ダブルミルククラウン

ミルククラウンというのをご存知でしょうか。

容器にミルクを満たし、そこにミルクをスポイトで一滴落とすと、
いったん沈み込んだあと立ち上がります。

このとき、ちょうど王冠のような形に立ち上がることがあるので、
それをミルククラウンと呼んでいます。

常に王冠のように立ち上がるわけではなく、受ける液の深さや
ミルクを落とす高さ、あるいは粒の大きさなどにより、王冠にならない
場合もあります。


実は、以前ミルククラウンは撮ったことがあり、このブログにも
2年ほど前に載せています。
ただ、あまりにもポピュラーすぎるからインパクトもなく、
撮ろうと思えばいつでも撮れるだろうとタカをくくり、その後は
撮っていませんでした。

今日は、このミルククラウンを動画で撮りたいという方がおいでになり、
いっしょに挑戦しました。
高速度撮影カメラを持ち込まれての撮影でした。

簡単に撮れるとおもったのですが、意外に手こずりましたね。

ただ、さすがにプロのカメラマンですから、ほれぼれする動画を
ちゃんと撮っておられました。

お帰りになった後、セットが残っていたので、かつて撮った時のことを
思い出しながらデジタル一眼とストロボで撮ってみました。
いえいえ動画ではありません。単体の画像です。

一般の方がミルククラウンとおっしゃるのは、こんな画像でしょうか。


sizeretouchDSC_7629_051.jpg

sizeretouchDSC_7788_050.jpg


何枚か撮っているうちに、ふと次のようなことを思い浮かべました。

連続でミルクの液滴を落としたら、クラウンの中にもうひとつ
クラウンを作れるのではないかと予想したのです。

撮影にかかると、なんとほんの数コマ撮った時、このクラウンの中の
クラウンが撮れたのです。
これです。


sizeretouchDSC_7800_049.jpg


偶然にしてはできすぎですね。

まあ、こんなこともたまにはあるさっておもいました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR