うれしい知らせ

先ほど、こんなメールが入ってきました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは

嬉しいお知らせです。

JSECで、私たちの研究では東京には行けませんでしたが、佳作に
選ばれたと、学校で聞きました。

全212作品の中からまず59作品選び、その中の30点が東京最終審査、
残りが佳作らしいです。

つまり、上位60位以内には入れたということです。

佳作は、3枚までなら賞状ももらえるようです。

賞状がもらえると、これまでの努力と苦労が報われる思いがするので、
嬉しいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

えーーーっ。
びっくりのうれしいニュースです。


メールの主は、干潟ガールズの一人です。

そう、「感潮河川にすむカニの浸透圧調整能力」の論文を書き上げた
3人のうちの一人です。

この論文は、JSECという全国規模の科学研究作品コンテストに応募するも、
上位30点の中に入れず、みんな落ち込んでいました。

あれだけ苦労してがんばったのに、、、って。


それが、遅ればせながら佳作に入ったという知らせを学校で受けたようです。

このメールを開いたのはつい先ほどで、すでに22時を回っていましたが、
すぐに電話しました。


お母様がまず出られました。

娘ともども喜んでいるとのこと。

話の中で、審査員の書かれた講評の中に、「干潟ガールズ」うんぬんとの
表現があったとか。

もちろん提出した論文に「干潟ガールズ」なんて書くわけないし、
審査員が、いったいどこからそれをお知りになったのか?

きっと、わたしのこのブログをお読みになったのでしょうねという
話になりました。

その後、メールをくれたガール本人が電話口に出てくれて、少しばかり
話をし、やはりその話になりました。


なかなか粋なことをする審査員ですね。


講評の内容も電話で聞いただけですが、ずいぶんと詳細に書かれて
いたようで、高く評価してくださっているようでしたし、弱点は
わたしがひそかにおもっていたところをずばり突いてありました。

さすがです。

ともあれ、あきらめきっていたのに、思わぬ展開になりました。

全国でSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている学校が
200校を越えますが、それらの学校が1本ずつ論文を応募しても200本。

応募総数と似た数字になりますね。

これらの学校は、当然のことながら潤沢な予算に加えて、大学などの
研究機関からのソフト・ハードの支援があります。

その中で、SSHに指定されていない学校の干潟ガールズが60位以内に
入れたことは、すごいことだなあとおもいます。


しかも彼女らが通う学校は県内では有名な私立進学校ですので、カニを
採ってきて体液の浸透圧を測るなんていう受験勉強とはかけ離れた
ことを続けている彼女らの行動は、周囲からほとんど理解されないで
いたのだろうとおもいます。

朝の4時に干潟に出たり、雪の舞う日に泥を掘ってカニを拾ったり、
およそ考えられないことをしてきました。


そんな環境の中で、最後まであきらめずによくやったとしみじみ
おもいますね。
保護者も立派です。

いまそれがこうして認められたことを、心からうれしくおもいます。


期末試験が終わったら、三人と「鴨南蛮」を食べに行こうねとずいぶん
前に約束をしていました。

「これで、おいしく食べられそうですーー。」

と、屈託のない声がはずんでいました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

k : 2013/11/29 (金) 22:57:41

おめでとうございます!
3人のガールズ、ご家族、そして先生にも、心からお祝いを申し上げたいです!
本当に、本当に、よかったですね。 
おめでとうございます(*^_^*)

スクーティスト : 2013/11/30 (土) 22:50:28

お祝いのお言葉、わざわざありがとうございます。

彼女らはたぶんこのブログ見ていないので、こんど
鴨南蛮を食べに行くとき、お祝いのコメントいただいたこと
ちゃんと伝えておきますね。



管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR