打ち合わせスタッフは番組のキャスターだった

一昨日、NHKの番組「ひろもり」(ひろしまもりだくさんの意味)に
1分間ほど写真展のようすを出していただいたようです。

何人かの方から見たよという声を届けていただきました。


実は、数年前の話ですが、この「ひろもり」のスタジオに参上して、
出演したことがあります。

その際に、清川 徹アナウンサーや当時の若い女性キャスター
(ごめんなさい、名前を失念しています)が打ち合わせのために、
わざわざわたしのところにおいでになりました。
まさか打ち合わせに、番組のアナウンサーやキャスターが直接おいでに
なるとは思いもせず、てっきり打ち合わせだけのスタッフだとおもって
対応していました。

というのも、実は、わが家にも、教室にもテレビがありません。
ちょっと年季が入っており、大学卒業と同時に手放しましたから、
もうウン十年間テレビなしの生活です。

もちろん子どもらも小さいときからテレビのない生活でした。
子どもらは、おじいちゃんちに行くとテレビが見られると言うことで
おじいちゃんもそれを喜んでいました。

あいにく、たいした信念はもちあわせていなくて、ただ、メリットと
デメリットを考えて手放しただけです。

妻は最初はほしがっていましたが、昼間は仕事をしていましたから
すぐに慣れました。
子どもらも、あまりほしがりませんでした。

話は戻りますが、当時、「ひろもり」も「清川アナウンサー」も、
もうひと方の女性キャスターも当然まったく知りませんでした。

ですから、ふつうなら、「見てますよ。」とか、「本物の方が若いですね。」
とか声をかけられ慣れてるお二人でしょうが、わたしはそんな愛想ができず、
まったく事務的に対応していたのです。


このたび、その因縁のNHK広島放送局で、教室の子どもらの写真を
展示させていただき、それを放映していただいたわけですが、
担当の清川アナウンサーは私のことなどおそらくお忘れだとおもって、
挨拶をしないままに飾り付けやら当番やらで過ごしていました。

ところがおっとどっこい、昨日、ご本人がわざわざご挨拶のために
ギャラリーに下りてきてくださいました。

恐縮でした。

毎日とっかえひっかえゲストが出ているわけですから、ちょっとお会いした
だけのわたしなど、とっくにお忘れだろうとおもっていたのですが、
よく覚えてくださってびっくりです。

こちらからご挨拶に行かなかったことを恥じましたね。


で、昨日の夕方帰ってパソコンで「ひろもり」をチェックしてみると、
一昨日、写真展の取材においでになった若い女性が、なんと村井智奈さん
という担当のキャスターだったことがわかりびっくり。

なんか、若いのに垢抜けした、頭の良さそうな、それでいて愛想の良い女性
だなあとはおもったのですが、まさか担当キャスターだったとは。

一昨日の彼女からの取材の場面でも当然のことながら、「見ていますよ。」が
いえず、事務的な対応だったとおもいます。

おまけに、昨日も、彼女、ギャラリーにわざわざ?下りてきてくださったの
ですが、もちろん彼女が何者かもそのときは知らず、おまけに放映して
いただいた映像もわたしは見ていませんから、せいぜい反響があったようだ、
なんてことくらいしかお話できませんでした。

今思えば、

「私、清川といっしょに仕事しています。」

と言っていただいたのですが、まあ、スタッフならいっしょにしてるよなあ
としか思えず、まさか画面に並んでしゃべっておられるとはおもいませんでした。

別に取材スタッフに対してアナウンサーやキャスターとを別格に考えて
いるわけでは毛頭ありませんが、やはり画面にお出になっている以上、
多くの人が見てくれているという期待は多少おもちでしょうね。

その期待にまったく応えられない対応で申し訳なかったとおもいますが、
実は、テレビを全く見ない生活ですので、どうぞご容赦ください。


さて、明日はいよいよ写真展最後の日です。

「西広島タイムス」にも記事が載りましたので、少し来客が増えるかも
知れません。
とはいえ、年末の慌ただしいときですから、逆にがくっと減るかも
知れません。

いずれにしても、当番の子らにとってはいい社会勉強の場ですので、
最後まで、お客様に積極的にかかわって解説に挑戦してほしいと
おもいます。

今日は、会場には出向きませんでしたが、昨日の葵君といい一昨日の
R君と言い、実に前向きにお客様に接していました。

葵君は、帰ってすぐにお母さんに、外国の人と初めて話した
喜びを語ったようです。

R君は、へんなおじいさんのことを、会場に迎えに着たお母さんに
切々と訴えていました。

それぞれ、ほろ苦いおもいもあったでしょうが、充実感も十分味わったはずです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ION : 2013/12/28 (土) 20:30:38

随分と悔やんでいらっしゃるご様子に、申し訳ありませんが、ちょっと笑わせてもらいました。
それは、大丈夫だと確信できるからです。

もう10年も前に下心あって、初めて参加した学会で、ある方を通じてスクーティストさんをご紹介いただいたのですが、
その時も私のような者にでも、とても丁寧に接してくださいましたから・・・。
私もあの廊下で立ち話した日の事を昨日のように覚えています。

ありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いします!

スクーティスト : 2013/12/29 (日) 18:50:48

コメントありがとうございます。

懐かしいお話ですね。
わたしもよく覚えています。

いつも人とお会いしておしゃべりしているときは
調子がいいのですが、あとで後悔することが
よくあります。

ただ、うまいことできていまして、悪いことはすぐに
忘れるという特技がありますから、尾をひきません。

多くのかたに迷惑をかけて生きているのだと
おもいます。

今年はたくさんコメントいただき、ありがとうございました。
来年も見捨てないように、お願いいたしますね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR