公民館の干潟観察会

今日は、午前中から昼過ぎにかけて、ある公民館主催の干潟観察会に
行ってきました。

なかよし子どもチャレンジクラブという企画で、年に数回、フィールドワークを
行う一環として、今月は川に出かけようということでした。

この公民館の管轄区域の河川はことごとく人工護岸となっており、あいにく
自然状態の岸辺はまったくありません。
したがって、多くの生き物をみつけるのはなかなか困難です。

ただ、広島デルタに範囲を広げればいろいろな生き物がいますので、
まずそのお話からですね。

資料を渡すと、やはり子どもたちにとってはヌートリアが気になるようでした。

sizeretouchRIMG0001_20140920215303079.jpg


レクチャーもそこそこに、さっそく川に出かけます。

今日は、曇り空で肌寒いくらいでしたので、干潟のカニたちもほとんど活動を
していませんでしたが、石にへばりついたカキ殻をはがすと、けっこういろいろと
出てきます。

おもには、タカノケフサイソガニ、イソガニです。

sizeretouchRIMG0004_20140920215306f98.jpg


潮がすっかり引くと、曇天で肌寒いとはいえ、あたりの干潟にコメツキガニがさっそく
巣穴から出て、食べかすの砂団子を穴のまわりに置いています。

なかなか子どもたちは砂団子が砂と区別出来ないようで、

「どこ?どこ?」

「ここだよ。ほら。」

というわけで、コメツキガニはほとんどの子が手にとってみることが
できました。

sizeretouchRIMG0006_20140920215306842.jpg


今日は潮が引くのが遅かったことと、誰かがアナジャコ掘り?をした跡が大きな窪地に
なっていてここに足を踏み入れた子が多く、ほとんどの子の長靴は
水没しました。

(上の写真の右端の子をごらんください。)

ギャーギャー言いながらも、最後までけっこうみんな楽しそうでしたね。

やはり、子どもたちは、どんどん自然に連れ出してやりたいですね。

このような企画を継続なさっている公民館と、それに参加させようと
子どもたちの後押しをなさった保護者の皆様に、そしてもちろん実際に参加した
子どもたちにも、敬意を表したいとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR