生きものたちへの土砂災害

毎年プラナリアを採集するために出掛けるところがあります。

子どもの頭ほどの石をひっくりかえせば、ほぼ確実に発見できる
私にとってはとっておきの場所です。

今日は、中学生とともに行ってみました。

sizeretouchF1000012.jpg

と、愕然。

これまで浮き石だらけだったところが、完全に砂に埋まっているではありませんか。


sizeretouchF1000015_20160701023345202.jpg


いつもなら、この四角いマスの中で、簡単に石をひっくり返してあっという間に
何匹も見つけることができたのです。

ところが、近づいて見ると、こんな状態。
草まで生えています。

sizeretouchF1000017_201607010233466db.jpg


いやー、びっくりです。

先日の大雨で上流の山から土砂が流れてきて、ここに溜まったのでしょう。

ほとんどの石はまったく動かせませんでした。

ということは、石の下に生息するプラナリアや水生昆虫は、絶滅です。

流れがおだやかな脇の方にわずかに浮いた石がありました。
ここにはたくさんの水生昆虫がちょろちょろと石の裏から見つかり、
目的のプラナリアもたくさんいたのでした。


本来なら上流から下流まで浮き石があちこちにあり、豪雨があっても
土砂は集中的にたまることなくそこそこ分散して堆積し、しばらくすると
流されていたのです。

ところが、この小さな河川では、上流から下流まで、完ぺきに川底に
コンクリートが敷かれ、すべての土砂がこのマスに流れ込むという
最悪のシナリオ。

この溜まった砂が流され、ふたたび石が浮くのは当分先のことでしょう。

それまで、脇の小石の下でプラナリアたちが生き存えてくれたらいいのですが。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR