アスカⅡ号

アスカⅡ号に乗って船旅を楽しんだという年賀状をいただいたことが
あります。

覚えているだけで3,4人。

こぞって、船室やらデッキやらで撮ったカップルでの写真ですね。

うらやましい限りです。

けっこういいお値段だし、夜のパーティではドレスコードもあるなんて聞くと、
腰が引けます。

どのくらいの長旅か知りませんが、3日以上であれば本とパソコンだけでは
もたず、相方の嫌ういろいろな小道具をあれこれ持ち込むことになるでしょう。

結論。

おそらく一生、クルーズ船に乗ることはないでしょう。

先週、たまたま元宇品を歩いていたら、そのアスカⅡ号に遭遇しました。

いやー、でかいでかい。

金輪島をバックにした全景です。

sizeretouchRIMG0010.jpg


でかすぎて、港に入るのには微妙な進路変更が難しく、補助船がやってきました。
船首を横から押して軌道修正するんでしょうか。
それとも、たんなる見張りなのでしょうか。

sizeretouchRIMG0012.jpg

無事到着。

左は黄金山です。

sizeretouchRIMG0022.jpg

短期間、格安、服装は自由の条件がそろえば、乗ってはみたいのですが。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR