ヒトハリザトウムシの標本写真

昨日の続きです。

なんとかヒトハリザトウムシの背中のトゲというか針というか、
それがよくわかる生態写真を野外で撮ることができました。

そういえば、標本があったはず。

引っ張り出して、双眼実体顕微鏡で撮ってみました。

sizeretouchP1010013.jpg

sizeretouchP1010014.jpg

上の写真をみると、つぶらな瞳ですね。

その瞳のまわりにも小さなトゲが並んでいますね。
つけまつげに見えません?
なかななおしゃれです。


下の写真は、正面から見たところです。

このままでは身体の一部にしかピントが合いませんので、たくさん撮って
深度合成してみました。


sizeretouchNew-Out99999_99998_20131029005134e40.jpg


体表のゴワゴワ感が伝わりますね。

歩脚の下の部分は、まるで無精ひげが生えているような感じです。


つぶらな瞳に無精ひげでは、正直何とも絵になりません。

こんな虫が、海岸のうす暗い岩の割れ目に何百個体もぶら下がって
いるのですから、多くの方には嫌われるのでしょうねえ。

刺すわけでもなく、騒音も出しません。毒ももたず、急に歩み寄ったりも
しません。
いたって平和主義者なのですが。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

のっぽのサリー : 2013/12/09 (月) 13:43:19

子供のころよく見ていたのに名前を初めて知りました。
準絶滅危惧種とか。四国の海岸線にいっぱいいそうですね。
鉄腕ダッシュで見たとき「あ、子供の頃よく見た」と発してしまいました。
子供のころは千葉に住んでいました。
今は横浜に住んでいるのだが、見たことがありません。
海岸線に住んでいるということで、今住んでいる所は海から3キロくらい離れているので、見かけないわけですね。
それにしても絶滅危惧種とは・・・・。(62歳 男)

スクーティスト : 2013/12/10 (火) 00:53:16

遠く横浜からコメントをいただきありがとうございます。

ヒトハリザトウムシ,千葉の海岸にたくさんいたのですね。
おそらくそこは護岸工事などなされていない自然海岸で,
岩礁地帯でしたでしょう。

さらにいえば,岩の割れ目や大きなくぼみがあって,
その奥に,群れをなしていたのではないでしょうか。

この種が絶滅を危惧されているのは,結局そんな場所が
日本各地からどんどん失われているということですね。

こんなちっぽけな虫ですから,誰も気づかないまま
人間がどんどん絶滅に追いやっているのです。

気づいたときは,もうどこにも見られなかったという
ことになるのは,あまりにも悲しいですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR