夜の道路の撮影

夜の道路の撮影3回目です。

シャッタースピードを1/2秒にセットし、車のレールライトをねらいます。

このとき、カメラを揺らしたり回転をかけたりします。

今日の2枚は、さらに高度?な技が入っています。

それは、1/2秒の露光の間に、ピントをずらすこと。
その結果、光の点が尾を引きながらしだいにふくらんでぼけていきます。


カメラの動きが少ない場合と多い場合ではだいぶ印象が異なります。

まず動きが少ない場合は、こんな感じ。
これは、三脚なしの手持ち撮影です。

sizeretouchDSC_6030.jpg

この画像の下半分は、川の水面に映った光です。


動きが大きいとこんな感じになります。
これは、三脚の上にカメラを置いていながら、カメラが自由に
首を振れるようにねじをゆるめて撮影しています。

sizeretouchDSC_6259_032.jpg


交通標識がしっかり見えていますが、まあこれも愛嬌ですね。

たんなる夜の道路でも、けっこうおもしろい画像が得られることが
わかりました。

今回はピントとカメラを動かして撮影しましたが、これに加えて
ズームリングを動かしながら撮ったらどんなになるのでしょうかねえ。


けっこう奥が深いかも知れません。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR