水を満たしたグラスにピーマンを放り込んだ

そういえば、久しぶりです、水の造形。

ジュニアフォトグラファーたちが技術をほぼ身につけて
いい作品を残していますしね。

それに後片付けがけっこう煩わしい。

ただ、たまたまカラーピーマンがあったので、食べる前に
撮っておこうという、不順な動機です。

水槽に放り込もうか、スライスして内部を接写するか、
いろいろと考えあぐねた末、ピーマンがぎりぎり入るグラスに
水を満たし、そこに放り込んで水が跳ね上がった瞬間を
とらえようと考えました。


sizeretouchDSC_6480_038.jpg


ぎりぎり入る大きさのグラスがミソです。

それと、口がすぼまったグラスを選んだのが正解でした。

水は、ピーマンとコップの間をすり抜けて真上に上がり、
そのまま空中でキノコのように開きました。

タイミングはさほど難しくなく、

「セーノ」

でピーマンを落とし、同時にシャッターを切ればちょうどいい
感じに撮れました。

グラスに落ちたピーマンが、やけに太ってみえるのは、
ちょうどコップが凸レンズの役割をしているからですね。

まん丸い玉を放り込んだら、もっと乱れのないキノコができるかも
しれません。

これは、きっとジュニアたちが挑戦することでしょう。

楽しみにしておこうと思います。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR