バッタのお顔

バッタを捕まえてきました。

単眼がどこに何個あるか調べるためです。


正面から見て縦に長い四角形のお顔は、典型的な草食動物ですね。
口が横に平べったくなっていて、草を食べやすいのでしょう。

それにひき替え肉食のカマキリは逆三角形ですね。

カマキリはいずれ登場するとおもいますが、とりあえず今日は
バッタです。


sizeretouchNew-Out99999_99998_20130928230114fd8.jpg


ありましたねえ。
顔の正面に三つ。

明暗を感じているといわれている単眼。
なぜ3つなのか、何度も何度も考えるのですが、
うーーん、わかりませんねえ。

おそらく、あくまでもおそらくですが、上の2個で
空の方の、下の1個で地面の方の明暗を感覚し、
上下を認識しているのでしょうか。

上に2個あるのは、きっと左右の明暗を捕らえているのでしょう。


部屋の中でセミを放すと、窓の方に飛んでいきます。

セミも同じように3つの単眼を持っているので、きっと
明るい方向がわかるのでしょう。

上下2つでは左右の明るさの違いが、左右2つでは上下の明るさの
違いがそれぞれ認識できません。

やっぱり最低3つ必要なのでしょうね。

昆虫といえば、羽根をもっているのが大きな特徴で、
これは、飛ぶということにつながります。

飛びながら瞬時に周囲の様子を捕らえるには、複眼だけでは
足りないのでしょうね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR