FC2ブログ

アメンボはいつ冬眠するのか

中学2年生の女子二人が、アメンボの研究に携わっています。

アメンボたちは、夏の間は正の走光性をもっていて、空中から水面を
探すのに、水面の反射光を利用していると考えて実験してきました。

捕まえてきたアメンボを暗闇の中で実験してみると、たしかに光源の方に
進みますし、片眼をマスカラで黒く塗るとその反対側に体を向けました。

これは、両目で均等に光を受けようとする反応であり、そうすることで、
必ず光源の方向に進むことが出来るからだという仮説をみごとに
証明しました。


問題は、冬に越冬するときにこの正の走光性が邪魔になります。

落ち葉の下などの暗いところに入り込む必要があるからです。

彼女らは、おそらく秋から冬にかけて走光性が正から負に逆転する
はずであり、その時期を解明しようと考えています。

つい先日、アメンボがまだ水面にいるかどうか確認しに行ってきました。



sizetrimretouchP9270046_20180930211723bff.jpg


いました、いました。


ところが、おっと、夏の様子とは少し違います。

橋桁の下にたくさん群れていて、日の当たるところには少ないのです。


sizeretouchP9270050_201809302117224a7.jpg



ひょっとしたら走光性が正から負へ移り変わるの前兆ではないかと
おもいました。

真相はよくわかりません。

今後観察を続けてみる必要がありそうです。

もちろん、タイミングを見て彼女らは実験を開始するとおもいます。

結果はどうぞお楽しみに。








スポンサーサイト



| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR