぞれ各自に1台ずつパソコンがありますが、最初の15分ほどは
わたしのパソコンの前に全員集合です。

デモンストレーションですね。

このペイントというソフトの全体像をまずとらえさせ、どんなことができて
どんなことができないかをとりあえずなんとなく理解させます。

その後、細かい操作にも踏み込みますが、まだ彼らは依然として
わたしのパソコンの画面を見ています。

ここをこう操作するとこんなことができる、という指導ですね。
ただ、基本的なことは何度もやって見せます。

ここであまり複雑なことをやると混乱しますので、ほどほどですね。

この段階で、彼らはもううずうずしています。
早く自分のパソコンを触りたいのです。

手を洗い、しっかりタオルで拭いて、さあ挑戦。

いい作品がたくさんできました。
全員のを載せたいくらいです。

まずは、小2の女子の、2作品目です。

中村2re

実はこの子が数分前に描いた初作品は、ピンクのハートや黄色の星があり、
その中に目や口を描いた、いわゆる少女漫画系のものでした。

ところが、4年生の男子が次のような作品を描いたのを見て、やおら
創作意欲に火がつき、この作品に結びつきました。

石原1re


全員がほんの数十分前には、操作法どころか存在すら知らなかったソフト
ウエアですが、みごとに使いこなしました。

しかもそれぞれの作品を見ながらまねをしたり、アレンジしたりと、
どんどんいい作品ができました。

おそらく家に帰ってもやっているのではないかとおもいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ジュニア アーティスト

昨日の続きです。

小1女子が「ペイント」というソフトで描いた作品です。


【一さつの本だな】

size一さつの本だな


文字の挿入のわざを覚えたようですね。

いい位置に配置しています。


【キラキラのよる】

sizeキラキラのよる


【キラキラこおりのドレス アナとゆきの女王】

sizeキラキラこおりのドレスアナとゆきの女王


いかがでしょうか。

こうして、楽しみながらやっていますので自然にパソコンに親しみがわき、また
徐々にスキルアップが図られていきますね。

プリントアウトしておけば作品集になり、それをまた見ることで新たな創作に
つながります。

さらには、他の人の作品を見たときに、どこがどう工夫されているのかがわかりますし、
自分に足りないものも判断できますね。

実に良い脳の活性化トレーニングですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ジュニア アーティスト

昨年暮れに、小学校1年生の女の子に、ウィンドウズに付属のペイントという
ソフトの使い方を教えました。

便利のいいソフトで、わたしも、図を描いたり、写真のサイズ変更をしたり、
ひじょうによく使います。

彼女もあっという間に使い方を覚え、いろいろ家庭で取り組んだようです。

その作品を集めたCDを昨年の暮れにお母さんからもらいました。

そのうちの何点かをお見せしましょう。


【あさ・ひる・ばん】

sizeあさ・ひる・ばん


【かたちのかお】

sizeかたちのかお


【よるのそらをおよぐさかな】

sizeよるのそらをおよぐさかな


いかがでしょう。

おそらく最初の頃は、おもいどおりに絵が描けず、失敗してはやり直し、
ときにはくじけたりしたかもしれません。

けれども、時間をかけてひとつの作品を仕上げたことが達成感につながり、
次の意欲を引き出したのでしょうか。


ここで大事なことは、子どもは、このような操作についての覚えが大人に比べて
早いですから、2作品目は、1作品目にくらべてうんと早くできるということ。

作品を重ねていくうちに、加速度的に仕上げる時間が早くなります。
その間に、新しい操作法をみつけたり、前作を下敷きにして新作に
取り組んだりできます。

いつの間にか、作品のレベルも上がり、できた作品の数も増え、
周りの人から「すごーい。」なんて言われてさらに振りがつくなんて
よくある話です。


最初の作品で、つらいとかつまらないとかで投げ出してしまう子と、
なんとか耐えて2作目、3作目に進める子との差が、長い人生で
積み重なって大きな差になるわけですね。

また、最初の作品で身近な人にけなされた子と、あたたかく受け入れ
られた子との差はもっとひどいとおもいます。


この子の今後が楽しみです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR