ドングリ笛作りボランティア

第2回広島ジュニアサイエンスフェアが、来年1月6日(土)に
開催される予定です。

実験体験コーナーや、模範的な科学研究の発表があります。

もちろん無料です。

せっかくおいでになった方に、いろいろお土産も考えています。

その一つがドングリ笛。

今日、中学生、高校生が7人ほど集まってくれて、ボランティアで
130個も作ってくれました。


sizeretouchIMG_4087.jpg


マテバシイの実の底に穴をあけ、そこから中身を抜いていきます。

千枚通しや、はりがねで作った耳かきのような道具でどんどん掻き出しますが、
力が入りすぎると壁を破ってしまいます。


sizeretouchIMG_4088.jpg


若い人たちですから、段々と要領がよくなり、スピードアップしました。
さすがですね。


最後に記念撮影です。


sizeretouchDSC_5408.jpg

この後、塗装してビニル袋に詰め、当日やって来た子どもらにプレゼントです。


お疲れ様でした。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


スポンサーサイト

第2回 広島ジュニアサイエンスフェアのご案内 2

要項ができました。

お届けします。


実施要項


口頭発表の予定の8件は、いずれも模範的な科学研究であり、
来年度研究に挑戦しようとされている方にとっては、大変に参考になる
はずです。

小・中の先生方にもぜひおいでいただきたいものです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

第2回 広島ジュニアサイエンスフェアのご案内 

広島干潟生物研究会が母体となった「ジュニアサイエンスフェア実行委員会」が
昨年度に引き続いて、第2回のフェアを行うことになりました。


長い名前ですので、言いにくく、何かいい簡略名はないかと考えました。

英語では、The 2nd Junior Sciense Fair in Hiroshima ですから、今後は

2nd JuSFa (セカンド・ジャスファ)としたいとおもいます。


日時:平成30年(2018年) 1月6日(土)  13:00~17:00


場所:広島市青少年センター ホール、各室


主催:広島ジュニアサイエンスフェア実行委員会
    (委員長 鳥越兼治 広大名誉教授)

    広島・地域から「体験の風をおこそう」運動推進実行委員会
    (委員長 坪内孝治 江田島青少年交流の家所長)


内容:科学研究発表(ハイレベルの研究を、口頭やポスターで発表してもらいます。)
    実験/体験コーナー(楽しい実験や体験が満載です。)
    科学写真展、撮影実演(いま、広島市中央公民館で展示中の写真展を
       ごっそり入れ替えて、新規撮影の数々をお見せします。)
    科学研究相談会(来年度の自由研究のヒントがたくさんもらえます。)
    教材生物の配布(自由研究に使える教材を無料でもらえます。)
    などなど。


まだ、フレームしか決まっていません。
詳細な案内は追ってこのブログでも行いますので、お楽しみに。

とにかく、来年1月6日は、セカンドジャスファの日と覚えておいて下さいね。


集合写真

サイエンスフェアに発表者として参加する子どもたちは、
一世一代といえば大げさですが、一生懸命に研究を仕上げ、
発表の指導を受けて準備をすませ、緊張しながら当日を
迎えます。

これは、オーラル発表でもポスター発表でも同じです。
これらについては、また別途お話しする機会が何度もあると
おもいますので今日は割愛しますが、口頭発表をする子らには
特に敬意を表してポートレートを冊子に掲載することにしています。


サイエンスフェアで科学実験の体験コーナーやサイエンスショーに
登場してくれる子らも、ずいぶん早くから準備を進め、
分担を決めたり材料を調えたり、けっこう大変なのです。
この子らのポートレートも載せる予定です。

それをボランティアでやってくれるメンバーが集まってくれたのは
昨日の記事に書いたとおりです。


全員のポートレートを個別に撮ったあと、集合写真も撮りました。

この集合写真がなかなかかわいかったので、ブログに載せてもいいかと
ラインで尋ねたのです。


計算違いでしたね。

「いいですよ。」という返事が全員から来るだろうと予想してました。


ところが女の子たちの返信は、想像もつかないものでした。


「○○(自分の名前)、かみはねてるぅ」

わたしのフォロー
「寝起きには見えないからだいじょうぶ」

次に
「○○(自分の名前)、だいじょうぶじゃない」
別の子が
「わたし、目が死んでる」

わたしのフォロー
「ぜんぜんだいじょうぶ。」

別の子から、写真を送ってもらったお礼らしきスタンプがありました。
「ありがとうございました。」とそえて。

さらに、

「みんな大丈夫!、わかな色々死んでるw」

「おなじく。自分のかおに絶望。」

「いくも大丈夫!」

「じー(スタンプ)」

また別の子が自分のことを
「顔死んでるね」

さらに別の子が
「みんな何を言ってんだ ○○(自分)の顔が一番インパクトを与えてるよ」

それを見た子が冗談に
「え、これ○○の通常運転じゃろ?笑」


そこで、このやりとりの間に、写真をレタッチし、再度ラインに挙げました。
「○○さんの髪、なおしました。
○○さんの目を大きくしました。
○○さんのお口を小さくしました。
他に何か?」

一人から「OK」のスタンプをいただきました。
さらに、「ありがとうございます」が一人。

そのうち、

「私の目を大きくして、顎をシャープにしてくださったら、本当に
うれしいです!」

とか

「私の目もおおきくしてもらいたいですねww」

「同じくです」


で、結局、誰ひとりとしてその集合写真を載せていいという
返事はありませんでした。

やむなく、昨日は、別の写真を載せた次第です。


しかし、よくよく考えたら、絶対に載せないでほしいという強烈な返信は
ありませんでした。

そこで、折衷として、少しモザイクをかけて載せておきたいとおもいます。
本当は小細工しない生の写真を載せたいところですが、、、。

高校生たちの生き生きした表情は、わたしは魅力的だとおもいますが
いかがでしょう。


sizeblogretouchlayerDSC_4689.jpg


昨日と同じような写真になりましたね。
あしからず。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

高校生のお手伝い

来年の1月初旬、ジュニアサイエンスフェアを予定しています。

質の高い小・中学生の科学研究をオーラルとポスターで発表して
もらい、これから頑張ろうとしている小・中学生に頑張っていただこうと
いう企画です。

単なる発表会だけだと、人が集まりません。
広島市内の学校は、科学研究は強制ではありませんから、
まあ、クラスで提出するお子さんは、ゼロから数人とか。

中学生ではもっと少なくなりますが、学校によっては2年生は強制という
ところもわずかにあるようです。


したがって、科学研究は喫緊のことではなく、とくに冬場では、
ほとんど興味をそそりません。

そこで、サイエンスショーや実験・体験コーナーを設けて、
できるだけ沢山の科学好きの少年・少女に集まってもらおうと
計画しています。

そのお手伝いを呼びかけたところ、高校1年生の女子が10名、
昨日集まってくれました。

集合写真も撮ったのですが、ここに載せてもいいかどうか聞き
わすれたので、とりあえず、フィルターをかけてぼかして載せて
おきたいとおもいます。

sizetrimDSC_4695.jpg


去年は、やはり高校1年生の7名が見事にサイエンスショーを
成功させましたので、今年も期待していいとおもいます。

1月6日の午後、広島市青少年センターを予定しています。

いまから、予定を空けておいて下さいね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR