FC2ブログ

オカヤドカリ

南の島の浜に出かけて真っ先にびっくりすることは、海の青さでもなく、
砂の白さでもありません。

いたるところにオカヤドカリがいることです。


ヤドカリは広島県の浜や磯でいくらでも見ることができますが、オカヤドカリ、
つまり潮間帯よりも上で生活しているヤドカリは、本州に住む人にとっては
ほんとうにびっくりちゃんです。

昼間でも、浜でかさこそと歩いているのですから。

下の写真は、ムラサキオカヤドカリです。



sizeretouchDSC_7484.jpg



彼らが歩いた後は、ちょうどキャタピラーの跡のように砂浜にくっきりと残されています。

ですから、それをたどっていけば本体に出会えるわけですね。


そして、なんと、こんなに普通に見られる生き物が、天然記念物に指定されているのも
びっくりです。


これは、昭和45年に小笠原諸島のオカヤドカリがまず天然記念物に指定されたことに
始まります。
本土ではまったく見られない貴重な生物として指定されたのでしょう。



この時、沖縄は日本に復帰していませんでしたので、簡単に行けるところでは
なかったのですが、昭和47年に復帰したので、同様に天然記念物の扱いを受けることに
なります。


ところが、沖縄では、それこそどこの浜にもみられるほど普通種で、釣り餌に使われて
いたほどです。

それを供給する業者もたくさんあったとのことです。


ですから、沖縄の人は、びっくり仰天というか、困惑したのです。


流石にこれはまずいということで、「一部地域の指定業者に限り、時期・量を限定する」
ことで、捕獲を認めることになりました。


その方々が採取したものが、本土のペットショップで売られています。


かくして、天然記念物が販売されているという奇妙なことになっているのです。


とはいえ、一般の人があらゆるオカヤドカリを採るのは禁止です。


そのおかげで、彼らはのんびりと、南の島の浜をさまよい、時にたたずみ、
愛らしい大きな瞳と、おしゃれなオレンジのひげをプルプルさせながら、ものおもいに
ふけっているのです。



スポンサーサイト



| NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR