小学校で行った液体窒素の実験

昨日、広島市西区内のある小学校で科学実験を演示しました。

時間は10:30から12:05までの1時間35分です。

内容は、液体窒素を使った実験に絞りました。


子どもたちは酸素や二酸化炭素は知っていても、窒素についは
ほとんどの子が知りません。

ですから、まず

「空気が100あるとするとそのうちの80ほどが窒素で
20ほどが酸素。二酸化炭素は1もないんだよ。」

というあたりから切り出し、生物体をつくる重要な
原子であることをこどものことばで説明します。

つぎに、液体窒素です。

三態の変化は小4で出ますが、まだそこまで習っていなかった
ようでしたので、ハンドアウトに書いておいた図で説明
しました。

三態変化


さらに、液体窒素が爆弾の処理に使われたり、イボを取る手術にも
用いられことにも触れました。

子どもたちは、よく聞いてくれてはいましたが、まあ、予想どおり
ここまではシーンとしていましたね。

保護者席では首をたてに振ってくださってた方も幾分いらっしゃいました。

ここで、冷え込んだ客席相手にとどめを刺すかのごとく、危険防止の
話をします。

水分があるものに液体窒素がかかると、瞬間的に凍りついてしまうとか、
服や靴下にかかるとしみこむので凍傷になるとか。

この段階でチャラチャラしている子が一人でもいたら、さらに追い打ちを
かけるのですが、その心配はありませんでした。


「さあ、実験だ。」

と、わたしだけ一転陽気になるのですが、会場がついてきません。

液体窒素を入れたタンクをやおら持ち上げ、傾けます。
白い湯気があやしげに出ると、前の方の子は尻込みです。


液体窒素をヤカンに入れてふたをし、白い蒸気がまさに湯を沸かした
ときのようにシュンシュンと出た段階で、ようやく笑顔が出ました。


「床にまくとどうなりますか?」

と三択問題を出したあと、実際にまくととたんに盛り上がりました。

液体窒素が丸い小さな玉になり、どこまでもころがっていくのですから。

この場面の写真がないのが残念です。


「風船を液体窒素に入れるとどうなりますか?」

の質問には、割れると答えた子が多かったですね。

下の写真をごらんください。
耳に手を当てている子さえいますね。


sizeretouchR0014919.jpg


実際に、ペンシルバルーンをゆっくり液につけていくと縮んで
しまいます。

そして、その底になにやら液体がたまります。
これが液体酸素ですね。


もっとも盛り上がったのは、フィルムケースに入れたティッシュに
液体窒素をしみこませてふたをする実験。

大きな音が苦手のわたしは、心なしか腰が引けていたかも知れません。

ふたをしてものの数秒で大きな音をたて、ふたが天井めがけて
高く飛んでいきます。

みんな天井の方をみつめていますね。

sizeretouchR0014921.jpg


シャボン玉を凍らす実験ではストローを持っていくのを忘れたり、
風船を飛ばす実験ではフラスコからうまくはずれてくれなかったりと、
少しばかり失敗もありましたが、子どもたちは、楽しく過ごして
くれたのではないかとおもいます。

これを期に、科学に対して興味をいっそう深めてくれたらと
願います。

三択問題24問の解答と、その理由を別のハンドアウトにして
渡しました。

その日家に帰ってから、それを見ながら家族で話題になるといいなあと
おもいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR