ゴホントゲザトウムシの幼体

ゴホントゲザトウムシについては、これまで何度か記事を
書いています。

興味をお持ちの方は、このブログの右上の「検索フォーム」に
「ゴホントゲザトウムシ」と打って検索してみてください。

きれいな重厚な虫で、わたしののお気に入りです。

しかし、実にせわしない虫で、ずっと歩き回っており、なかなか
立ち止まってくれません。

したがって、撮影にはけっこう苦労します。


昨日、広島市の近郊で里山で、幼体を3匹発見しました。
聞いていたとおり幼体で越冬することが裏付けられました。

もちろんわたしは幼体を見るのは初めてです。

体長は2ミリメートルほどです。


sizeretouchDSC_0089.jpg


撮影をしていると成体同様せわしく歩き回り、けっこう疲れました。


実は、この日、カメラは持ち出しましたが肝心のストロボを
携行するのを忘れました。

そこで、カメラに内蔵のポップアップストロボを使うことで
その場をしのぎました。

ポップアップストロボの場合、被写体に近づきすぎるとレンズの先が
影を作ってしまいます。

短い焦点距離のレンズを使うと、画面の半分くらいが影になります。


そこで、少し長めのレンズを使いました。

古い古いレンズですので、もちろん露出はマニュアルしか受け付けません。
ストロボのTTLももちろんだめ。

ディフューザーもありませんでしたからダイレクトにストロボの光が
当たってしまい、虫の体の下側にみにくい影がでました。

まあ、緊急措置ですので許してもらいましょう。

その代わり予想外のメリットもありました。
脚の影もしっかり出たことによって、両方の第二歩脚が
地に着いていないのがわかるという予想外のメリットもありました。
そんな画像に動きを感じてもらえたらとおもいます。


とにかくじっとしていない虫なのです。

誰ですか、誰かさんに似ているなんて言ってるのは。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR