昆虫少年の記念すべき第一歩

うちに出入りしている小4の昆虫少年は、それまで他人が採った虫や
どこかで拾った虫を相手に展翅や展脚に取り組んでいました。

が、ついに今日、標本をつくるための蝶を自らゲットしました。
彼にとって、記念すべき日になったのです。

そもそも11月の中旬になって虫取りに連れ出す私も私ですが、
よくぞ決断して同行なさったお母さま、中1のお姉様に敬意を表します。


目的地では、昼前には昆虫の姿はほとんど見えませんでした。

しかし、正午をすぎて温かくなるとキチョウ、モンシロチョウ、
ベニシジミ、ツマグロヒョウモン、ナミアゲハ、アカタテハ、小さい
ところではイチモンジセセリ、ヤマトシジミ、ルリシジミなどが
いっせいに土手に出てきました。

小春日和の土手の日だまりを謳歌している姿があったのです。


sizeretouchR0015161.jpg

どうですか、この勇姿。

三角紙を入れる三角ケースが、弁当箱のように大きく見えますが、
何度か採った蝶を入れるたびに、それまでぎこちなかった手つきが
しだいに様になってきました。

同行のお母さんとお姉さんもうれしそうでした。


sizeretouchR0015162.jpg

白い方がお姉さん、黒い方がお母さんです。

虫好きのおかあさん、ついつい口が出ますねえ。

手もよく出ていまして、彼が採る前に何頭かはお母さんが
ゲットしました。

このまま彼がまるっきり採れず、すべてお母さんが採ってしまったら
またしてもラベルに自分の名前が書けません。

どうしたものかと心配していましたが、さすが子どもですね。

だんだん採るのがうまくなって、自分で採っては三角紙に
包んでいました。


いまの子どもたち、いい図鑑がありますし、インターネットで
画像も解説も、映像まで手に入ります。
ですから、いろいろなことをほんとうによく知っています。

ですが、実際に蝶を網に入れた瞬間のドキドキ感、展翅に手こずった
イライラ感、展翅板からとりはずすときのワクワク感など、
バーチャルの世界ではけっして体験できません。
図鑑でその虫の名前を調べたり、習性を読んだりしたことは、
まさに自分で採った虫だから頭に刻み込まれます。
少々の難解な用語も理解できるのです。

それを小さい内から体験させたいのです。


虫にとってはいい迷惑かもしれませんが、子どもがどんなに
一生懸命虫採りに取り組んだところで、絶滅するようなことは
まずありません。

むしろ、無知な大人が知らない間に重機や車を生息地に入れ、
貴重な種を絶滅に追いやる危惧は十分にありえます。

絶滅はしないまでも、ちょうどいまも、近くの土手でハクセン
シオマネキの生息地が埋め立てられ道路になろうとしています。


この4年生の子は、このまま虫取りを続ければ、高校に入る頃には、
自然の仕組みを大きく捉えて理解できるようになっているはずです。

机上の空論ではなく、体験に裏付けられた自然保護を語れるはずです。

そんな人にこそ、学門に取り組み自然の仕組みをさらに解明したり、
教育現場で子どもたちに語ったり行動したりして欲しいとおもいます。

あるいは行政の組織に入って施策に生かしたり、立法に携わって
人類や生物、環境にとって有益な道筋を作って欲しいと願います。

彼がどうなるかは誰も分かりませんが、少なくとも第一歩を
今日、歩き始めました。

拍手!!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

kay : 2013/11/17 (日) 00:57:55

今日は本当にありがとうございました。
昆虫少年への入り口に、やっと立たせていただいた彼です。
私も、久々にチョウを追い、そして生まれて初めて、憧れて憧れて憧れていた展翅を体験しました。

本当に、我が家にとっては歴史的な1日でした。
ありがとうございました m(_ _)m

スクーティスト : 2013/11/17 (日) 14:50:26

コメントありがとうございます。

いい天気に恵まれて、気温が上がると虫たちが出てくることを
肌で実感した昨日でしたね。

今度は展翅版そのものを作ってもらいます。
すでに材料は買っていますのでお楽しみに。

ION : 2013/11/18 (月) 22:03:54

今さかのぼって読ませていただきました。
何とも楽しそうですね。
でも、偶然でニンマリ。私も土曜日に娘に誘われて裏のフィールドで蝶々をとっていました。
なぜか毎年この時期には同じ事をしています。温暖化でしょうか、
ここ2〜3年、この季節に沢山のモンシロチョウを見かけます。
温度が下がり、6才の娘にも捕まえやすいので、短時間に15匹位捕まえていました。モンシロチョウとアカタテハとヤマトシジミと赤とんぼがとれました。
モンシロチョウのほとんどはもう弱っていましたが、アカタテハはどれも越冬できそうな感じで元気で綺麗でした。

スクーティスト : 2013/11/19 (火) 11:39:29

コメントありがとうございます。

へー、お嬢様と蝶の採集ですか?!
偶然ですねえ。

けっこ新鮮なモンシロチョウですよね。
年に4、5回羽化すると本で読んで信じてきましたが、
ひょっとしたら6回とか7回とか羽化しているかも知れませんね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR