カクテルグラスから飛び出す水のセッティング

カクテルグラスから飛び出した水の造形を、7月10日11日
載せています。

これを撮ったセットは、昨日写真で紹介しています。

ついでに、図示しておきましょう。

セット

まず、こんなにバックが近いのに、なぜうまくボケているのかということですね。

これは、無反射ガラスを利用しています。
このガラス板をバックスクリーンから少し手前に置いたのです。

スリガラスほどではありませんが、ガラス表面に細かい凹凸があり、
乱反射するようにできています。
これを、とっさに思いついたのです。いいアイデアでした。


ストロボは2灯使います。

1灯は、飛び出す水をダイレクトに左から照らします。
昨日の写真では、タッパーの底をくりぬいて青いセロファンを貼った
フィルターを、ストロボの発光部にかぶせています。

水がかかるので、ストロボ全体をビニル袋で覆って使いましたが、昨日の
写真では、中がわかりにくいのではずしています。

輪ゴムで黒いツバを発光部のサイドに取りつけてあるのがミソです。

このツバをつけることによってバックに青い光が回らないようにしています。

発光量は1/32から1/64程度に設定。
これで発光時間は1/18,000から1/25,000になります。

もうひとつのストロボは、バックスクリーンを照らします。
これもツバを下側につけ、光が水に当たらないようにしています。

あとは、水道のコックをひねって一気に蛇口から水を出し、
タイミングを見て撮るだけです。

セットを作るのに少し時間がかかりますが、一度作ってしまえばあとは
何度でもシャッターが切れます。

一回一回モニターに画像が出ますので、まさに一喜一憂ですね。

あっという間に時間が経つのでした。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR