ケニア5 私の仕事

私が参加したのは、JICAのプロジェクトで、「ケニア中等理数科強化計画」。

英語でいえば、Strengthening of Mathematics and Science Education
in Secondary Schools Project です。
みんな、頭文字をとって、SMASSEと呼んでいます。

平成10(1998)年7月から平成15(2003)年6月までの5年間の
予定で始まったのですが、非常に高く評価され、つぎつぎと更新して
いまも続いています。

一言でいえば、ケニアの中等学校の生徒たちの、理科や数学の学力を向上させることが
目標です。
 (注;ケニアは8・4制ですので、後半の4年間、日本でいえば中3から高3までが対象です。)

そのためには、たんに中等学校の理科室を整備したり実験道具を買って与えれば
それですむものではなく、中等学校ではたらいている先生方に、年に1回(10日間程度)の
教員研修を実施することにより、ケニアの生徒たちにとって、理科や数学の学習が
より実りあるものにできるようにしよう、という考えのもとでのプロジェクトなのです。

現職教員のことを英語では、In-service training for teachers、略して
INSETと呼んでいます。

もちろんケニア全域に普及させるのが最終目標ですが、
とりあえず、約70ある県(District)のうち、当時は11の県が対象として
選ばれていました。
その後は、対象がもっと広がっているはずです。

システム


赤い部分が、この対象の11県を示し、その下にあるクラスターと書いた緑の部分は、
日本でいえば郡や市。

黄色い丸が、学校と考えてください。

ピンクのところにC/Pとあるのは、カウンターパートといって、
要するに専属の現地スタッフです。
当時は23名いました。
当然、このC/Pに選ばれるのは、ケニアの理科教師の中の
エリート中のエリートです。

図の中で、KSTCとあるのは、ケニア理工科大学のことで、この敷地に、
このプロジェクトの事務所や研究室がありました。
KSTC敷地

しかし、ふだんはここの大学生や大学の先生とはまったくかかわりはなく、
唯一、年に1回の教員研修を行う際に、寮や教室を借りて研修を進めるのです。
したがって、長期休業中にしか研修はできません。

図の青い部分が日本人のチームです。
一番下の短期専門家のはしくれに、私も入れてもらったのです。

執務室は物理教育の研究室でした。
下の写真は物理のC/Pたちです。

なつかしいなあ。
もう9年前のことですが、みなさんの名前、すべて覚えています。
みんな元気にしている?

物理カウンターパートたち

朝、日本人スタッフと顔を合わせたあと、研究室に移動します。

彼ら物理のC/Pたちと接する時間が最も長かったのですが、
もちろん化学や数学、生物の研究室にも行き来しましたので、
けっこうみんな知り合いになりました。

先に述べたように、これらC/Pたちは、年に1回の中央研修を担当します。

この研修を受けた先生方が、それぞれの県に持ち帰って、そこで
研修会の講師(トレーナー)をします。

さらにそこで学んだ先生方が、郡市で研修会のトレーナーになります。

要するに、乱暴な言い方ですが、伝言ゲームの要領で末端まで行き渡らせようという
しくみです。


ケニアでは、大学も中等学校も、4月と8月と12月が長期休業です。
それぞれ1ヶ月間あります。

言い忘れましたが、中等学校のほとんどの学生は、寮生活をしています。
(日本のようにきめ細かい交通手段はないし、あってもお金がかかりすぎます。)

したがって、長期休業中はみんな自分の郷里に帰るので、寮がまるまる空きます。
そこを受講者の先生方の宿舎として活用するのです。

私に科せられた職務は、

1 地方を巡回し、それぞれの施設・設備を視察し、
 また、トレーナー会議に出席して、地方INSETの
 円滑な遂行のために助言すること。

2 日本の教育制度や教育行政、現職研修について、
 中央のC/Pの皆さんや、教育省の視学官に講義をすること。

3 C/Pと日ごろ接しながら、現状のシステムについて取材し
 課題を見いだし、助言すること。

おそれおおい職務内容ですが、私なりにいっしょうけんめい
つとめさせていただきました。はい。

スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR