FC2ブログ

モクズガニが脱走

モクズガニをもらい受けて、飼育しています。

一部は、エラの研究のために標本にしています。

残りは、カニの行動研究チームが迷路実験をしようとしていますので、
なんとか長く飼育しなくてはなりません。

そのためには、できるだけ広い飼育槽に置き、水のコンディションが下がら
ないように、頻繁に水替えをする必要があります。


そこで、水槽など大物を洗うために置いているトロ船を飼育槽にすることに
しました。

トロ船とは、左官作業をするときに、セメントをこねるのに使うプラスチックの
コンテナーのことです。



sizeretouchP2160004.jpg


このトロ船は、先ほど述べたように、大型水槽などを洗うのに使っています。

そのために、横に穴を開け、排水管を連結して下水に流せるようにしています。



sizeretouchP2160005.jpg


sizeretouchP2160006.jpg


この排水孔を作っているおかげで、水替えが非常に楽なのです。


しかも、孔のある側の辺の下に角材を置くことで孔の位置を高くできますので、
傾斜を作れ、それによって水深が調整できます。



sizeretouchP2160001.jpg


普段は、脱走を防止するためにこのように4辺にプラスチック段ボールをかぶせて
います。


今日、この段ボールをはずして水替えをしているときに、たまたま電話がかかり、
ほんの数分話し込んでいたところ、見事に脱走されました。
しかも一番小さい個体です。


このトロ船の高さが23㎝もあるのに、いとも簡単に脱走したのです。


油断大敵とはこのことですね。


幸い、すぐに気づいて保護しました。


まさに忍者のようなカニです。


スポンサーサイト



プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR