アリアケモドキ再発見

2012年9月11日の記事に、アリアケモドキの発見を記事として
載せています。

おそらく広島デルタの上流部、ちょうどJRの鉄道がそれぞれの川を
横切るあたりに広くいるのであろうとはおもっていました。

ただ、かつて記録のあったところに泥干潟がなくなり、生息が
危ぶまれているのではないかといった懸念もなきにしもあらずでした。


ちょうど引き潮の時に出かける機会がなかったため、長い間宿題に
したまま放置していたのですが、先日ようやくこのアリアケモドキの
探索に出かけました。

まず、カメラは持たずに、網とシャベルで探します。

と、あっけないほど簡単に見つかりました。

場所は、ある川のまさにJRの鉄橋付近。
(場所を隠すほどのことはないでしょうが、念のため。)

泥に埋まりそうな所にけっこうたくさんいました。

すぐにカメラを取りにもどり、現地で撮影。

その後何個体か持ち帰ってスタジオで撮影しました。


sizeretouchDSC_1717.jpg

sizecompretouchDSC_1989.jpg

sizecompretouchDSC_2014.jpg


アリアケモドキは、甲羅を横切る隆起が特徴的です。
また、お腹の赤い模様がオスにもメスにもありますので、
見間違えることはないとおもいます。

また、はさみ脚の先がマニュキアみたいでかわいいですね。


きれいでもないし、目立つわけでもないし、もちろん食べられるわけでも
ないので、だれも注目しませんね。

でも、塩分濃度のきわめて薄いところのしかも泥地にいるようですので、
そんな環境がどんどん失われている現在、彼らがみつかったことは
貴重なことなのかもしれません。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR