うれしい誤算

今年もいよいよ今日で終わりです。

いろいろなことがありましたが、わたしにとっては、やはり年末に行った
広島干潟生物研究会のジュニア研究発表会の成功が大きかったですね。

詳細は、このブログの12月21日以降に書いていますので、それを
ご覧いただけたらとおもいます。

今日のお話はそのなかの12月23日の記事と若干かぶりますが、おゆるしください。


研究発表もうまくいくだろうし、ジュニアたちに割り振った司会も挨拶も
受付も、問題なく進むであろうとは事前におもっていました。

ただ、ひとつだけポスターセッションが大いに不安でした。

一つには、来客のみなさんが、興味をもってポスターの前にやってきて
くださるのかどうか。

それに、子どもたちが、巡回してきた大人たちの質問や意見に対し、
まともに答えられるのだろうかという不安です。

折しも、ポスターセッションに入る前にサンドイッチを配ることになっていました。
また、手作り雑貨の販売も始めます。

そちらにみんながどっと集まれば、ポスターの前は閑散としてしまうわけで、
大いに心配していたのです。


ところが、どうしてどうして。

ほとんどの皆さんが、まずポスターの前に移動し始めてくれたのです。

1-DSC_5528.jpg

1-DSC_5529.jpg

1-DSC_5530.jpg

1-DSC_5537.jpg

1-DSC_5552.jpg

1-DSC_5569.jpg

1-DSC_5573.jpg

1-P1010480.jpg


その様子をみていると、みんな一生懸命質問に答えようとしているでは
ありませんか。

また、意見や指導に対しても謙虚に受け入れているではありませんか。

そして、高校生ともなると、質問を待つのではなく、客が集まったところで
解説をしはじめるのです。

あるいは、小道具をもってきて、説明をする小学生も見られました。

いやー、参りました。

少々受け答えがうまくいかなくてもいいのです。
曲がりなりにも、大人の助けなしでこんな素敵な体験をすることが
子どもにとっては大きな成長ですね。
その場を、大人が手助けして乗り切らせるのではなく、うまくいかなくても
だれも責めないし、罰もない、そんな格好の体験の場としてとらえ、
そこに子どもを置くという発想ですね。
うまくしゃべられなかった子らは悔しい思いをしたでしょう。
これが次への意欲につながります。

じょうずに乗り切った子もいるでしょう。
この達成感も次への意欲につながります。


うれしい誤算でした。
来客のみなさんに感謝、感謝です。

いいものを見せてもらいました。


というわけで、今年もなんとか終わりました。

多くの方に、記事をご覧いただいているようで、感謝いたします。

引き続いて、また来年もご愛読いただけたら幸いです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR