小学4年生が作ったフランクリンモーター

冬ならではの乾燥条件で行う静電気の実験もぼつぼつ終わりになります。

今日は、フランクリンモーター。

小4の女子が作ったモーターがあまりにもよく回るので、動画にして
アップしておきたいとおもいます。

[広告] VPS



塩化ビニルの水道管をティシュでこすって静電気を発生させ、
画面左手にあるコンデンサーに蓄えています。

このコンデンサーは、プラカップにアルミ箔を巻いて二つ重ねた
だけのもの。

アルミ箔で作ったベロがふたつ出ています。
片方で塩ビ管からの静電気を受け、もう片方で放出します。

モーター部分は、小さなプラカップのまわりにアルミ箔が8個ほど
切って貼り付けてあります。
台所の流しの水漏れを防ぐのに使うアルミテープが最高。
裏紙をはがすと糊がついていますので子どもでもうまく貼り付けられます。

このモーターには、電気の逃げ道も作ってあり、これがぐるっと回って
コンデンサーの底につながっています。

つまり、静電気がコンデンサーにたまり、これがモーターを回し
ふたたびコンデンサーにたまるというしくみです。

やがて空気中に放電して静電気がなくなったらモーターは
止まります。

静電気の供給をストップしてからどのくらい回り続けるかを撮っておけば
よかったのですが、何分にもぶっつけ本番でしたので叶いませんでした。


この小4の子はもともと器用に作業ができ、また今回は最初から非常に丁寧に
切ったり折ったりしていました。
また、手の油やほこりが極力つかないように気遣いながらの作業でした。

こういった汚れがあると、せっかくたまった静電気が空中に放電してしまいます。
そんなときは、アルコールでふき取るとうまくいきます。

静電気の実験はいかに静電気を逃がさないかがコツですね。


ともあれ、こんなによく回るフランクリンモーターは、久しぶりにみましたので、
載せておこうとおもいました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR