クリスマスツリー

昨日の記事で、忙しい1日だったと書いたのですが、
書き落としがありました。

実は、クリスマスツリーを昨日の来客の直前に倉庫から出しました。

もちろん飾り付けする暇はなかったので、たまたま夕方来た
小学校の低学年の子らに、小さなデコレーションや
綿の雪を飾ってもらいました。

今日、中学生フォトグラファーたちが来たので、飾り付けを
グレードアップしてもらい、そのついでにツリーの撮影会を行い
ました。


天井に吊していたLEDのイルミネーションライトをはずし、
黒のカーテンに貼りつけます。

ツリーをその前に置き、やや遠くから望遠レンズで撮りました。

バックのLEDのライトをいかにボケさせるかが課題です。

彼らのほとんどはダブルズームレンズキットを買っていますので、
ほどよい望遠で撮影できます。
ですから、それぞれ自分の番が来ると、どんどん撮っていけます。

私はといえば、カメラを買ったときのズームレンズは中途半端な
1本だけで、望遠が足りません。

そこで、旧式の望遠レンズを引っ張り出して撮るのですが、これが
オートフォーカスなどの機能は全く使えませんから、暗い中で
四苦八苦。

彼らには「弘法筆を選ばず」なんて言ってごまかすのですが、
説得力がないのが自分でも分かります。

sizeretouchcombDSC_5952.jpg


今回は、彼らの方がいいのを撮っているはずです。

まあ、たまにはこういう日もあっていいのではないでしょうか。

なんちゃって。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ION : 2013/12/08 (日) 22:43:19

ステキですね。
綿の雪。私も必ず飾ります。
幼い頃の記憶では、今のような綿がなく、ガラス?のようなものが混じったもっとひかり輝く綿でした。
しかも、居間の片隅に大きなもみの木。バケツに土を入れて木を飾ってくれました。
でももしかしたら、もみの木でなくて、それと似た他の木だったかもしれないと、
この年になってから疑っています。
父が官舎の、敷地内で掘っているのを見ていますから。
物がない時代だからこそ、特別な思い出です。

スクーティスト : 2013/12/08 (日) 23:08:36

コメントありがとうございます。

IONさんこそ素敵ですねえ。
お父様の手作りのクリスマスツリーなんて。

浄土真宗のわが家ではそんな習慣もなく、またスペースも
ありませんから、せいぜいケーキを食べることくらいでした。

ケーキの代わりにアイスクリームのケーキだった年のことは
たいへんよく覚えています。

掘り出した木を居間に飾るなんて、なんてロマンチックな
お父さんでしょう。

きっと、家族で飾り付けを楽しまれたことでしょうね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR