顕微鏡写真撮影装置

顕微鏡写真を撮るためのアダプターが壊れました。

カメラと顕微鏡を接続させる道具で、シャッターも
兼ねていました。


片方を顕微鏡の鏡筒にはめます。
反対側はニコンのマウントとなっていたので、
これに一眼デジカメを装着して使っていました。

カメラは、一昨年買ったD5100ですが、このアダプターは年代物で、
もうかれこれ40年くらい前の物です。


シャッターをチャージするたびにギシギシと不気味な音を
立てており、だましだまし使っていました。

中学生が写真展に発表した薬品の結晶は、すべてこの装置で撮ったものです。


このアダプターがついにシャッターを閉じたまま開かなくなりました。

おそらく修理が出来る人ももうメーカーを退職し、部品もまったく
残っていないと思われます。


暇なときに自分で分解してみようとおもいますが、当面顕微鏡写真が撮れないと
なにかと不自由です。


新品はかなり高価なものですので、なかなかすぐに購入とはいかないので、
こんなときは、貸してくれそうな人を探します。


ありがたいことに、1年間貸してあげるという方がいました。

それも、双眼実体顕微鏡とデジタルカメラ、そしてそれらをつなぐ
アダプター込みです。

付属のデジタルカメラは10年前のもので、当時は最高画質を誇っていたのですが、
実は約500万画素と、今では携帯電話のカメラより低いのです。

が、ぜいたくは言っておれません。


昨日、引き受けに行ってきました。


たったいま、二千円札を撮ってみました。


sizeretouchP1010020.jpg

sizeretouchP1010017.jpg

sizeretouchP1010011.jpg

sizeretouchP1010004.jpg


大きく引き伸ばしをしない限り、十分です。

お借りしている間に、たくさんあれこれ撮ろうとおもっています。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ION : 2013/08/24 (土) 18:37:22

私はアダプター購入であきらめて、いまだに顕微鏡写真はとれません。
あまりレンズがくり出さないタイプのコンデジ用のアダプターでも、
コンデジ2台分くらいの値段がして、
納得できずに買っていません。

私はスクーティストさんのように、すごい写真は
撮れませんので、
液晶モニターに映しだして、見ていただくだけで
仕事上は足りているのですが、
それではいけませんね~。
学会発表でもするつもりで、頑張らないといけませんね。
子ども達に負けてしまってます(笑)

スクーティスト : 2013/08/24 (土) 23:25:02

コメントありがとうございます。

そう、アダプター高いですね。
中にレンズが入っていますからね。

安くすまそうとすれば、顕微鏡の接眼レンズの
のぞき口に、コンデジのレンズを当てがい、
ズームの調整をテレ側にすればそこそこ撮れなくは
ありません。

ただ、画面が丸くケラれたりピントが合わなかったり、
手ぶれその他問題がたくさん生じます。

もっと多くの方が興味を持ってくださるとどんどんと
安くなるのですが、顕微鏡が普及していない以上それは
望めませんね。

知り合いにお古をもらうのがいいと思います。
いえ、それしか思いつかなかったものですから、、、。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR