ハエトリグモの眼その3

ストロボのおかげで生きたハエトリグモのクローズアップ撮影に
成功したところで、やはり眼が8つというのを示しておかないと
落ち着きません。

ところが、いざあらためて撮影しようとおもっても、部屋の中に
ハエトリグモがなかなか見つかりません。
今朝は2,3匹いたのですが。


ようやくみつけたのは、幼個体でした。
おそらくこれも、昨日撮影したのと同じ種類のアダンソンハエトリで
あろうとおもわれます。


この幼個体、待っても待っても立ち止まってくれませんので、
やむなく動きを抑えました。
アルコールで少し酔っぱらっていただいて撮ったのが下の写真です。

彼には、これから成長してもらって、コバエのたぐいを食べてもらわないと
いけないので、殺すわけにはいきません。


撮影は、双眼実体顕微鏡を用いました。

まず、幼個体の全体像です。

ピントの深度が浅いので、脚の先は見えませんね。

アダンソンハエトリ幼個体


倍率を上げてみました。

アダンソンハエトリ幼個体


4本の矢印は、左側の4個の単眼を示しています。

頭部の周囲に8個もの眼をもっているのです。

この眼によって、彼らは実に的確に獲物に飛びかかり、
確実に仕留めます。


わたしたちにも頭のまわりに8個ほど眼があれば、
どんなに便利なことか。

車の運転など、楽になるでしょうねえ。

それとも気が散漫になって返ってあぶないのでしょうか。

2個くらいがほどほどなのかもしれませんね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

ION : 2013/09/13 (金) 14:34:17

2個でもあっちきょろきょろ
こっちきょろきょろ、困っていますから、
私には不必要です。

この頭はどうしたんですか?この形。
上の写真など、木の臼の漫画のキャラクターみたいです。
しかも上の目はちゃんと上空を見てるんですね。

八つの目から得た画像を、脳がどのようにキャッチして
どんな画像に見えるのか、見てみたいです。
一組一組の目の度数みたいなものや、見える物が
違うんでしょうね・・・。

スクーティスト : 2013/09/13 (金) 23:37:08

コメントありがとうございます。

どうですか、この「眼が8個」ということ。

学校では、「肉食動物は頭の前方に目が並んでいて
獲物との距離を測るのに適している。草食動物は
頭の横の方に目があって、周囲をよく見て敵を発見
するのに適している。」なんて教わっています。

クモの場合、どう説明するんでしょうかね。

いずれにせよちゃんと獲物を捕らえていますから、
眼からの情報は頭の中できちんと整理されていると
おもいます。

おそれいりますね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR