サイエンスフェアの課題

数値で表すことはできませんが、一定の手応えを得てサイエンスフェアを
締めくくったところですが、ひとつイベントを行えばそれなりに課題も出てくる
ものです。

できるだけ客観的に記録しておこうとおもいます。

二つだけ挙げておきます。


共催していただいた、広島・地域から「体験の風をおこそう」運動推進実行委員会の
事務局に、お礼のメールを送り、来年度もこの企画がありそうかどうか打診して
みました。

そのお返事は思惑外れのもので、「予算が大幅に縮小される情報が入っています。」
とのことでした。

また、「募集するとしたら5月以降となります。」という一文に含まれている意味は、
「募集をかけないこともありうる。」とついつい考えてしまいます。

もう一つの支援してくださる財団の方といえば、応募がきわめて多く、連続して
助成金をいただくのはきわめて難関です。

まずこの資金面の壁が大きな課題です。


もうひとつの大きな課題は、主催者と参加者の意識のずれでしょうか。

午前中に行った実験・体験コーナーは人があふれていて大賑わいでしたが、
午後のホールでの研究発表の時には、座席に人がまばらでした。
おそらく200人いなかったとおもいます。
帰ってしまった人が多かったとおもいます。

楽しいことには人が集まりますが、堅苦しいことは敬遠するということですね。

何度も繰り返しますが、今回のイベントのメインは、ロビーでのポスターセッションを
含めた、子どもたちの研究発表にあります。

子どもたちが(もちろん親も手伝ってはいますが)夏休みに苦労してレポートに仕上げ、
それをこのフェアのためにできるだけだれにもわかりやすいようにスライドやポスターに
コンパクトに作り変えてまとめあげた発表を、ひとりでも多くの方に見て、聞いて
もらいたいというのが研究発表です。

研究をしたこともないお子さんにも参考になりますし、保護者にとっても実に有益な
情報です。もっといえば教職に就いていらっしゃる先生方にはなんとも貴重な
機会でした。

口頭発表の8本の研究のうち、3本が広島県科学賞の特選の作品だったわけですから。
そういった作品を、それぞれわかりやすく20枚ほどのスライドにして発表し、1枚の
ポスターにしてセッションをしたのです。

これが、呉市であれば、もっと違う反響があったとおもいます。

呉市の場合、広島市に比べて科学研究のすそ野が広く、ほとんどの小学生は
科学研究を提出します。
広島市ではクラスで一人か二人です。

広島では、科学研究の重要性があまり認知されていないということの現れだった
のだとおもいます。

まあ、あせってもしょうがないのですが、そのホールで熱心に口頭発表をご覧に
なっていたお子さん方に期待したいとおもいますし、今後回を重ねれば、
徐々にその必要性、重要性に気づく方も増えていくとおもわれます。
参加された方々が、口々に高い評価をくださっていたのが救いです。

この2点が大きな課題として残されました。


アメリカで理系のノーベル賞を受けた方は、中学生のころほとんどが科学研究で
地域代表になり、世界大会(残念ながらほとんどアメリカとカナダでの開催です)に
出場した方々です。この流れは今も続いています。

日本で理系のノーベル賞を受けたり有名な科学者の中には、そんな機会を経た方は
ほとんどなく、その代わりにかなり多くの昆虫少年だった方がいて、昆虫を研究する
ことで科学的素養を育みました。
もう日本には昆虫少年は希少種となっていますから、それに代わる機会をなんとか
保障する必要があります。

別にノーベル賞をとらなくてもまったくかまいませんが、それほどまでに
若いうちからの科学研究が意味のあることであるという認識を、もっともっと
持ってもらいたいし、その機会をわたしたち大人がなんとかしてあげたいというのが
本意です。

とはいえ、これはやはりわたしどもの民間のささやかな団体では如何ともしがたいのが
現実で、力のなさを感じますね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

サイエンスフェアの経費

来年度、第2回のサイエンスフェアを開催するつもりです。

ただし、予算がまったくありませんので、助成金が得られることになったらの話です。

けっこう、お金かかるんです。


たとえば、ホールを借りるのに、マイクの数やらをできるだけケチったのですが、
17,230円かかりました。

おまけに、照明と音響は、自前のセミプロがわがスタッフにいるのにそれは
御法度。
会場と契約している業者にすべて任せなければならないルールになっていて、
これが、43,200円かかりました。


学校などに配るちらしの印刷代だけで69,000円かかりました。

幸い、市内各校の小・中学校に数枚ずつ配るのに、逓送便というシステムで
無料でできました。

これは広島市教育委員会の後援が得られていたから出来たことです。

しかし、各校に数枚だけでは子どもたちの各家庭にまったく届きませんので、
せめて会場に近い旧市内の小学校の全児童の手には渡るようにしようと考え、
郵送料を算出してみたところ、あえなく予算オーバー。

結局、何人かのボランティアスタッフの方で手分けした、旧市内の全小学校を回って
下さいました。

わたしも、近場の10校くらいはスクーターで回りました。

遠い所は、スタッフの方に運転をお願いし、わたしが車の助手席でナビをつとめつつ学校に
着くたびに校門前で降ろしてもらい、私の細腕にとってはきわめて重い鉄の門を
よいしょと開け、足早に事務室にかけこみ、どかっとチラシを渡す役目を果たしました。


おかげで、どこにどんな学校があるのかが、児童数がどのくらいなのか、
よくわかりました。

古い団地の小学校では、ほとんど休校寸前校の状態であり、逆に新しい団地は、
ぎゅうぎゅう詰めで、休み時間のグランドは東京のスクランブル交差点のような
ありさまです。

チラシを学校ごとに束にするのも数人のボランティア。
車を出していただいた方々もボランティア。
ほんとうにありがたいことです。


カニの下敷きを子どもたちへのお土産に用意しようと思い立ちました。
今回のサイエンスフェアは、「広島干潟生物研究会」が母体となったものですので、
それを参観者に印象づけたいというおもいと、今年の観察会への参加を
促す意味もありました。


sizeretouchIMG_1694_20170117230327d3b.jpg


写真はわたしが撮ったものですから著作権料はまったくかかりません。

ただ、印刷代がかかります。

市内の印刷業者に見積もりをお願いしたら、両面フルカラー、ラミネート
加工、角丸仕上げで 500枚お願いすると 175,000円とのことで目まいがしました。

そこで、安価にできるところをインターネットで調べまくり、脈のありそうなところに
電話で直接交渉。

その結果、ある会社が、厚紙(240キロ)両面印刷で500枚なら数万円でいけるというところ
までこぎ着け、発注しました。

送られてきた500枚の厚紙の四隅を「角丸くん」という文具でパッチンパッチンと丸める作業と
ラミネーターを通す作業は、わたしの煩悩をぬぐい去るよい時間でした。

子どもたちがこれらの作業を自ら進んで手伝ってくれたのはうれしかったですね。


冊子の印刷も、業者に出せば10万円を超えるでしょう。

これは、スタッフの中学3年生の女子が友達を連れてきてくれて、
近くの公民館に出掛け、謄写印刷しました。
これを持ち帰って1枚1枚流れ作業で拾って束ねて製本機で製本しました。

けっこう楽しい仕事で、連帯感がうまれましたね。


そして、こういった作業を通じて、こどもたちは、日頃使わない技や
要領を覚え、社会の仕組みを知り、人の役に立つことにつながることを
感じてくれたのではないかとおもいます。


ギリギリのところで、できるだけ知恵を絞って効果的なことをしたい。

限られた予算のなかで、いつもそんなケチなことを考えています。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

第1回サイエンスフェア参加者の方のご感想

こういった催しでは、次回への参考にするために、参加者へアンケートを
お願いするのが普通です。

しかし、今回はあえて用意しませんでした。

集計が面倒だからというわけではありません。

今回はあまりにも内容が多すぎ、それぞれすべてに対して評価していただくには
無理があり、五択方式であっても時間もかかるので嫌がられるに違いないと
判断したのです。


それよりも、参加者や出展者の個別の声がむしろ参考になるはずだと考えました。

メールをたくさんいただきましたので、そのうちの一部を列挙してみます。
あいにく電話の内容は正確に文字に起こせませんので、メールのみと
させていただきます。

なお、ポスターセッションや実験ブースに参加したジュニアの感想は、
広島干潟生物研究会のブログに順次載せていきたいとおもいます。



【成人男性】
想像をしていたよりはるかに,奥の深い専門的な研究発表であり,
大変驚きました
また,繊細で詳細なカメラワークを駆使した撮影の作品があり
大変興味深く見せていただきました。
個人的には,1人1人の小中学生の発表や研究内容がすばらしく,
私の娘もしっかりと学ばせたいと思ったくらいです。

【成人男性】
第1回広島ジュニアサイエンスフェアに参加させて頂きありがとうございました。
あらゆる面で質が高く、先生のご苦労の程が垣間見られました。

【ポスターセッション参加者の母親】
昨日のサイエンスフェア、大盛況でしたね!!
私もダニの話が聞けたり、干潟ガールズのお話が聞けたりと楽しめました。
娘も楽しかったと 言ってました。
広大の名誉教授から直々に賞状を頂けたことがとてもよかったです。
準備から なにからなにまで いろいろと ありがとうございました。

【サイエンスショー出演者】
今日はありがとうございました。
とっても楽しい経験ができました。
TKS-7のみんなも予想以上に楽しんでいて、笑顔で帰って行きました。
改めて家に帰って落ち着いてみると、いいメンバーだなあとしみじみと思っています。
しかし、これも全て先生のお力添えあってのことです。本当に感謝しています。
ありがとうございました。

【口頭発表者の母親】
とても誉めて頂き胸がいっぱいです。やりきって良かったなと言う充実感と
またあの場に戻りたいなと思い出を反芻しております。
周りの方からも、分かりやすくて面白かったと連絡を頂きました。きっと
お世辞だと思っていましたが、先生のブログで二回も取り上げて頂き、
(中略)さらには圧巻と言う表現で誉めて頂き感無量です。
鳥越先生にクイズを出した、とか、学院の地学の先生に「うちに絶対入ってこいよ。
一緒に研究しよう」と声をかけてもらったり、大人も子どもも自分がしたことに
興味を持ってくれて、自分の話に耳を傾けて感心してくれたこと。それが、
自己肯定感を育てて頂き、とても自信をつけた様子です。親が一万回言う以上の
効果があったように思います。

【ブース運営者】
当日はとてもにぎわっていましたね。
2時間限定であったこともあり,「体験コーナー」も来場者でぎゅうぎゅうな感じでした。
あれだけの来場者がいる場合は,1部屋3ブースはスペース的にきつかったかも
しれませんね。うれしい悲鳴ですね。
ポスター発表・口頭発表ともに,研究内容には毎年驚か されます。
本人たちのがんばりはもちろんですが,やはり「科学研究」に関しては,
取組むきっかけ,取組み方,レポートとしてのまとめ・・・,場や機会の設定と日々の
支援が重要ですよね。
トークショー&サイエンスショーも,彼女たちのキャラクターが出てて微笑ましいものが
ありました。

【成人男性】
本日はすばらしい発表会に感激いたしました。
盛り沢山の数々の企画、年末年始どころではなかったことでしょう。
それにしても研究の幅が随分と広くなっており驚きました!思う存分楽しませて
いただきました。
小学生があそこまでやれるとは・・・。そして教え子が立派に羽ばたき成長している
姿にも感心させられました。 
発表した一人ひとりは、これからのグローバル社会にも立派に生きて行ける
楽しみな子たちと言えるでしょう。
発表会は、広島市全体の科学研究のレベルを、大いに高められたと言えますね。
「体験の風をおこそう」 今日の発表会はまさにぴったりでした。
自然での体験を通した研究を、小・中・高生が堂々とああした舞台で発表できる
機会が持てることは、子どもにとっては大いなる自信となることでしょう。 
今朝の読売新聞に、「大人になったらなりたい職業」の記事が載っており、
今回は「学者・博士」が男子の2位(前回8位)と出ていました。
今、科学への関心が高まりつつあるのは、ノーベル賞もありますが、
こうした地道な活動も大きな力となっているのでしょう。
本日は本当にありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後の方にまとめていただきましたね。
こちらこそ、ありがとうございました。

なお、このブログの1月7日以降のコメントにも、あれこれフェアの感想を
お書きいただいていますので、ご覧ください。

また、これらのご感想は実は一部でして、差し障りのなさそうなものを
挙げさせていただきました。

あしからず。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

実験体験コーナー その3

一昨日はベテラン選手、昨日は緊急参加、そして今日の記事は、子どもたちが
主催する実験体験コーナーの紹介です。

まず、写真から。

sizeretouchIMG_1869.jpg

上の写真は、「ちぢむプラ板」でネームプレート作りをやっているところ。

本来なら、キャラクターなどの下絵をたくさん用意してそれを写し取ってもらい、
裏返して自由に色を塗ってもらってから熱をかけて縮めるのですが、
今回はお客様にたくさんのブースを回っていただくという趣旨ですので、
文字とかんたんな絵だけのネームプレートづくりになりました。

簡単といっても世界に一つしかないのが出来ますので、けっこう人気でした。


sizeretouchIMG_1871.jpg

これは化学変化を楽しんでもらおうというコーナーです。

たんに色がかわるだけではおもしろくないので、ビタミンCの滴定。
つまり、ビタミンCが多いほどすぐに色が変わるという性質を利用して、
いろいろな野菜やジュース、ドリンクなどを試しているところです。

実験の結果を数字で表すことができるので、科学研究のテーマに
もってこいです。
ここで習得したノウハウを持ち帰って家庭でかんたんに実験できますので、
今年の作品にたくさん出品されるかもしれません。



sizetrimretouchIMG_1882.jpg


この部屋は、ほとんどがジュニアが企画し、運営するコーナーを並べ
ました。

奥の方には10円玉ピカピカのコーナーがあります。


今回、ジュニアに4つほどのブースの運営を任せたのは、たんに人手不足という
ことではありません。

幼児からお年寄りまで年齢差もあり、興味の度合いも知識も異なるさまざまな来客に
対し、わかりやすく手法を説明し、その結果を理解していただくためにいかにすっきりと
話すかという体験をさせたかったからです。

また、そのためには、何を用意し、どんな手順で進めるかを考えさせるのも
ねらいのひとつです。

あれを準備すれば良かった、こういう切り返しをすればわかってもらえたと、
あれこれ考える機会になったはずです。

やり終えて、けっこうぐったりきていたのは、それなりに大変いい教育の場に
なった証拠です。


お疲れさまでした。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

実験体験コーナー その2

昨日の記事は、いわゆる常連でベテランの方の持ち込み実験・体験コーナーでした。

今日は、異色のコーナーの紹介です。

実は、ポスターセッションが行われている部屋の中に、寄生虫のコーナーが
ありました。

身の回りにたくさんすんでいる寄生虫の標本をおもちくださり、顕微鏡で見たり、
お話を聞いたりできるコーナーで、標本だけでなく、模型やパンフレットなど
たくさんお持ちいただきました。

これは、わたしの知り合いの女性の獣医師さんと、そのお知り合いの獣医師さん(感染症の
権威とのことです)がわざわざ持ち込んでくださいました。


前日に、重くて大きなダンボールが宅配便でわたしの事務局に届けられました。
もうこの段階でわたしはわくわくして、おもわず開けてみたくなるほどでした。

そうそう、フェアに参加したお子さん用に缶バッジと、手作りのマグネットをたくさん
作って寄付して下さった方です。そういった小物もこの荷物に入っていたはず。

そして当日は海外旅行用のトランクをひっさげての登場です。

すぐにブースを開設していただき、店開きです。

開設直後、11:05の時の様子です。
すでにこんなにお客様がおいでです。


sizetrimretouchIMG_1857.jpg


この解説をなさっている方が、感染症の権威である獣医師の方です。
公的機関の元の所長さんです。

下の写真はちょうどお二人がお留守の時に撮らせていただきました。
あれこれ、所狭しと並んでいます。
実際に対応されているところの写真がなく、残念です。


sizeretouchIMG_1875.jpg


こわいもの見たさっていうこともあろうかとおもいますが、たくさんの方が興味を
もってくださったようです。


その後のメールでいただいた感想の一部を、引用しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェア、楽しくって楽しくって、一生のいい思い出になりました。

本当に気持ちのいい方との出会いをありがとうございました。
興奮さめやらず、今も心が熱いです。

しいて言えばもっと他のブースも見たかった。(たぶん他のスタッフと同じです。笑)

本当にありがとうございました。皆さんによろしくお伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらこそありがとうございました。
先生の心意気に感動です。

缶バッジもマグネットも人気でした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。



| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR