羽化、交尾のあとはすぐに産卵

カイコが羽化すると、すぐに雄と雌が互いによりそい、交尾に至ります。

昨日書いたように、そのままでは自分たちで離れることができませんので、
3時間ほど経過したら、両方の羽根を引っ張るようにして離してやります。

元気のいいオスは、すぐにまた別のメスを探して交尾に入ります。

交尾を終えたメスは、数時間で産卵が始まり、翌日までに500個ほどの
卵を産みます。

メスのカイコガと卵

紙の上にメスのカイコガを置き、底の抜けた紙コップをかぶせておくと、
円形の中にきれいに産卵してくれますので、あとの処理が楽です。
飛んで逃げることはありませんので、ご心配なく。

カイコの成虫は、羽化した後、いっさい飲み食いしません。
産卵の大任を終えたら、しばらくして息を引き取ります。
成虫の寿命は、数日です。

産卵された卵は、外から見たのではわかりませんが、ふ化に関して3種類が
含まれているとお考えください。

1 産卵後2、3日後に黒い色がついた。

  これは、越年卵といって、冬を越さないとふ化しません。

2 産卵後2,3日たっても黄色のまま。

  2の1 未受精卵の可能性があります。
      10日以上待っても変化がなかったら、未受精卵と
      考えて下さい。

  2の2 受精していれば、10日ほどでふ化します。非休眠卵といいます。
      産卵後8日目あたりで、卵が青くなりますからわかります。

おもしろいことに、「1」の越年卵を冷蔵庫に2ヶ月ほど入れておくと、
越冬したことになり、冷蔵庫から出して2週間ほどすればふ化します。
 
このように、カイコの観察では、モンシロチョウと違い、成虫の
交尾、産卵、ふ化が、楽に観察できるのです。

とはいえ、小学校では、産卵までで止めた方がいいでしょうね。
そのまま夏休みになるので、ふ化してしまうと世話が大変です。
子どものいないところで、焼却処分がいいでしょうね。

いま、わたしのところでは、どんどん羽化が始まっています。
立ち寄った人は、羽根をうちふるわせる雌雄のようす、交尾、産卵の過程を
固唾を呑んで見ています。

生命の神秘さをやはり大人でも感じるのでしょう。

マユは、結局、黄色、オレンジ、ベージュ、緑それに白が出ました。

カラフルマユ

今日、マユの足場作りに使った真綿のような糸をマユからはずしました。
これを毛羽(ケバ)といいます。
カラフルマユでも毛羽はほとんど白ですが、多少色が付いたものもありました。

毛羽

ほんとうにいい感触です。

こうして、ようやく終末が見えてきました。


カイコを差し上げたあるお母さんからメールをいただきましたので、
ご紹介しましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頂いたカイコは全て繭になって、食事のお世話からもやっと開放されました。(笑)
繭はとってもカラフルで本当に綺麗ですね。
繭を作っている姿は本当に神秘的でいつまで見ていても見飽きることはありませんでした。
最初は正直気持ちの悪かったカイコも、最後には愛おしく思えて…
繭を作る姿を見ながら、お別れなんだ…と、ちょっぴり切なくなりました。
親子共々貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正直な気持ちが書かれています。
おとなでも、こんな気持ちになるのですから、
子どもたちは、きっとカイコの飼育を通じていろいろな
心の動きを体験したことでしょう。

こんないい教材、ほっておくことはないですよね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※おもしろかったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みに
なります。
スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR