ジュニア理系女子

リケジョとか論文とか撤回とか、世間ではかまびすしい昨今です。

わたしの教室では、そんな世間の喧噪はひとまず置いて,
ひたすら科学研究に取り組んでいる子らが何人もいます。

もちろん女子もおり、その一組をとりあげてみました。

塩生植物の発芽率を調べようとしている中1のふたりです。


sizeretouchR0016090.jpg

去年、県の科学賞で特選を受賞したのが右の子で、
その後、左の子も加わり、いっしょに楽しくやっています。


写真は、種をまくための容器づくりと、種の配分をしているところです。

こうしてきちんと準備をし、結果を記録し、それをデータ処理し、
考察していくことになります。

わたしはほとんど口出ししません。

すべて自分たちで野外に出て材料をそろえ、棚から器具を引っ張り出して
きて進めていきます。

自分たちは、何をどうしようとしているのかがわかっている
からです。

たまに、もっといい方法や便利な道具などを教えると、それは
それはうれしそうに取り入れます。

ふだんは、その程度の指導ですね。


もちろん、レポートの執筆かかわると、少しばかり関わりが濃く
なります。

論文を公表する上での常識とかモラルとか、けっこうたくさん
指導することがあります。

そして、文章を書いてもらってはわたしが赤を入れ、また書いて
もらっては赤を入れを繰り返します。

これは、指導を受ける方はけっこうつらいのですが、その後は
格段に文章がうまくなります。

ですから、文章をお母さんが書いてしまったら、せっかくの子どもの
成長の機会を失いかねません。


じつは、この子らの場合、それぞれ小学校のころから100ページ以上の作品を
書いていますので、文章はどんどんかけます。
ですから直しもほとんど入りません。

それでも、数は少ないとはいえ、重要な指摘をせざるを得ないことも
あるんです。


こうして、自分の手で作業を進め、パソコンを使い、論理的に考えて
文章を書き、わかりやすくまとめるのです。

この繰り返しのなかで、女子であろうが男子であろうが、確実に
育っていきます。


指導する側がやりすぎても、逆に放置しても育ちません。

時間と手間はかかりますが、ゆっくりとつきあうことが大事だと
おもいます。

タイトルを理系女子としましたが、たまたま今日の話題の主が
女子だったというだけの話でした。

期待して詠まれた方には、お詫び申し上げます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR