昆虫少年誕生

先週、小4の男子に展翅の仕方を教えたところ、早速週末にバッタと
スズメバチとガをゲットしたという電話がありました。

とりあえずビニル袋に入れて冷凍庫に保存し、今度もってくるように
指示しました。

今日、うれしそうに持ってきましたね。

なかなか見所があります。


早速展翅・展脚ですが、あいにくバッタは冷凍庫に入る前に暴れた
ようで、脚が3本と触角が1本はずれていました。

ガは乾燥が進んでいて、翅がうまく開きません。

また、スズメバチは、学校の体育館の隅に落ちていたもののようで、
これもパリパリでした。

とはいえ、彼にとって自力で集め、自力で展翅・展脚した最初の標本に
なりますので、翅が上がりきりませんがガは展翅に挑戦してもらいました。

またスズメバチはなんとか瞬間接着剤で胴体を針に固定し、バッタは脚と触角を
おなじく瞬間接着剤で胴体にくっつけ、それぞれ展脚してもらいました。


sizeretouchR0014899.jpg


小4の子にとってはただでさえ難しい作業ですが、そういった条件の良くない
材料でしたので、ことのほか苦労していました。

ただ、この苦労が大事ですね。


ラベルもていねいに書かせました。

これまでノートに字を書くときは、字のていねいさは問わないことに
していましたが、今日は、「誰でも正しく読めるように」と、何度も
書き直させました。

ラベルは誰が読むかも知れず、誤まって読まれるとたいへんな
影響を与えかねないことも伝えました。


その後、紙の箱を標本箱にする作業をしました。

ダンボールを両面テープでとめて底板とし、箱の隙間をガムテープで
目張りし、シバンムシなどの標本を食べる虫が入りにくいように
しました。


そして、先週展翅した蝶の標本と、展脚してあったバッタやハチの標本を
ラベルをつけてその箱に収めてもらいました。

彼にとって、生まれて初めてのマイ標本箱です。

うれしそうに持って帰りました。

明日、ナフタリンを買いに行くことでしょう。

また、図鑑やインターネットで種名を調べ、ラベルを完成させる
ことでしょう。


いまの時代、絶滅危惧種といわれる昆虫少年が誕生しました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kay : 2013/10/17 (木) 19:40:58

絶滅危惧種の母です(^^)
ご指導ありがとうございます。

子どもの頃、「昆虫最終セット」があこがれでした。
買ってももらえず、図鑑でみるだけの三角紙、展翅板、虫ピン、憧れでした。
家にあるモノでまねごとをしてみたものの、
図鑑には「なぜ」そうするのか、「どうやって」そうするのかが書いてありませんでしたから、「羽を広げます」とか「胸にピンを刺します」とかしかわからず。
それに、当時の田舎の子どもが買ってもらえる昆虫図鑑には、
身近に採れる昆虫もすべては載っていませんでした。
結局、わけのわからないムシの死骸が積み上がっただけで終了(笑)。

今、「昆虫少年」を育てることで、
結局かなうことがなかった私の憧れは、結実したのかもしれません。

本人も、興奮してあれこれ話してくれました(^^)

これからもよろしくお願いします m(_ _)m

スクーティスト : 2013/10/18 (金) 01:12:40

コメントありがとうございます。

このコメントをいただいたのを知らないままに
今日の記事を書いてしまいました。

昆虫少年を育てるだけでなく、どうぞ「昆虫マダム」として、
ライバルとともに歩んでいただけたらとおもいます。

こんど虫取り、誘いますね。

kay : 2013/10/18 (金) 10:03:40

ご紹介いただきお恥ずかしい限りです(>_<)

昆虫マダム・・・・いやいや、まだココロは昆虫少女ですから(笑)!

虫取り、是非お供させてくださいね(*^_^*)

スクーティスト : 2013/10/18 (金) 17:08:33

コメントありがとうございます。

最初のメールのお返事もまだ書いていないのに、
すぐさまコメントいただき恐縮です。


「ココロが少女」っていいですね。

それをいつの間にか忘れるんですよねえ。


その点、わたしなど、少年の心をずっと
持ち続けて、いまだに虫やカニを追いかけ
まわしていますから、なかなかでしょう。

ただし、ネットを持って道路を歩いていると、
さすがにへんな顔をされまので、山に入ってから
ネットを広げます。

虫も少なくなり、昆虫少年、少女が育ちにくい
時代になりました。

こんど御一緒しましょうね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR