第1回干潟観察会 晴天に恵まれました

昨年雨にことごとくたたられた観察会。

ことしもその恐怖は続いていました。

一週間前には昨年を彷彿とさせる台風情報。

ただ、数日前から、今日の晴天は予報されていましたので、
多少は安心していたものの、昨日の雨にはやはり
心穏やかではありませんでした。

一転、今日の晴天。
むしろ暑いくらい。
いやー、晴れるって、ありがたいですね。

おかげさまで、65名もの方がおいでになりました。
場所は、太田川放水路右岸 新己斐橋上流です。

最初に、大きなポカをしてしまいました。
進行予定のメモに、「記念写真を撮る」を入れ忘れて
しまいました。

いつもカメラをかついで来てくれるジュニアスタッフが
いなかったもので、ついつい忘れてしまいました。

がっかりです。

ということで、スナップ写真しかありません。
これらは、中2のジュニアスタッフたちが撮ってくれたものです。

sizeretouchDSC01279.jpg


sizeretouchDSC01291.jpg

今回は、ジュニアの提案でゴミ拾いを参加者に協力して
いただきました。

以下は、ゴミ拾いを訴えたジュニアスタッフ代表のあかりちゃん(中3)の
発言要旨です。


みなさん、最後にお願いがあります。

実は、私たちは、この干潟でこれまで何度も生き物を観察したり、
調査したりしてきました。そのたびに、あれこれゴミが散らかっているのを
見ていました。
なんとかきれいにしたいとはおもいながらも、なかかな一人では行動に
移せずにいました。

あるとき、先生に相談したところ、干潟観察会でみなさんに呼びかけたら
きっとゴミ拾いに協力してもらえるのではないだろうかと答えてくださいました。
実際に干潟においでになってゴミが散らかっているのを見た方は、きっと
同じ気持ちになってくださるだろうし、人数が多いほうが効率もいいし、
ということで、今日、参加者の皆様にお願いすることを決断しました。

幸い、いまのところはそんなにはゴミがありません。多くなったら拾うのは
たいへんですが、いまのうちならそんなに労力もかかりません。

大人の方で、観察をしながらゴミ袋を持ってあげるよ、という方は、どうぞ
よろしくお願いします。ここにあります。軍手も少し用意しております。

観察の途中でごみを見つけた人は、その大人がもっているゴミ袋にゴミを
入れてください。

集まったゴミは、恐れ入りますが、このちょうどこの土手の裏手の法面に
置いていただければ、明日、収集していただけることになっています。
立て札を立てていますので、よろしくお願いいたします。
なお、自転車やタイヤ、パソコンなどの大型ゴミは集めないでください。
どうぞ、皆様方の積極的なご協力をお願いいたします。


てなわけで、ほとんどの大人の方はゴミ袋片手に観察していらっしゃいました。

sizeretouchDSC01282.jpg


こどもたちも大人のすがたを見て手伝っていました。
すてきなボランティアですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR