ヤマトオサガニの発音器

ついに大晦日を迎えました。

天気は良く、大掃除をしなくて良いのならカメラを持って飛び出したいところです。

昨日顕微鏡用アダプターを試して、今後いろいろマクロ写真が撮れそうな予感がしました。
すぐ出せるところに置きましたので、ご期待下さい。

ところで、あいかわらずカニの音を出したり聞いたりする構造が
気になっています。

昨日、棚を整理したら、ヤマトオサガニをポリエステルで固めた標本が
あることに気付きました。

乾燥標本を封入したものですから、生きた状態とはほど遠いのですが、
構造は見えるはず。
透明度が100パーセントでないので、不安はありますが、撮ってみました。

これは、顕微鏡も双眼実体顕微鏡も使っていません。

キットでついていた長い方のズームレンズに、接写リングをすべて動員して撮りました。

目を収めるくぼみの前縁と後縁に一列ずつ、あるある。

しっかりぎざぎざが刻まれています。

深度合成写真にして載せておきます。


ヤマトオサガニ

甲の左右の両縁にもぎざぎざがあります。
これらが発音装置かどうかはなんともいえませんが、構造があることがわかっただけでも
収穫です。


ハサミ脚の付け根には、長い毛の束がみえます。
歩脚の付け根にもあります。
この役割はわたしにはわかりません。

ハサミ脚の前節の内側には、丸い半透明な構造がみえます。
可動指が出ているところです。両方のハサミ脚にありました。

鼓膜のようにも見えますがなんともいえませんねえ。

他の歩脚には、鼓膜らしい構造はあいにくみあたりませんでした。
やはり生きた個体をじっくり観察しないとだめですね。
これも課題です。

春になったらやらなければならないことがどんどん増えていきます。


気力体力をつけて来年もマイペースでがんばりたいとおもいます。

読者の皆様も、どうぞよいお年をお迎え下さい。
いっそうのご多幸を祈念いたします。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR