理科実験の一場面

これから、おいおい登場することになるとおもいますが、
科学好きの小・中・高校生らの実験のようすや結果が
けっこうおもしろいで紹介していこうとおもいます。


まだ春休みだというのに、2日連続でやってきた小6の女子ふたり。
3月16日の記事で登場したあのふたりです。
がんばり屋さんです。

食べ物や飲み物、その他いろいろなものに含まれているビタミンCを
うがい薬で検出しています。

この実験は家庭でもかんたんにできますので、自由研究で毎年よく
行われています。

むずかしくいえば「酸化・還元」の実験ですね。

ビタミンCは還元剤ですから、うがい薬の中のヨウ素を還元して
茶色の色を消してしまうのですね。

このふたりは、ビタミンCの量をできるだけ定量的に調べようとしています。


今日のエピソード。

ある葉物野菜の汁を1滴ずつ落としてヨウ素液の色の変化を調べているとき、
あまりビタミンCがないようで、なかなかヨウ素の色が消えません。

そのうちに滴下した緑の汁がしだいに濃くなってヨウ素液の色が消えたのか
どうか判断できなくなってきました。

50滴、60滴と数えながら落としていくのはけっこうつらいもので、ついつい
「まあこのくらいかなあ」と判断して切り上げたくなるようです。

でも彼女らには良心がしっかりあり、

「このくらいでどうでしょうか。」と聞いてくるのです。


この時がチャンスですね。

「緑色が邪魔をして茶色の色の変化がわかりにくいんだねえ。
できるだけ正しく茶色が消えたことを確認するにはどうしたらいいか
考えてみよう。」

あいにく正解は出ませんでしたので、ヒントを与え、正解にたどり
つかせました。

ヨウ素液を入れたビーカーと同じ大きさのビーカーをもうひとつ用意し、
これに同じ量の水を入れます。
両方に同じように1滴ずつ検体を落としていけばいいのです。


当たり前の話ですが、こんな知恵って、実際の体験の中から生まれ、
それを通して身につきます。


sizeretouchR0016394.jpg

sizeretouchR0016398.jpg


上の写真が実験の途中です。
両方のビーカーにだいぶ野菜の葉の汁が入っていますが、左の方には
ヨウ素液の色が残っていることがわかります。

下の写真はほぼ同じ色になった状態です。


かなりの量を滴下なさったようで、お嬢様、お疲れのごようすです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR