おもちゃの顕微鏡がスグレモノ

昨日の続きです。

だまされたとおもっておもちゃ屋さんで顕微鏡を買ってきて、
実際に身の回りのものを見てみると、予想以上によく見えます。

これは、実際にどのように見えるかも報告しないと読者にそれが
伝わらないだろうとおもい、デジカメをこの顕微鏡の接眼部に当ててみました。

あいにくカメラのほうがレンズが大きく、写るのは写るのですが、
安定しません。

そこで、携帯電話のカメラのレンズの部分を接眼部に当て、撮影モードを望遠側に
設定し、撮ってみました。


これは、説明書を普通に撮影したところ。

sizeretouchF1000009.jpg

これは、接眼レンズを通して撮ったもの。
LEDの光が青いため、多少ホワイトバランスを修正していますが、
それ以外はそっくりそのままです。

sizeretouchF1000010.jpg

撮影された視野の直径を測定すると、ちょうど5ミリメートルです。

つまり、5ミリメートルほどの円が、視野いっぱいに見えるのです。

ピント調節のねじも付いていますので、見ようとするものが対物ガイドの
先端から少々奥でも手前でも大丈夫です。

これ、毎日ポケットに入れておきたいほどです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

おもちゃの顕微鏡がスグレモノ

実験に使う小道具を仕入れに、おもちゃ屋さんへ行ってきました。
年に一度くらい行きます。

あいにく希望に添えるようなものはありませんでした。

ただ、大発見をしましたので、ご報告します。

1,070円の「ハンディmini顕微鏡」

sizeretouchR0011148.jpg

sizetrimretouchR0011149.jpg

①UVライトボタン  ②LEDライトスイッチ  ③焦点調節ダイヤル  ④対物ガイド部

sizetrimretouchR0011150.jpg

まあ、ダメ元で、買って帰りました。

まず、自分の指紋を拡大してみてびっくり。

実にきれいに見えるのです。

印刷物の小さな字もよく見えます。

おお、これはすごい。

よく見ると、周囲に収差があるようで、周辺ボケは生じていますが、
中央部では、ばっちり高解像度で見えるのです。

LEDライトスイッチは切り替えになっていて、顕微鏡の照明以外に
普通の懐中電灯にもなり、これは十分な明るさがあります。

それに、UVライトもついていて、たとえばこの光を使用済みの葉書の宛名部分に
当てると、密かに印字されたバーコードが赤く浮き出ます。

(やや光量不足であることは否めませんが。)


顕微鏡、懐中電灯、それにUVライトの3つを合わせて1,070円なら
お買い得でしょうね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR