センダングサの1種

土手に群生していたセンダングサを1本持ち帰り、種子のかたまりの
部分をまずは双眼実体顕微鏡でみてみました。

どういうしくみで服にくっつくのか知りたかったのです。


種子の全体像は昨日の写真のとおりです。


sizeretouchDSC_5370.jpg


これが種子の先端部分です。

微細なトゲが生えているのは想像していたとおりでした。

オナモミのようなかぎ針の形かなあと思っていたのですが、なんと
釣り針のように、「もどし」がついていました。

それも、びっしりついています。



その先端部分をさらに拡大してみましょう。
これは、顕微鏡にカメラを取り付けて撮りました。


sizeretouchNew-Out99999_99998_20171021084805ecc.jpg



この鋭さにはびっくりですねえ。

くっついてやるぞという執念さえ感じます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

マテバシイ

去年、ある公園にマテバシイの実を取りにいったときは、すでに幼稚園児が
遠足でやってきて、ほとんど持ち去ったあとでした。


今年こそは先を越されまいと、大人げもなく幼児園児に対抗心を燃やし、行ってきました。
もちろん、園児のためにたくさん残しておきましたので、ご心配なく。


sizeretouchIMG_3835.jpg


地面に落ちて日が経つと、写真のように割れが入ります。

ですから、落ちてすぐのがいいですね。


sizeretouchIMG_3847.jpg


マテバシイの木の少し横を人工の小川が流れています。

「お池にはまってさあたいへん。」てとこでしょうか。


実は、マテバシイの実は、円筒形をしており、予想以上にころころと
転がっていきます。

このため、川にはまるものがたくさん出てきますが、ある意味
よく転がるということは、子孫をできるだけ広く分散させる
ということにもつながります。


鳥の卵の形はできるだけ転がらないように円錐形であり、ドングリは
できるだけ転がるように円筒形とか球形に近いものもあります。

形一つとっても、なかなかおもしろいものですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


浄水場のひび割れ

浄水場のプールでひび割れ発見。


jousui.png

jousui2無題


これを、中学生が追究しています。




size浄水池


・まず、表面の乾燥に伴って汚泥の表面が下がる(図左)。

・パイプに接していたところは水の吸着力で汚泥が付着しているため、
水位の低下とともに周囲が引きずられることによって亀裂が生じる(図中)。
パイプの周囲でも、表面の乾燥によって収縮が起こり、ランダムに亀裂が
生じる(図中)。

・さらに表面が乾燥することによって、最初の亀裂は長くなり、またその
亀裂の方向とはほぼ直角に亀裂が入る(図右)。これは、最初の亀裂で
亀裂の方向と垂直な方向のテンションやわらげられるが、亀裂と平行な
方向のテンションは保ったままである。したがって、次の亀裂は最初の
亀裂とはほぼ直角に入ることになる

いかがでしょうか。
なかなかの推理ですね。



美ヶ原の平原

昨日の記事と前後しますが、信州の美ヶ原の写真を1枚載せて
おきましょう。

とにかくはじめて来た人は度肝を抜かれる平原で、広さといい、
標高といい、緑の美しさ、森林限界のなんともいえない風景、
そして空気のおいしさ。

beyond description ですね。


sizeretouchIMG_3665.jpg

ずっと向こうに見える黒い点々は、牛たちです。

なぜかすべてオスでした。


牛が出たついでにいえば、写真のうんと左上に白い建物がかろうじて
見えますね。

ここのポイントの名称は、「塩くれ場」だそうです。

牛に塩を与える場所という意味。

たしかに牛たちが集まって、石の上にまかれた塩をなめています。


sizeretouchIMG_3661.jpg


ここで、「塩くれ場」という名称について、同行していただいたご夫妻から
教えてもらいました。

「くれる」という単語は全国的には「もらう」という意味ですが、信州では
与えるという意味もあるそうです。

ですから、牛に塩を与える場ということで全国的な言い方をすれば、
「塩やり場」となるのでしょうが、信州では「塩くれ場」となるのでしょうね。


旅をすれば、その土地の言葉の文化を知ることにもなるのですね。

けやきの巨木

まあ、これをごらんください。

けやきの巨木です。


sizeretouchIMG_3589.jpg


sizeretouchIMG_3591.jpg


松本市内のどまんなか、松本城のすぐ近くにありました。

松本神社と書いてあります。


400年の古木で、存在感ありあり。

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR