本土でのシオマネキの生息地

昨日の続きです。

昨日は、シオマネキを探し得ず、失意の内に帰宅。

記事を書きはしたものの、投げやりな記事になりました。
申し訳ありません。

あらためて少し詳しく書いておきたいとおもいます。


片方のはさみ脚が極端に大きくなり、潮を招くように振ることから
シオマネキと呼ばれるカニの仲間がいます。

広島県の干潟でよく見るのはハクセンシオマネキ。
太田川河口域だけでもすでに10カ所以上でみつけていますから、
なんどもこのブログで出てきています。

ところが、ハクセンシオマネキよりも一回りも二回りも大きい種もいまして、
これがなかなか見つかりません。
いわゆるシオマネキと呼ばれるカニです。

四国では何カ所か健全な生息地もあり、写真も撮れました。
この写真は、吉野川河口で撮ったものです。

sizeretouchDSC01539.jpg

本土側では、ほぼ絶滅状態のシオマネキ。
広島県では、どこに生息しているのか、はたまた絶滅してしまったのか
まったく見当もつきません。

そこで、お隣の県に出かけて生息状況を観察し、周囲の環境を頭に入れ、
広島県内にそんな環境があるのかどうかの基準にしようと考えて出かけたのが
昨日の記事の発端です。

sizeretouchDSC01645.jpg

トビハゼがピョンピョン跳び出すなど、けっこういい干潟ではあったのですが、
あいにく狭すぎるし、塩生植物も皆無。

ここに仮にシオマネキがいたとしても、時間の問題だなあというのが
正直な感想でした。

sizeretouchR0017132.jpg

sizeretouchR0017134.jpg


環境省がまとめたレッドデータブックでは、シオマネキは絶滅危惧Ⅱ類に
指定されています。

各県の指定状況は次のとおりで、11県が絶滅危惧Ⅰ類に、2県が絶滅危惧Ⅱ類に、
そして、1県が準絶滅危惧に指定しています。


reddataシオマネキ


図からわかるように、広島県では、シオマネキについて指定がありません。
これは、希少性がないということではありません。

わたしの感覚では、広島県で準絶滅危惧として指定されているスナガニや
ハクセンシオマネキよりもうんと危機的ですので、絶滅危惧Ⅱ類か、
場合によってはⅠ類、ひょっとしたら絶滅種に入れてもおかしくないほどの
希少性です。

おそらく、過去の生息情報が整理されておらず、そしてそこでの再確認の
情報がないのでしょう。

博物館があれば、こんな情報がたちどころに出てきますが、あいにく
広島県には生物の専門家をたくさん置いた自然史系の大きな博物館がなく、
生息情報を得ようとすれば、アマチュアや環境アセスメントを担う業者に
頼らざるを得ないのが大きな弱点です。

そのアマチュアやアセスのスタッフは組織化されていませんから、なかなか情報を
集めることが困難なはず。

大学の専門の先生もいらっしゃいますが、こんなことを調べても研究業績には
なりませんから、なかなか本気で取り組めないといったところでしょうか。

過去にお調べになった大学の先生もいらっしゃいますが、データを個人的に
おもちのままのようで、集積されていないのかも知れません。
幸い、稲葉明彦先生の「瀬戸内海の生物相」で、種ごとの生息概要はわかります。
ですから、この本には何度もお世話になっていますが、その細かい生息状況に
ついては書かれていないのです。

ということで、先日書いたベンケイガニとともに、このシオマネキ、なかなか
広島県で出会うのは実現しそうもなく、このブログで、「県内で発見しました!」の
報告は、まだまだ先のことになりそうですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR