ついに撮った、水風船の破裂の瞬間を音で

昨日の記事からごらんいただくと話が早いとおもいます。

音が鳴ったらストロボが光る装置を用いて、風船の破裂を撮ろうという
魂胆です。

昨日その撮影セットを片付けてしまいましたが、どうしても納得が
いかず、機材を組み直し再挑戦です。


結論からいいますと、昨日、一昨日の写真で、矢が画面の中にうまく
捉えられなかったのは、やはりセンサーが風船の破裂の音ではなく、
飛んでいった先の壁にぶつかった音を感知したからだとわかりました。

きょうは、センサーの感度を目いっぱい上げて撮ってみたところ、
ちゃんと風船に矢が突き刺さった瞬間が撮れました。


sizeretouchDSC_0544_20150425232306a57.jpg


ダーツの的も画面に写し込んでみました。

これで百発百中と言いたいところですが、実は、かなりの割合で
ストロボが発光しませんでした。


まず、水風船の破裂の音が小さかったこと。
これは、いっしょに挑戦してくれた中1のF君が、風船の中に水だけでなく
空気もいっしょに入れ込んだ方がいいのではないかと提案してくれた
ことで多少改善できたようにおもいます。

また、つり下げられた風船がふらふらしているため、矢が当たってもつるんと
滑ってしまい、何度も失敗しました。

ダーツの矢の先端は安全を配慮してプラスチック製ですので、そのままでは
風船に刺さらず、縫い針を装着して改造しています。
それでもつるんつるんと滑るのです。


思い切って強く投げたときにだけ破裂しました。
したがって、このときの矢はかなりの速度が出ています。

その強烈なスピードでも、4万分の1秒の発光時間で完璧に止めました。


まずはめでたしめでたし。

おいしいビールが飲めそうです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR