FC2ブログ

大柿町海辺の生き物調査団の活動方法

2000年1月から始まり、2002年2月に終了した調査団の活動で
最も大きかったのは、カブトガニの産卵の発見やトゲクリガニの
生息の発見もさることながら、やはり多くの町民を巻き込んだ
調査の仕方そのものでした。


調査開始からわずか5か月後に、小・中学生サミット in OKINAWA に
中四国代表で参加した大柿中3年のTさんが語ったように、地元の
自然環境を把握し、課題を見つけるために集まったのが、4歳から
82歳までの133人。
調査団を終えるころには、さらにメンバーは増えました。


新聞に載ったりテレビに出たりしたものですから、調査団のメンバー
だけではなく、一般の町民の方も日頃から活動に関心をもってくださる
ようになり、事務局に珍しい生き物が持ち込まれるようになってきました。


そのきかっけは、わたしのこだわりで、毎月2回、ニュースレターを発行した
ことでした。

調査団がなにをめざし、なにをやっていて、これから何をしようとしているのか、
町民の皆さんに知ってもらい、協力を呼び掛けるチラシです。

このニュースレターは、当初、各町内会に一部配布し、回覧板で回してもらおう
というつもりでした。


ところが、当時の沖元義彦教育長がすぐさま、全戸に配布しようと提案して
くださったのです。


これは大きかったですね。

毎月2回、A3サイズの両面印刷のチラシ、つまりA4 判でいえば4ページ分の
記事が町内のすべての家庭に届けられたのです。


調査団終了時には、51号に達しました。


そしてそのニュースレターは、調査団の貴重な足跡として、「海辺の生き物
調査団 その歩みとドラマ」として、ふたたび日の目を見ることになったのでした。


スポンサーサイト



プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR