広島市北部で土砂災害

昨夜から今日未明にかけて、広島は大変な雨だったようです。

昨夜9時過ぎに、雨はたいしたことはなかったのですが、大きな雷が
立て続けに鳴り、通行人の悲鳴も聞こえてくるしまつ。

最後の一発はたぶんどこかに落ちたような大音響でした。

いやな予感はしていたのです。

今朝のインターネットのニュースを見ると、「広島市北部」と「土砂災害」の
文字がそこかしこに見られ、大変な被害が出ているようです。

どのニュースのサイトでも、けっきょく終日ずっと被害や救出の映像が流れていました。

いま、ニュースの記事を見ると、死者36人、行方不明7人と出ています。
亡くなられた方には、ご冥福をお祈りしたいとおもいます。

おそらく寝ているままで土石流に流された人もいたことでしょう。
ほんとうにむごいですね。お気の毒です。


土砂災害は、安佐南区の山本、安佐北区可部東、緑井となっていますから、
わたしがさいさいスクーターででかけるところ。
人家のまばらな山間部では決してなく、いずれも住宅地です。


とりわけ安佐南区の山本は、スクーターで、ものの10分ほどですし、お気に入りの
フィールドもあるので、おなじみの場所です。
ですから、愕然とします。


安佐北区の雨量計では、今朝の午前3時50分までの1時間の雨量がなんと
130ミリメートル。

また、3時間の雨量は204ミリメートルとのことで、たった3時間で平年の8月の
一ヶ月分の雨量を超したとの報道もあります。

雨量のミリメートルの数字は、実はあまりピンと来ませんね。
単位がミリメートルだから大したことはないという方もおられるかもしれません。

しかし、204ミリといえば、約20センチメートルです。

たとえば、学校のグランド全体が、あっという間に20センチメートルの深さの水たまりに
なったことを想像すると、けっこう恐ろしいものがあります。

それに、たとえば校舎と体育館に降った雨がそのままグランドに流れて来ると仮定し、
また校舎と体育館を合わせた面積がグランドと同じ面積であるとすれば、単純計算で
グランドにたまった水かさは、2倍の40センチメートルの深さになります。


現実的には、水はあっという間にどんどん低い所に向かって動きますので、
四方から集まった水で雨水マスはあふれ、川の水位があっという間に
上がることでしょう。
雨水マスがつまった低い所では、40センチどころではないはず。

もちろん地面の中や畑の中にしみ込んでいく水もあるでしょう。

これもよく考えるとおそろしいもので、特に気をつけなければならないのが、
広島の地盤が花崗岩からできているってことですね。

花崗岩といえば、風化しやすい。

いい点を挙げれば、質のいい真砂土ができますし、かつての瀬戸内海の海岸が
白砂青松と呼ばれたのは、花崗岩の山肌が削られ、瀬戸内海に流れ来たおかげ。

ところが、花崗岩が風化した真砂土は、地滑りを誘発します。

広島の山は、亀裂だらけのもろい岩山、極限すれば、砂山だと考えてもいいかも
しれません。

「山のごとく動かず」なんてのは、広島では通用しません。

今後まだまだ、しみ込んだ水の影響は人々の生活をおびやかすと
おもいます。

お互い、くれぐれも、十分注意をして過ごしたいものです。

《追伸》

たったいま、パリに住む教え子からメールがあり、
「広島はたいへんなようですね。」
と心配してくれました。

世界中に配信されているようです。

《訂正》

この子は、パリからウィーンにこの4月に引っ越したとのこと。
お詫びして訂正します。

まあ、どちらにしてもヨーロッパにまで配信されているのには間違いありません。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

ION : 2014/08/20 (水) 21:21:29

大変な災害になってしまいました。
沢山の方々がなくなってしまい、心が痛みます。
八木や安佐北区の知人は無事でしたが、土砂の片付けにおわれていると
聞きました。
他府県の友人達は、ニュースを見ても山奥で起こった事のように想像してたそうです。

こちらは朝方、空にフラッシュのように雷の光が見えただけで、雨は降りませんでした。局地的豪雨だったのですね。
ご冥福をお祈りします。

スクーティスト : 2014/08/20 (水) 22:51:39

コメントありがとうございます。

たいへんな災害ですね。

IONさんのお住まいになっているところでは、雷も
雨も、だいぶ様子が違うのですねえ。

やはり一言で言えば、局地的な状況だったのでしょうね。

ただ、その局地がどこに来るかですよね。


広島県というか中国地方といってもいいかもしれませんが、
広く花崗岩が占めていますので、どこでもありうる状況
かもしれません。
花崗岩といえば別名御影石(みかげいし)。
御影は、兵庫県ですよね。たしか。

それにしても、IONさんの友人関係とネットワークはすごいですね。

わたしだってといいたいところですが、パリから心配のメールが
あったから、良しとしましょう。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR