アカテガニの赤い色

アカテガニという有名なカニがいます。

小学生の低学年の子でも、名前は聞いたことがあるはず。
赤い手をしたカニですよね。


sizeretouchDSC_3172.jpg


たしかに赤いはさみ脚をもっていますが実ははさみ脚の先端部分は
白いのです。

それに若い個体では、体も赤くなく、場合によっては黒褐色ってことも
ザラです。

アカテガニが真っ赤なはさみ脚をもっていたり、体が赤いというの
は誤解ですので、どうぞお間違えのないように。

唯一のアカテガニの特徴は、甲にニコちゃんマークがあることです。
ニコチャンガニという命名であれば、誤解も少なかったとおもいます。



それにしても、なぜこんなに目立つ色をしているのでしょうか。
鳥などにねらわれやすいはずですよね。


ひとつには、ケバイ色合いを出すことによって、逆に敵を威嚇する
効果があります。
たしかに地味な色合いの干潟や岩の割れ目で突然真っ赤なアカテガニが
現われたらびっくりしますよね。


もう一つは、メスに対するアプローチ。

もしそうだとすると、捕食者に見つかりやすいというリスクを負いながらも
メスにアプローチしたいという欲求が赤い色を進化の過程で身につけた
ことになりますよね。


実際の理由はわかりませんが、極端な色合いのことをじっくりと考えると
生きものたちの繁殖戦略、あるいはもっと大きな進化について、結局は
言及していることになりますよね。


あれこれ、考えることで、素人なりに充実した時間を過ごせることが
何よりの楽しみです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


スポンサーサイト

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR