FC2ブログ

魚の研究

今年は、指導した科学研究の評価がことのほか高く、喜んで
います。

カニの毛の研究が学会やら科学賞やらでもてはやされて
目立ったのですが、それはそれでありがたいことだとおもいます。

しかし、目立たなかったなかでも、ひときわ光ったのが、K君の
魚の研究でした。

彼は、まじめでおとなしく、じっくりと取り組むことのできる中学生です。


年度当初にあれこれ議論しながら、今年のテーマを、魚類の
警報物質に定めました。。

魚類は言葉が話せませんから、コミュニケーションは体の動きか
色の変化、あるいは、何か物質か音によるのではないかという
想定から、物質に注目して研究をはじめました。

特定の魚類のウロコの下には警報物質があり、危機が迫ると
その物質を放出して仲間に知らせるということはすでに知られて
いました。

それを実際に取り出して、実験してみようということになったのです。

あれこれ苦労を重ねたのですが、まず、動画をご覧ください。

ここで、動画を入れようとしたのですが、以前と同様、うまく
アップできません。


明日にでもまた挑戦します。


ともあれ、いろいろな魚種に対して、ウロコの下の警報物質が
あるのかないのか。あるとしたら、どの魚種に効果があるのかを
じっくり実験を重ねて解明しました。

あいにく彼は高校受験を控えているため、実験をまとめるところまでは
いきましたが、口頭発表は今年はできません。

おそらく来年ちゃんとしてくれるとおもいます。


地道に努力を重ね、新しい知見を得ることができ、そのため
見事に旺文社学芸サイエンスコンクールで全国2位の評価を
受けました。

3月の表彰式に招かれています。

じっくりと積み重ねることで、大きな成果を上げることができる
典型的な例だとおもいます。

じゃすふぁ当日は受験のため参加できませんが、ポスターは
作ってくれました。

そのポスターの前で、警報物質に反応する魚たちの動画を
流してくれることになっています。

これ、必見ですよ。お楽しみに。

スポンサーサイト



| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR