ゾウリムシがやってきた

山口大学大学院 理工学研究科 共生生物学研究室にお願いして
ゾウリムシを送っていただきました。

これは、干潟生物研究会の子どもたちが海のプランクトンを勉強する際に、
ついでに淡水の中にいる小さな生き物も見せてやろうという考えです。

すでにテトラヒメナは独自に増やしています。

これからいただいたゾウリムシ2種を少し増やして、大人数でも観察できるように
しようと考えています。
とはいえ、顕微鏡は15台ほどしかありませんので、まあそこそこに
増やします。

たった今届いた宅急便を開封すると、ポリの試験管が4本入っていました。

このままだと窒息するので、ふたを少し緩めて立てておかなければなりません。

そこで、お酒のパックを使って、試験管を立てておく台を作りました。
これは防水加工してありますので、万一こぼれても大丈夫です。

パラメシウム ブルサリア という種類は体内に葉緑体をもっていますので、
光を当てておけばえさなしで長くストックできます。

そこで箱の横に窓を開けました。
壁を切り取ってしまうのではなく、下に開くようにしました。
好都合なことに、お酒のパックは内側が銀色のレフ板のようになっています。
これで、光がしっかりと箱の中まで届きます。

sizeretouchRIMG0003_2015012912091293e.jpg


いまから、エサのづくりのため、稲ワラを買ってきます。

「ワラをもつかむ」といいますが、ワラさえも買わないと手に入らない時代に
なりました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR